月刊薬事 2021年10月号(Vol.63 No.13)

立ち読み

月刊薬事 2021年10月号(Vol.63 No.13)

【特集】最新ガイドラインから新型コロナ対応まで まるごとわかる関節リウマチ治療薬

商品コード 93592
編著
判型 A4変型判
発行日 2021年10月
ページ 190頁
定価 ¥2,365(税込)
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 目次
  • 次号案内
  • 関連商品

内容

●特集 最新ガイドラインから新型コロナ対応まで まるごとわかる関節リウマチ治療薬
 
企画:川合眞一〔東邦大学 名誉教授/東邦大学医学部炎症・疼痛制御学講座 教授(寄付講座)〕
 
近年、メトトレキサートや生物学的製剤などを中心とした薬物療法により関節リウマチ治療は大きく進歩し、症状改善のみならず長期予後も明らかに向上しています。一方で、取り扱いに注意するべき薬剤も少なくなく、これらの位置づけやエビデンスについても、医薬品の適正使用を支援するうえで情報をアップデートしておく必要があります。
本特集では、最新の関節リウマチ診療ガイドライン2020のポイントや、各薬剤の使い方、考え方を紹介します。

▲ページの先頭へ

目次

特集 最新ガイドラインから新型コロナ対応まで まるごとわかる関節リウマチ治療薬
 
■特集にあたって       
川合 眞一
■関節リウマチの病因・病態・症状・予後 
三森 経世
■関節リウマチとCOVID-19──ワクチンを中心に   
都留 智巳、木本 泰孝、堀内 孝彦
■関節リウマチ治療薬の種類と特徴――関節リウマチ診療ガイドライン改訂のポイントを含め   
河野 正孝、川人 豊
■臨床薬理学の視点から
 ●薬剤投与開始時の確認事項とその後のモニタリング     
髙梨 敏史、金子 祐子
 ●特有の背景をもつ患者の薬剤投与時の注意点――高齢者、臓器障害合併、妊婦・授乳婦など 
森信 暁雄
■社会的な視点から
 ●関節リウマチの成人移行期医療       
森 雅亮
 ●患者による治療薬および医療の評価   
小嶋 雅代
■関節リウマチ治療薬はこう使う!
 ●メトトレキサート(MTX)    
鈴木 康夫、若林 孝幸、倉林 賢慶、佐々木則子
 ●MTX以外のcsDMARD  
舟久保ゆう、青木 和利
 ●NSAID、副腎皮質ステロイド  
亀田 秀人
 ●生物学的製剤       
平田信太郎
 ●JAK阻害薬  
山岡 邦宏
 ●周術期における治療薬の使い方       
伊藤 宣
■開発中の関節リウマチ治療薬   
南木 敏宏
 
取材
 
●この人に聞く 地域と病院をつなぐ薬学的ケア拡大を目指して──入退院支援業務事例集を作成       
室井 延之(神戸市立医療センター中央市民病院薬剤部 部長)
 
連載
 
●新連載 モダトレ2 迷わず描けよ。描けばわかるさ。[1]
洞調律波形の心電図と刺激伝導系の関係を知ろう! 
梶原 洋文、犀川 哲典
●循薬ドリル[6]
大動脈弁狭窄症(AS)の病態評価と利尿薬の適正使用のポイントを押さえよう 
豊岡 一誠、市丸 直美
●ゆる~く覚える配合変化[14]
フサンとエフオーワイも要注意!       
相澤 学
●多職種によ~く伝わる 薬学的思考を活かした診療録記載のまとめ方[10]
薬物相互作用の評価とマネジメントに関する記載──その1  
折山 豊仁、大野 能之
●臨床ですぐに使える 薬学トリビア[42]
徐々に増減(減感作・離脱症状) 
宮川 泰宏
●購買適正化で病院経営強化 目からウロコの薬価交渉術[49]
医療制度を翻弄する政治の季節   
中野 一夫
●児童精神科医が伝えたい 子どものメンタルヘルス[21]
黙する子どもたち       
宇佐美政英
●添付文書からRMP、審査報告書まで 新薬ななめ読み[12]
イスツリサ錠1mg、5mg(オシロドロスタットリン酸塩)   
谷藤亜希子
●ジャーナルクラブの広場       
齊藤 順平/鹿角 昌平/鈴木 大介/今浦 将治/宮田 慎也、今浦 将治/
桑原 秀徳/Lisa Holle、鈴木 真也/木村 友絵、木村 利美
 
その他
 
●薬事セレクション
●ニュースレター
●次号予告・編集部より

▲ページの先頭へ

次号案内

特集 臨床の悩ましい問題をスッキリ解消! 消化性潰瘍治療薬の使い分け
 
◆企画:伊藤 公訓(広島大学病院総合内科・総合診療科)
 
■最新の消化性潰瘍治療――ガイドライン改訂のポイント
■病態別にみる消化性潰瘍治療薬の使い方 
 ●H. pylori除菌治療
 ●NSAIDs起因性潰瘍
 ●低用量アスピリン(LDA)起因性潰瘍
 ●抗血栓薬服用例
 ●特発性潰瘍
 ●残胃潰瘍
■NG症例から学ぶ消化性潰瘍治療薬の使い分け
 ●防御因子増強薬
 ●ヒスタミンH2受容体拮抗薬(H2RA)とプロトンポンプ阻害薬(PPI)
 ●カリウムイオン競合型酸分泌抑制薬(P-CAB)
■有害事象予防・適正使用の視点からみた酸分泌抑制薬の使い方
 ●長期使用での副作用、薬物相互作用、高齢者・妊婦授乳婦・腎機能障害患者への使い方

▲ページの先頭へ


関連商品

  • 月刊薬事[年間購読]<送料当社負担>
  • 月刊薬事 2021年12月号(Vol.63 No.16)
  • 月刊薬事 2021年11月号(Vol.63 No.14)
  • 月刊薬事 2021年9月号(Vol.63 No.12)
  • 月刊薬事 2021年8月号(Vol.63 No.11)
  • 月刊薬事 2021年7月号(Vol.63 No.9)
  • 月刊薬事 2021年6月号(Vol.63 No.8)
  • 月刊薬事 2021年5月号(Vol.63 No.6)
  • 月刊薬事 2021年4月号(Vol.63 No.5)
  • 月刊薬事 2021年3月号(Vol.63 No.4)
  • 月刊薬事 2021年2月号(Vol.63 No.2)
  • 月刊薬事 2021年1月号(Vol.63 No.1)

▲ページの先頭へ