月刊薬事

月刊薬事2017年6月号(Vol.59 No.8)

月刊薬事2017年6月号(Vol.59 No.8)

●特集 なぜ、いま禁忌を考えるのか? ――くすりの適正使用を見つめ直す!

企画:寺田智祐(滋賀医科大学医学部附属病院 教授・薬剤部長)

 大学病院などで医療安全に関する重大な事案が相次いで起こったことを踏まえ、特定機能病院の承認要件の見直しが昨年6月に改正医療法施行規則として公布されたことはご存知でしょうか。そこで医薬品の安全管理策の一つとして盛り込まれたのが禁忌の問題であり、「原則、使用してはいけない」という従来の考え方から、「現実に使用されている状況があるため、その安全性を確保するために、施設ごとに組織的に対応しなければならない」と一歩踏み込んだ内容になりました。
 しかし一口に禁忌といっても、その現状や処方の実態は医療機関や診療科によって千差万別です。そこで本特集では、法改正のポイントや添付文書上の禁忌の問題点をはじめ、各疾患・診療科における禁忌処方の実際について専門家が解説しました。いま、禁忌の問題を改めて考え直すのに最適な一冊です!
 

  • 詳細
  • 最新号立ち読み
  • Back Number
  • 定期購読のお申込み

調剤と情報

調剤と情報2017年6月号[vol.23 No.8]

調剤と情報2017年6月号[vol.23 No.8]

●特集 小児神経・精神疾患 ―正しい理解と対応のために―

 小児の神経・精神疾患は患者数の増加が指摘されますが、一方で受診できる精神科医が限られるなど、さまざまな問題がみられます。薬局で処方せんを応需する機会はあまりないかもしれませんが、地域の健康ステーションとして、患児やその保護者への正しい対応の仕方は身につけておきたいところです。本特集では、いざというときのために薬局・薬剤師が押さえておきたい基本的な知識を解説します。

  • 詳細
  • 最新号立ち読み
  • Back Number
  • 定期購読のお申込み

PharmTechJapan

PHARM TECH JAPAN 2017年6月号[Vol.33 No.8]

PHARM TECH JAPAN 2017年6月号[Vol.33 No.8]

●特集:口腔内崩壊錠における最新の錠剤印刷技術

6月号では、口腔内崩壊錠の製剤開発の進展とともに著しく向上した技術の1つである“錠剤へのインクジェット印刷”にフォーカスし、印刷機械メーカー5社の取組みを紹介。素錠への印字を可能にしたインクジェット印刷を特集することで、口腔内崩壊錠のみならず普通錠、フィルム錠、糖衣錠などへ広がりつつある現状の最新技術情報をお伝えします。

  • 詳細
  • 最新号立ち読み
  • Back Number
  • 定期購読のお申込み