じほうトップ > 電子メディア > サポート情報 > ユーザーサポート

ユーザーサポート

写真付/服薬指導CD-ROM<2019年3月版>腎注意の訂正のお知らせ

カテゴリー:写真付/服薬指導CD-ROM

4月15日

下記薬剤におきまして、腎機能別投与量の注意事項文に誤りがありましたので、
訂正のお知らせをさせていただきます。
誠にお手数ですが、以下の方法にて修正をお願いします。

対象商品:写真付/服薬指導CD-ROM <2019年3月版

対象薬剤:
エリキュース錠2.5mg
エリキュース錠5mg

状況:
エリキュース錠2.5mg/5mgにおいて、
ハイリスク薬指導管理票、腎機能別投与量チェックシートを印刷すると、
GFR別の注意事項が誤った内容で表示・印刷される。

修正方法:
(1)薬剤検索画面から、薬剤名「エリキュース錠2.5mg(エリキュース錠5mg)」を
検索して、薬剤情報管理画面を開きます。

 ※処方薬入力画面で入力された「エリキュース錠2.5mg(エリキュース錠5mg)」を
  クリックし、画面下部の[薬剤管理]ボタンをクリックして、
  薬剤情報管理画面を開くこともできます。

(2)薬剤情報管理画面上の[ハイリスク薬・腎注意]ボタンを押します。
 [腎注意]タブをクリックし、GFR別の注意事項文を表示します。

(3)GFR100~40の各注意事項文を、下記の【正】の内容に直接修正してください。
  (エリキュース錠の「腎注意」画面であることをご確認ください

GFR 【誤 【正】
95~100 ①非弁膜症性心房細動患者における虚血性脳卒中及び全身性塞栓症,静脈血栓塞栓症の発症抑制:体重に応じて次の用量を1日1回。60kg以下30mg,60kg超60mg②下肢整形外科手術施行患者における静脈血栓塞栓症発症抑制:体重に関係なく1日1回30mg ①非弁膜症性心房細動患者における虚血性脳卒中及び全身性塞栓症,静脈血栓塞栓症の発症抑制:1回5mgを1日2回。②下静脈血栓塞栓症の治療及び再発抑制:1回10mgを1日2回、7日間投与後、1回5mgを1日2回
90~94 ①非弁膜症性心房細動患者における虚血性脳卒中及び全身性塞栓症,静脈血栓塞栓症の発症抑制:体重に応じて次の用量を1日1回。60kg以下30mg,60kg超60mg②下肢整形外科手術施行患者における静脈血栓塞栓症発症抑制:体重に関係なく1日1回30mg ①非弁膜症性心房細動患者における虚血性脳卒中及び全身性塞栓症,静脈血栓塞栓症の発症抑制:1回5mgを1日2回。②下静脈血栓塞栓症の治療及び再発抑制:1回10mgを1日2回、7日間投与後、1回5mgを1日2回
85~89 ①非弁膜症性心房細動患者における虚血性脳卒中及び全身性塞栓症,静脈血栓塞栓症の発症抑制:体重に応じて次の用量を1日1回。60kg以下30mg,60kg超60mg②下肢整形外科手術施行患者における静脈血栓塞栓症発症抑制:体重に関係なく1日1回30mg ①非弁膜症性心房細動患者における虚血性脳卒中及び全身性塞栓症,静脈血栓塞栓症の発症抑制:1回5mgを1日2回。②下静脈血栓塞栓症の治療及び再発抑制:1回10mgを1日2回、7日間投与後、1回5mgを1日2回
80~84 ①非弁膜症性心房細動患者における虚血性脳卒中及び全身性塞栓症,静脈血栓塞栓症の発症抑制:体重に応じて次の用量を1日1回。60kg以下30mg,60kg超60mg②下肢整形外科手術施行患者における静脈血栓塞栓症発症抑制:体重に関係なく1日1回30mg ①非弁膜症性心房細動患者における虚血性脳卒中及び全身性塞栓症,静脈血栓塞栓症の発症抑制:1回5mgを1日2回。②下静脈血栓塞栓症の治療及び再発抑制:1回10mgを1日2回、7日間投与後、1回5mgを1日2回
85~79 ①非弁膜症性心房細動患者における虚血性脳卒中及び全身性塞栓症,静脈血栓塞栓症の発症抑制:体重に応じて次の用量を1日1回。60kg以下30mg,60kg超60mg②下肢整形外科手術施行患者における静脈血栓塞栓症発症抑制:体重に関係なく1日1回30mg ①非弁膜症性心房細動患者における虚血性脳卒中及び全身性塞栓症,静脈血栓塞栓症の発症抑制:1回5mgを1日2回。②下静脈血栓塞栓症の治療及び再発抑制:1回10mgを1日2回、7日間投与後、1回5mgを1日2回
80~84 ①非弁膜症性心房細動患者における虚血性脳卒中及び全身性塞栓症,静脈血栓塞栓症の発症抑制:体重に応じて次の用量を1日1回。60kg以下30mg,60kg超60mg②下肢整形外科手術施行患者における静脈血栓塞栓症発症抑制:体重に関係なく1日1回30mg ①非弁膜症性心房細動患者における虚血性脳卒中及び全身性塞栓症,静脈血栓塞栓症の発症抑制:1回5mgを1日2回。②下静脈血栓塞栓症の治療及び再発抑制:1回10mgを1日2回、7日間投与後、1回5mgを1日2回
75~79 ①非弁膜症性心房細動患者における虚血性脳卒中及び全身性塞栓症,静脈血栓塞栓症の発症抑制:体重に応じて次の用量を1日1回。60kg以下30mg,60kg超60mg②下肢整形外科手術施行患者における静脈血栓塞栓症発症抑制:体重に関係なく1日1回30mg ①非弁膜症性心房細動患者における虚血性脳卒中及び全身性塞栓症,静脈血栓塞栓症の発症抑制:1回5mgを1日2回。②下静脈血栓塞栓症の治療及び再発抑制:1回10mgを1日2回、7日間投与後、1回5mgを1日2回
70~74 ①非弁膜症性心房細動患者における虚血性脳卒中及び全身性塞栓症,静脈血栓塞栓症の発症抑制:体重に応じて次の用量を1日1回。60kg以下30mg,60kg超60mg②下肢整形外科手術施行患者における静脈血栓塞栓症発症抑制:体重に関係なく1日1回30mg ①非弁膜症性心房細動患者における虚血性脳卒中及び全身性塞栓症,静脈血栓塞栓症の発症抑制:1回5mgを1日2回。②下静脈血栓塞栓症の治療及び再発抑制:1回10mgを1日2回、7日間投与後、1回5mgを1日2回
65~69 ①非弁膜症性心房細動患者における虚血性脳卒中及び全身性塞栓症,静脈血栓塞栓症の発症抑制:体重に応じて次の用量を1日1回。60kg以下30mg,60kg超60mg②下肢整形外科手術施行患者における静脈血栓塞栓症発症抑制:体重に関係なく1日1回30mg ①非弁膜症性心房細動患者における虚血性脳卒中及び全身性塞栓症,静脈血栓塞栓症の発症抑制:1回5mgを1日2回。②下静脈血栓塞栓症の治療及び再発抑制:1回10mgを1日2回、7日間投与後、1回5mgを1日2回
60~64 ①非弁膜症性心房細動患者における虚血性脳卒中及び全身性塞栓症,静脈血栓塞栓症の発症抑制:体重に応じて次の用量を1日1回。60kg以下30mg,60kg超60mg②下肢整形外科手術施行患者における静脈血栓塞栓症発症抑制:体重に関係なく1日1回30mg ①非弁膜症性心房細動患者における虚血性脳卒中及び全身性塞栓症,静脈血栓塞栓症の発症抑制:1回5mgを1日2回。②下静脈血栓塞栓症の治療及び再発抑制:1回10mgを1日2回、7日間投与後、1回5mgを1日2回
55~59 ①非弁膜症性心房細動患者における虚血性脳卒中及び全身性塞栓症,静脈血栓塞栓症の発症抑制:体重に応じて次の用量を1日1回。60kg以下30mg,60kg超60mg②下肢整形外科手術施行患者における静脈血栓塞栓症発症抑制:体重に関係なく1日1回30mg 腎機能正常者に比しCCr40ml/minではAUCが29%増加するため、やや減量を考慮
50~54 ①非弁膜症性心房細動患者における虚血性脳卒中及び全身性塞栓症,静脈血栓塞栓症の発症抑制:体重に応じて次の用量を1日1回。60kg以下30mg,60kg超60mg②下肢整形外科手術施行患者における静脈血栓塞栓症発症抑制:体重に関係なく1日1回30mg 腎機能正常者に比しCCr40ml/minではAUCが29%増加するため、やや減量を考慮
45~49 ①非弁膜症性心房細動患者における虚血性脳卒中及び全身性塞栓症,静脈血栓塞栓症の発症抑制:体重に応じて次の用量を1日1回。60kg以下30mg,60kg超60mg②下肢整形外科手術施行患者における静脈血栓塞栓症発症抑制:体重に関係なく1日1回30mg 腎機能正常者に比しCCr40ml/minではAUCが29%増加するため、やや減量を考慮
40~44 ①非弁膜症性心房細動患者における虚血性脳卒中及び全身性塞栓症,静脈血栓塞栓症の発症抑制:体重に応じて次の用量を1日1回。60kg以下30mg,60kg超60mg②下肢整形外科手術施行患者における静脈血栓塞栓症発症抑制:体重に関係なく1日1回30mg 腎機能正常者に比しCCr40ml/minではAUCが29%増加するため、やや減量を考慮


入力が終わりましたら、[保存]ボタンをクリックし、[終了]ボタンをクリックします。
(※エリキュース錠2.5mgと、エリキュース錠5mgのそれぞれに編集が必要です)

これで作業は完了です。

※本作業を行うと、エリキュース錠2.5mg/5mgの「腎注意」が、編集済み状態となり、
 次版以降も、バージョンアップ作業を行うと引き継がれます。
 内容が変更されている場合もあるため、念のため、バージョンアップ作業後に
 「エリキュース錠2.5mg(エリキュース錠5mg)」の腎注意画面を開き、
 画面下部の[CD収録文再読込]ボタンをクリックして、本CDに収録されている内容を
 読み込んで、内容をご確認ください。


以上、お手数をお掛けして申し訳ありませんが、よろしくお願い申し上げます。