じほうトップ > 新聞・電子版 > THE MEDICAL & TEST JOURNAL

最新号から

検体測定室
外部精度調査 参加じわり増加
ReCCSが協力 HbA1cから拡大も

検査医学標準物質機構(ReCCS)が協力し検体測定室連携協議会(検連協)が昨年11月から半年ごとに行っている外部精度管理調査の参加施設がじわりと増えている。

[写真] ReCCSの白井氏が外部精度管理調査の結果を報告した

トピックス

◆日臨技、消費税10%時の補填求める 来年度予算要望

自民党の「予算・税制等に関する政策懇談会」は11月8日、来年度予算・税制改正への要望についてヒアリングした。日本臨床衛生検査技師会は、来年10月の消費税率引き上げ時には、検体検査管理加算に補填分を上乗せするよう要望した。


◆未病へのアプローチを システム学会理事長の吉田氏

日本未病システム学会の吉田博理事長(東京慈恵医科大学臨床検査医学講座教授)は、このほど都内で開かれた同学会の第25回学術総会で、脂質異常症と動脈硬化症に焦点を当て講演した。


<連載寄稿>MDC.navi 医療を取り巻く環境の変化とは
 山﨑 真一 氏(東海大学医学部付属八王子病院 診療技術部 臨床検査技術科)

第6回(最終回) 診療報酬の改定から見る今後の方向性
前回に引き続き、2018年度の診療報酬改定を見ていきたいと思います。18年度改定の目玉は「入院医療費の評価体系」の改革ですが、今後の医療の方向性を示唆する改定がいろいろと盛り込まれています。

NEWSヘッドライン

  • AMR対策で産官学が連携 HGPIと8学会
  • 認定遺伝カウンセラーの役割とは? 藤田医大の大江氏が講演
  • BML 岐阜市の検査会社を買収
  • デンカ上半期業績 インフルワクチンや試薬が販売増
  • シスメックス上半期業績 機器減収、買い替え促進に注力

 

お知らせ

2018年10月21日号付録「2019年医学会・研究会等開催一覧(上期)ポスター」
↑クリックすると見本が表示されます。

◆新規購読特典◆
新規にご購読をお申込みいただきますと、ご好評いただいているこちらのポスターを進呈します!

【MTJ】について

年間購読料金 9,720円(税込/送料当社負担)

タブロイド判新聞・オールカラー・8~16ページ(臨時増刊号/年1回)
毎月1日・11日・21日発行(郵送でお届けします)

 無料試読受付中!  2号分を無料でお送りいたします
 無料試読申込書(PDF)  ダウンロードしてご利用ください

 購読申込みはこちら (9,720円/年間・税込)
 購読申込書(PDF) ← ダウンロードしてご利用ください

■購読に関するお問い合わせ
株式会社じほう 販売管理
TEL:(03)3233-6333(平日9:30~17:00)


◆メルマガ会員募集中◆
【MTJ】の発行後に最新号のトピックスをメールでお知らせしています
ご希望の方は下記よりお申し込みください
 
お申し込みフォーム ≪≪ 入力フォームが別ウインドウで開きます