月刊薬事 2021年5月号(Vol.63 No.6)

立ち読み

月刊薬事 2021年5月号(Vol.63 No.6)

【特集】ピットフォールから学ぶ 睡眠薬の適正使用

商品コード 93587
編著
判型 A4変型判
発行日 2021年5月
ページ 190頁
定価 ¥2,365(税込)
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 目次
  • 次号案内
  • 関連商品

内容

●特集 ピットフォールから学ぶ睡眠薬の適正使用
 
企画: 三島 和夫(秋田大学大学院医学系研究科精神科学講座 教授) 
 
わが国では、精神科や心療内科のみならず、さまざまな診療科で睡眠薬が処方されています。しかしそのなかには、専門家からみれば必ずしも適正ではない処方も散見され、さまざまな副作用および有害事象のリスクが懸念されます。特にベンゾジアゼピン系・非ベンゾジアゼピン系睡眠薬の不適正な使用は持ち越し効果、筋弛緩・転倒、認知機能低下、身体依存などの発生率増加と関連し、多くの有害事象を有すると報告されています。
本特集では、睡眠薬の基礎知識およびよくある不適正使用例や副作用・有害事象に関するピットフォール症例を紹介し、それらを踏まえて睡眠薬の適正使用について解説していきます。

▲ページの先頭へ

目次

特集 ピットフォールから学ぶ 睡眠薬の適正使用
 
■特集にあたって       
三島 和夫
■不眠症の基礎知識     
兵頭 佑規、小曽根基裕
■不眠症の薬物療法     
田中 彰人、高江洲義和
■不眠症の非薬物療法   
岡島 義
■非ベンゾジアゼピン系・ベンゾジアゼピン系睡眠薬
 ●持ち越し効果       
藤原 大、伊藤 結生、竹島 正浩
 ●筋弛緩・転倒       
河村 葵、栗山 健一
 ●記憶障害(一過性前向性健忘)       
清水 惠子、奥田 勝博、浅利 優、髙橋 悠太、松原 和夫
 ●奇異反応   
大槻 怜、鈴木 正泰
 ●身体依存(効果減弱、退薬症候)     
鈴木 龍、稲田 健
 ●薬物相互作用       
吉尾 隆
 ●睡眠薬の整理や減量・中止   
山下 英尚
 ●睡眠薬の継続と中止 
青木 裕見
■その他の睡眠薬
 ●メラトニン受容体作動薬     
志村 哲祥
 ●オレキシン受容体拮抗薬     
内海 智博、栗山 健一
■特有な患者背景
 ●高齢者     
小鳥居 望
 ●妊娠・授乳期       
鈴木 俊治
 ●小 児     
神山 潤
 
取材
 
●この人に聞くER・救急科でのタスク・シフティング――医療の質はどこまで向上するか     
齋藤 靖弘(徳洲会札幌東徳洲会病院薬剤部)
 
連載
 
●グラトレ[14]
上腹部痛で入院となった44歳・男性。入院後のCTで多発する肝膿瘍が判明、経皮的肝膿瘍ドレナージ施行。バイタル安定。ドレナージで得られた膿検体のグラム染色で細菌検出。提案は?   
浦上 宗治
●新連載 循薬ドリル[1]
急性心不全の病態と薬物治療の考え方は?──前負荷・後負荷・心収縮力の観点で薬物治療を理解しよう 
佐古 守人
●臨床ですぐに使える 薬学トリビア[37]
漢方のもと     
宮川 泰宏
●多職種によ~く伝わる 薬学的思考を活かした診療録記載のまとめ方[5]
患者の身体所見に基づく副作用評価と医師への提案──その1
市村 丈典、鈴木 信也
●ゆる~く覚える配合変化[9]
カルシウム+リン酸=カルビーのポテトチップス(イオンによる沈殿)       
相澤 学
●購買適正化で病院経営強化 目からウロコの薬価交渉術[44]
薬価中間改定を受けてスタートした新年度を占う   
中野 一夫
●添付文書からRMP、審査報告書まで 新薬ななめ読み[7]
コミナティ筋注〔コロナウイルス修飾ウリジンRNAワクチン(SARS-CoV-2)〕  
荒 義昭
●ジャーナルクラブの広場       
鈴木 大介/澤村 順哉、今井 徹/吉川 博/村上修太郎/桑原 秀徳/木村 友絵、木村 利美/Samantha Troy、Lisa Holle、鈴木 真也
 
※「児童精神科医が伝えたい 子どものメンタルヘルス」は休載いたします。
 
その他
 
●薬事セレクション
●書評 設問式 疾患別薬学管理の基礎知識2
●ニュースレター
●次号予告・編集部より

▲ページの先頭へ

次号案内

月刊薬事6月号(Vol.63 No.8)
 
特集 治療の質を高める! 上手な栄養製剤の選び方・使い方
 
◆企画:佐々木雅也(滋賀医科大学医学部看護学科基礎看護学講座(生化・栄養)/滋賀医科大学医学部附属病院栄養治療部)
 
■栄養療法Up to Date
■栄養製剤の考え方
 ●栄養障害の分類とアセスメント
 ●栄養療法の選択
 ●静脈栄養(末梢、中心)
 ●経腸栄養(食品含む)
■症例から考える栄養製剤の使い方
 ●食道がん(周術期を含む)
 ●胃がん(周術期、術後を含む)
 ●炎症性腸疾患
 ●腎不全
 ●肝硬変
 ●心不全
 ●糖尿病
 ●呼吸器疾患(COVID-19を含めて)
 ●がん――がん化学療法や放射線治療時の栄養療法
 ●高齢者――サルコペニア、フレイル、コモビディティへの配慮も含め
 ●小 児

▲ページの先頭へ


関連商品

  • 月刊薬事[年間購読]<送料当社負担>
  • 月刊薬事 2021年7月号(Vol.63 No.9)
  • 月刊薬事 2021年6月号(Vol.63 No.8)
  • 月刊薬事 2021年4月号(Vol.63 No.5)
  • 月刊薬事 2021年3月号(Vol.63 No.4)
  • 月刊薬事 2021年2月号(Vol.63 No.2)
  • 月刊薬事 2021年1月号(Vol.63 No.1)
  • 月刊薬事 2020年12月号(Vol.62 No.16)
  • 月刊薬事 2020年11月号(Vol.62 No.15)
  • 月刊薬事 2020年10月号(Vol.62 No.13)
  • 月刊薬事 2020年9月号(Vol.62 No.12)
  • 月刊薬事 2020年8月号(Vol.62 No.11)

▲ページの先頭へ