すべてがわかる 口腔内崩壊錠ハンドブック -製剤技術・装置・添加剤編-

立ち読み

PHARM TECH JAPAN 2020年2月臨時増刊号(Vol.36 No.3)

すべてがわかる 口腔内崩壊錠ハンドブック -製剤技術・装置・添加剤編-

商品コード 91237
編著 PLCM(耕薬)研究会/編
判型 A4変型判
発行日 2020年2月
ページ 192頁
定価 ¥4,300 +税
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 関連商品

内容

近年、医薬品製剤の高品質化・高機能化が加速しています。そのなかでもOD錠は、精密製剤設計を必要とし、さまざまな製剤技術の集積・進化に支えられています。
本臨時増刊号では、口腔内崩壊錠(ODまたはODT)について研究しているPLCM(耕薬)研究会を編集に迎え、OD錠を製造する技術の1つである側方噴霧造粒・コーティング法や、口腔内崩壊フィルム製剤の現状と評価方法の構築、直打法の留意点、薬物の苦味評価における味覚センサの有用性などを紹介します。また、製薬企業によるOD錠などの製剤技術、OD錠を製造するために必要な製造装置、添加剤なども併せて紹介します。

▲ページの先頭へ


関連商品

  • PHARM  TECH  JAPAN[年間購読]<送料当社負担>
  • QbDに基づく医薬品開発
  • 製剤のツボ
  • 固体医薬品の物性評価 第2版
  • 固体医薬品の溶出
  • 製剤の達人による製剤技術の伝承 製剤設計・製造技術の新たな潮流
  • 図解で学ぶDDS 第2版
  • 日本薬剤学会認定 「製剤技師」試験問題集
  • すべてがわかる 口腔内崩壊錠ハンドブック-添加剤編-
  • 日本DDS学会創立30周年-DDS研究30年 温故知新
  • PHARM TECH JAPAN 2013年12月臨時増刊号(Vol.29 No.15)
  • 製剤の達人による製剤技術の伝承下巻「非経口投与製剤の製剤設計と製造法」

▲ページの先頭へ