PHARM TECH JAPAN 2022年1月号(Vol.38 No.1)

立ち読み

PHARM TECH JAPAN 2022年1月号(Vol.38 No.1)

商品コード 92485
編著
判型 A4変型判
発行日 2022年1月
ページ 約200頁
定価 ¥2,200(税込)
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 目次
  • 次号案内
  • 関連商品

内容

●分析技術特集
2022年最初の特集は「分析技術」。「新規解析手法を用いた透過ラマン分光法の医薬品品質試験への導入」、「第十八改正日本薬局方における2.66元素不純物試験法に基づいた分析方法」のほか、2021年に幕張メッセで行われた「JASIS 2021」の模様を紹介するレポートを掲載しています。

▲ページの先頭へ

目次

分析技術特集
①新規解析手法を用いた透過ラマン分光法の医薬品品質試験への導入
小出達夫
②第十八改正日本薬局方における2.66元素不純物試験法に基づいた分析方法
髙山信幸、髙津聖志
③JASIS 2021開催
編集部
 
INTERVIEW
■グローバル展開を加速させビジネス拡大へ 上海に技術開発研究所を設立
フロイント産業株式会社 代表取締役社長 伏島 巖氏
 
REPORT
■日本PDA製薬学会 第28回年会
 実地とオンデマンド配信のツーウェイ開催、テーマは“信頼確保と法令順守”
■第11回富山県GMP講演会開催
 データインテグリティ、クオリティカルチャーをテーマに講演
 
PHARM TECH JAPAN ONLINE
■2021年11月度、月間閲覧ランキング
■PHARM TECH JAPAN バックナンバー 2021年11月度、閲覧ランキング
 
ARTICLES
■PDA Japan Chapter Medical Device Committee Report
 プレフィルドシリンジセミナー 2021 東京を終えて
山川栄明、渡邊英二
■医薬品の物性評価Q&A 質問募集
日本薬剤学会物性FG
■日本PDA製薬学会 電子記録・電子署名委員会 DI対応実践セミナー(第1回)
 「機器やシステムの時刻合わせ」のポイント
政井宣興、武田幸雄、谷川 誠、橋本剣一、杉浦明子
■日本薬局方 UPDATE 第十八改正 内容解説(第4回)
 生物薬品関連の改正のポイント
石井明子
■デジタルトランスフォーメーションで変わる医療
 機械学習によるデータ駆動型創薬とヘルスケア:医薬品や食品のインシリコ解析
山西芳裕
■PTP基礎講座(第34回)
 品質 PTPにおける密封チャンバー法と、最大許容漏れ限度の設定
堤 英樹
■アルファ線核医学治療のための薬剤開発の考察(その7)
 ―足元を固めながらナノメディシンTATの実用化を目指して―〔前編〕
矢野恒夫、角永悠一郎、樺山一哉、加藤弘樹、高橋 豊、山村朝雄、長谷川功紀、佐藤達彦、淵上剛志、渡部直史、巽 光朗、平林容子、藤井博史、米倉義晴、深瀬浩一
■サブシステム調査でわかる医療機器QMS(第5回)〔最終回〕
 サブシステム「製品文書化」に係る条項の解説および模擬調査
栗秋政光
■製造実行システムにおけるクラウドコンピューティングの意義
Paul Irving, Gregory M. Ruklic and Jonathan Hurle[監修]川上浩司、[翻訳]桝田崇一郎
■製剤研究者が注目する一押しトピック
■医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス財団ニュース(No.171)
津田重城
 
Study of GMP
■リモートGMP 監査・査察対応の手引き(最終回)
 第三部 COVID-19禍の中でのFDAの査察の実情と展望;リモート査察の実施の可能性
古澤久仁彦
■中小規模組織におけるQRMのインフラ整備(第49回)
 改正GMP省令におけるQRMインフラの整備②
柳澤徳雄
 
製剤技術
■【製剤と粒子設計】連続生産設備 CTS-MiGRAシステムの紹介
伊藤陽一郎
 
●News Topics
 
●NEW PRODUCTS
 
■World News Topics
警告書関連

▲ページの先頭へ

次号案内

ARTICLES
■FDAのリモートによる書面査察を受けて(仮)
八木陽子(アステラス ファーマ テック)
■日本PDA製薬学会 電子記録・電子署名委員会 DI対応実践セミナー(第2回)
 「ハイブリッド運用」のポイント
日本PDA製薬学会 電子記録・電子署名委員会 DI分科会 DI対応進め隊 ハイブリッド運用チーム
■OTC物流におけるGDPガイドライン対応の課題と運用(仮)
小山靖人(小山ファーマコンサルティング)
■エクソソームを含む細胞外小胞の特性解析に利用されるナノトラッキング解析法
加藤くみ子(北里大学)
■抗体医薬品と食事に着目したN-グルコリルノイラミン酸の免疫原性と安全性
新見伸吾、李 仁義(日本化薬、神戸大学、日本PDA製薬学会)
■日本薬局方UPDATE 第十八改正 内容解説(第5回)
 生薬関連の改正のポイント
袴塚高志(国立医薬品食品衛生研究所)
■アルファ線核医学治療のための薬剤開発の考察(その7)
 -足元を固めながらナノメディシンTATの実用化を目指して-〔後編〕
矢野恒夫(大阪大学)、他
■第12回製剤技師認定試験 問題と解説(1)(基礎編)
公益社団法人 日本薬剤学会 製剤技師認定委員会
■デジタルトランスフォーメーションで変わる医療
 人工知能とバイオメディカルイメージング機器開発
新岡宏彦(大阪大学データビリティフロンティア機構)
■PTP基礎講座(第35回)水蒸気透過性試験法(ポケット)
大志摩三秋(創包工学研究会)
■薬の名前 ステムを知れば薬がわかる(追補-10)
 抗体医薬 命名ルール大改正
川崎ナナ(横浜市立大学)、他
■製剤研究者が注目する一押しトピック
■医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス財団ニュース(No.172)
津田重城(医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス財団)
 
Study of GMP
■中小規模組織におけるQRMのインフラ整備(第50回)
柳澤徳雄
 
製剤技術
■【製剤と粒子設計】ADVANCED POWDER FORMULATION AND DELIVERY OF PHARMACEUTICAL IHALATION PRODUCTS
Hak-Kim Chan(University of Sydney)
 
その他
◦News Topics ◦World News Topics

 
 

 

▲ページの先頭へ


関連商品

  • PHARM  TECH  JAPAN[年間購読]<送料当社負担>
  • PHARM TECH JAPAN 2022年7月号(Vol.38 No.10)
  • PHARM TECH JAPAN 2022年6月号(Vol.38 No.9)
  • PHARM TECH JAPAN 2022年5月号(Vol.38 No.8)
  • PHARM TECH JAPAN 2022年4月号(Vol.38 No.6)
  • PHARM TECH JAPAN 2022年3月号(Vol.38 No.4)
  • PHARM TECH JAPAN 2022年2月号(Vol.38 No.2)
  • PHARM TECH JAPAN 2021年12月号(Vol.37 No.15)
  • PHARM TECH JAPAN 2021年11月号(Vol.37 No.14)
  • PHARM TECH JAPAN 2021年10月号(Vol.37 No.13)
  • PHARM TECH JAPAN 2021年9月号(Vol.37 No.12)
  • PHARM TECH JAPAN 2021年8月号(Vol.37 No.11)

▲ページの先頭へ