じほうトップ > 新聞・電子版 > THE MEDICAL & TEST JOURNAL > 最近のバックナンバータイトル
最新号はこちら


臨床検査の総合情報紙【MTJ】
毎月1日・11 日・21 日発行
タブロイド判(A3サイズ)
年間購読料:9,900円
(本体9,000円+税/送料当社負担)

 

2021年9月11日号【第1552号】

細菌関連検査の増点を重視
 臨床検査医学会が改定要望 採血料も 

[写真]古川氏が中心になって要望をまとめた

乳がん検診、超音波検査の上乗せ効果確認
 J-START第2報

◎NEWSヘッドライン◎

タスクシフト推進「発揮すべき専門性検討を」 宮島会長
コロナ抗体価、接種3カ月後に4分の1 半田市医師会センターが研究報告
スキルス胃がん、治療標的を同定 国立がん研・慶應大
検査試薬・装置の売り上げ復調 4~6月期決算で各社が報告

2021年9月1日号【第1551号】

実習指導者講習会 まず1200人養成
 日臨技と日臨教が共同開催 


<事前特集>第22回日本検査血液学会学術集会
インタビュー
大会長 宮地 勇人 氏
(東海大学医学部基盤診療学系臨床検査学教授)
寄稿・聞きどころ
○日本血栓止血学会・日本検査血液学会 ジョイントシンポジウム
「新しい血栓止血関連検査と治療法への応用」
座長:橋口 照人
(鹿児島大学大学院医歯学総合研究科血管代謝病態解析学分野)
座長:山﨑 哲
(聖マリアンナ医科大学病院臨床検査部)
○ワークショップ2
「血液検査の精度管理(血球、形態)のあり方」
座長:稲葉 亨
(京都府立医科大学附属病院臨床検査部)
座長:矢島 智志
(横浜市立大学附属病院臨床検査部)
○テクニカルセミナー2
「疾患別に理解するフローサイトメトリー報告書の見方」
 
― 外部委託の施設でも知っておきたいポイント ―
座長:増田 亜希子
(虎の門病院分院臨床検査部)
座長:三村 勇造
(済生会横浜市南部病院臨床検査部)

◎NEWSヘッドライン◎

「遠心後にHbA1c測定」、EDTA管の使用推奨 糖尿病学会など3学会が見解
追加講習「5年間で3.7万人」が目標 日臨技が確認
統合失調症のマーカー候補「CRMP2」発見 横浜市立大大学院・五嶋氏ら
「イムニス サイトケラチン18F EIA」承認取得 特殊免疫研究所、NASHで初の体外診

2021年8月21日号【第1550号】

タスクシフトの追加研修、全国で開催へ
 日臨技 支部から都道府県へ拡大 

[写真]8月8日に行われたシミュレーション研修会

COVID-19オンライン座談会「寄せられた質問に回答します」
 回答者:中村 竜也 氏
(京都橘大学健康科学部臨床検査学科)

◎NEWSヘッドライン◎

POCT質保証へ管理運営者向けに指針 臨床化学会
厚労省 NASH診断補助の体外診が初承認
検査結果情報、24年度から閲覧可に 厚労省
コロナの核酸増幅検査、プール方式で大量処理 京都大大学院がシステム開発
がん遺伝子パネルで初のリキッドバイオプシー 中外製薬、SRLが検査受託を開始

2021年8月11日号【第1549号】

認知症マーカー適正使用へ初の指針
 厚労省研究班 検体取り扱いも記載 


◆「アミロイド確認検査」の環境整備を
 新潟大学脳研究所の池内氏 将来は血液検体の検査も


◎NEWSヘッドライン◎
臓器移植推進へ論点整理 厚労省委員会
徳島大の職域接種に検査技師が参加 実技研修に80人参加
ホテルのイベント開催へ抗原検査 東京都医が実証実験
富士レビオ 脳脊髄液中のAβ測定 初の体外診承認
大腸内視鏡検査、AIで腫瘍性も判定 NEC、欧州で年内販売へ


2021年8月1日号【第1548号】

宮島氏「検査業界の代表として戦う」
 次期参院選 組織づくり急ぐ 


◆陽性判定の抗体価に製品間のばらつき
 新型コロナウイルス抗体検査キット

◎NEWSヘッドライン◎

体外診断用医薬品 6月承認は新規11件 厚労省
臨床検査技師のワクチン接種、職域でも 半田市や徳島県で開始へ
血液検体のゲノムプロファイルを初収載 中医協が了承
連携病理診断を推進 病理学会が22年度改定要望
唾液中のがんマーカー、1分で測定 慶應大先端研
 

2021年7月21日号【第1547号】

コロナ核酸検査、精度管理へガイダンス
 JCCLS、性能特性評価など求める 


◆ワクチン接種、検査技師活用への動き広がる
 実技研修の開催さらに

◎NEWSヘッドライン◎

医師時短計画の作成、23年度までは努力義務 厚労省がガイドラインを修正
共用基準範囲の採用20%未満 日衛協調査
新型コロナの核酸増幅2製品を承認 PSSとカネカ同日に保険適用
肺NTM症の治療を解説、新規吸入抗菌薬に期待 慶應大病院感染制御部の長谷川氏
血液でアルツハイマー病マーカー測定 島津製作所、世界初の機器発売

2021年7月11日号【第1546号】

臨床検査技師のワクチン接種、始まる
  群馬に続き福島・神戸も 実技研修じわり拡大 


【連載寄稿】臨床に役立つ検査結果報告
~グラム染色の活用事例から[5]
臨床的有用性が高い材料、依頼なくてもグラム染色を実施
江原 淳子
(株式会社ミロクメディカルラボラトリー)

◎NEWSヘッドライン◎
ワクチン接種、行政と密に連絡を 日臨技・宮島会長
臨床検査2項目を保険適用 赤痢アメーバ抗原定性など7月収載
厚労省 承認簿5月分 新規10件を承認
実施管理者の職員が抗原検査を確認 厚労省が医療者不在時のガイドライン
NSCLCのコンパニオン診断システム開発へ 栄研化学、イルミナと提携
コロナの細胞性免疫検査法で提携 昭和電工マテリアルズと国立がん研

2021年7月1日号【第1545号】

ワクチン接種推進へ検査技師を活用
  群馬県は月内開始 福島市や神戸市でも 

[写真]ワクチン接種へ実技を研修した=20日、群馬県高崎市

【オンライン座談会】
 新型コロナウイルス検査の過去・現在・未来(下)
 「ウィズ・コロナ」いまから取り組むべきこと


【連載寄稿】臨床に役立つ検査結果報告 ~グラム染色の活用事例から[4]
推定される菌種や感染症など付加価値を付けて報告
池町 真実/山本 剛
(神戸市立西神戸医療センター臨床検査技術部)

◎NEWSヘッドライン◎
病理のタスクシフト「連携し推進」 病理学会と日臨技が合意
「施設認証」リニューアルのポイント 日臨技が来年度運用開始へ
ALP・LDのIFCC法採用は2割 日衛協 20年度精度管理調査結果

2021年6月21日号【第1544号】

外部精度管理調査の充実へ支援必要
  
矢冨氏の研究班 
 コロナの精度確保は喫緊課題


[写真]7日に開かれた自民党議連の勉強会

【オンライン座談会】
 
新型コロナウイルス検査の過去・現在・未来(中)
 コロナ1年超、見えてきた課題


【連載寄稿】臨床に役立つ検査結果報告 ~グラム染色の活用事例から[3]
単核細胞目立つ事例、感染疑いなど記載し報告
静野 健一
(千葉市立海浜病院 臨床検査科)

◎NEWSヘッドライン◎
新型コロナ 重症化判定補助の診断薬が承認
筋肉内注射、研修内容を周知 臨床検査技師など向けに厚労省
新型コロナ抗体量、がん患者は有意に低値 国立がん研など、健常者と比較

2021年6月11日号【第1543号】

コロナワクチン打ち手に臨床検査技師も
 
厚労省検討会、研修など条件

[写真]ワクチン接種に関する厚労省検討会

【オンライン座談会】新型コロナウイルス検査の過去・現在・未来(上)
出席者
ファシリテーター・進行役
中村 竜也 氏[京都橘大学  健康科学部  臨床検査学科]

進行役
幸福 知己 氏[住友病院  診療技術部  臨床検査技術科]

岩崎 澄央 氏[北海道大学病院  検査・輸血部]
加藤  純 氏[秋田県厚生連由利組合総合病院  臨床検査科]
村田 正太 氏[千葉大学医学部附属病院  検査部]
原  祐樹 氏[名古屋第二赤十字病院  医療技術部]
山田 幸司 氏[京都府立医科大学附属病院  臨床検査部]
磯崎 将博 氏[天草地域医療センター  検査部]

【連載寄稿】臨床に役立つ検査結果報告 ~グラム染色の活用事例から[2]
報告のコメントを充実、患者の状態にも注目
大竹 京子
(富家病院検査科)

◎NEWSヘッドライン◎
新臨地実習、準備状況を共有 臨床検査教育学協議会が総会
「佐賀県遺伝子検査ネットワーク」発足 新興感染症も視野に、近く研修会
新型コロナ「感染増強抗体」を発見 大阪大・荒瀬教授ら


2021年6月1日号【第1542号】

厚労省集計 新型コロナ検査「通常時 約61万件」整備へ


 事前特集  第96回日本結核・非結核性抗酸菌症学会総会・学術講演会
 
〈ライブ配信〉2021年 6/18(金)・19(土)
 〈オンデマンド配信〉2021年 6/18(金)~7/4(日)

 ●会長インタビュー
 
結核・NTM症の知識を「UP TO DATE」する機会に
小川 賢二 会長
(国立病院機構東名古屋病院 医療顧問)

<寄稿> シンポジウム 聞きどころ
 シンポジウム1  IGRAとLTBI治療
座長:露口 一成(国立病院機構近畿中央呼吸器センター 臨床研究センター)
   永井 英明
(国立病院機構東京病院感染症科)
 シンポジウム2  抗酸菌検査法の進歩とゲノム解析
座長:御手洗 聡(結核予防会結核研究所抗酸菌部)
   打矢 惠一
(名城大学薬学部微生物学研究室)
 シンポジウム8  外国出生者結核の現状と対策
座長:吉山  崇(結核予防会複十字病院結核センター)
   高崎  仁
(国立国際医療研究センター呼吸器内科)

【連載寄稿】臨床に役立つ検査結果報告 ~グラム染色の活用事例から[1]
適切な抗菌薬選択に必須、AMR対策にも貢献
霜島 正浩
(株式会社スギヤマゲン 学術室 開発室 室長)

◎NEWSヘッドライン◎
長崎大病院検査部 コロナ、自動前処理装置稼働
ワクチン「打ち手」、検査技師らも 菅首相が表明
売上高・営業利益、過去最高を更新 ビー・エム・エル、新中計も公表
20年度業績、増収大幅増益に H.U.グループ、コロナ関連約303億円