PHARM TECH JAPAN 2021年2月号(Vol.37 No.2)

立ち読み

PHARM TECH JAPAN 2021年2月号(Vol.37 No.2)

商品コード 92474
編著
判型 A4変型判
発行日 2021年2月
ページ 約200頁
定価 ¥2,200(税込)
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 目次
  • 次号案内
  • 関連商品

内容

●医薬関連生産施設ではどう新型コロナ対策をすべきか?
 
新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する中で、医薬関連施設、特に生産施設ではどのような対策を行っていくべきか? 2月号では、「施設における新型コロナウイルス感染症対策技術とポイント」と題するARTICLEで、現状の課題を整理し、とるべき対策を考察していきます。また、新型コロナウイルスワクチン、遺伝子治療、CAR-T治療、モノクローナル抗体による分子標的治療、再生医療など、「新規モダリティへの応用を踏まえたバイオ医薬品製造技術の最新動向」についてまとめた記事も掲載。多様化するモダリティとその製造法基盤技術の動向をまとめています。

▲ページの先頭へ

目次

INTERVIEW
■日本薬剤学会新会長に聞く コロナ禍での新しい学会運営を模索 
千葉大学大学院薬学研究院製剤工学研究室教授 森部久仁一氏
 
REPORT
■シオノギファーマ株式会社 製剤紛失・落薬防止に新たな提案 -患者、製薬企業にWin-Winのアルミブリスター包装を開発-
■日本PDA製薬学会 第27回年会 「信頼確保 ~体制整備と文化醸成~」をテーマにオンライン開催
 
PHARM TECH JAPAN ONLINE
■2020年12月度、月間閲覧ランキング
■PHARM TECH JAPAN バックナンバー 2020年12月度、閲覧ランキング
 
ARTICLES
■施設における新型コロナウイルス感染症対策 技術とポイント
 ~いまできる対策と中長期的な対策の方針・計画づくり~
杉内章浩
■医薬品の物性評価 Q&A
 スクリーニングに用いる固体分散体調製の留意点は?
日本薬剤学会物性FG
■新規モダリティへの応用を踏まえたバイオ医薬品製造技術の最新動向
岡村元義、岡入梨沙
■オーバーキルを斬る
James Agalloco
■連続生産実現に向けたキャリブレーションフリー手法の理論と実装
柴山翔二郎、船津公人
■無菌医薬品製造における環境モニタリングと介入作業(その2)
 培地充填試験に取り込むべき介入作業 リスクベース手法の提案
水竹大悟、松田宗智、尾山 大、加藤俊介、望月 清
 
■リスクマネジメントの視点からの防虫管理(その4)
 リスクアセスメント③ ~リスク分析 昆虫類の発生、侵入の原因究明~
谷 壽一、木村俊彦、尾池泰英
■Pharma PSE Spotlight(第13回)
 ヒトiPS細胞の緩慢凍結プロセスにおける冷却温度プロファイルのモデルベースト評価
林 勇佑、杉山弘和
■Quality by Designに基づく乾式造粒法の高含量製剤設計
寺下敬次郎、小高一慶、牛島悠太、平田健二、松井 航
■PTP基礎講座(第26回)
 機械 PTP包装機における連続成形の特徴
干場良和
■新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)(第4回)
 治療薬(前編)
吉成河法吏、川俣 治、菅原敬信
■バイオ医薬品のCMC薬事担当者養成 ~基礎をおさえ、一歩進んだ次世代CMC薬事へ~(第5回)
 バイオ医薬品の承認申請資料CTDの品質パートの記載(2)原薬パートの作成
李 仁義
■バイオアッセイ・統計のエッセンス(第2回)
 平行線モデル② 相対力価と試験成立条件
内田圭介
■技術トレンド:デジタル化への移行
Scott Fotheringham、(監修)川上浩司、(翻訳)遠藤功二
■製剤研究者が注目する一押しトピック
■医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス財団ニュース(No.160)
津田重城
 
Study of GMP
■中小規模組織におけるQRMのインフラ整備(第38回)
 管理図とその判定
柳澤徳雄
 
製剤技術
■【製剤と粒子設計】乾式コーティング装置ノビルタによる粒子設計新製剤技術
安田真人
 
●News Topics
 
●New PRODUCTS
 
■World News Topics
ガイダンス関連、警告書関連

▲ページの先頭へ

次号案内

2021年3月号 (Vol.37 No.3)
 
●特集 改正GMP省令
■改正GMP省令のポイント
蛭田 修(日本製薬団体連合会 元 品質委員会委員長)
■インタビュー:改正GMP省令 -経営陣の品質へのコミットを期待
東京理科大学・櫻井信豪氏
 
●特集 微生物迅速法をいかに活用するか
■RMMの概論、国内外のRMM活用の話題
那須正夫(大阪大谷大学)、菊池 裕(千葉県立保健医療大学)
■製薬業界におけるRMMの導入検討・活用事例 製薬企業における導入・活用の課題(製薬企業におけるRMM活用の総論)
片山博仁(ノバルティスファーマ)、森 充生(協和キリン)
■製薬業界におけるRMMの導入検討・活用事例 製薬企業の活用事例
日本PDA製薬学会 無菌製品GMP委員会 微生物迅速試験法研究グループ
■網羅的解析の現状と活用の可能性
一條知昭(大阪樟蔭女子大学)
 
ARTICLES
■新型コロナで変わる 製薬企業に求められるBCP(前編)
堀井俊介(PwCコンサルティング)
■新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)〔第5回〕治療薬(後編)
吉成河法吏、川俣 治、菅原敬信(日本PDA製薬学会 バイオウイルス委員会)
■【対談】嶽北先生が訊く 再生医療のいまと未来(第12回)
紀ノ岡正博氏(大阪大学)×嶽北和宏氏(Hyperion Drug Discovery)
■無菌医薬品製造における環境モニタリングと介入作業(その3)
松田宗智(田辺三菱製薬)、望月 清(エクスプロ・アソシエイツ)、他
■規格・基準設定に向けた標準的ラマンスペクトル取得のための分析条件の最適化アプローチ(第2回)
坂本知昭(国立医薬品食品衛生研究所)、他
■医薬品の物性評価Q&A
日本薬剤学会物性FG
■ISPE日本本部 2020年度冬季大会レポート
海老澤 豊(フロイント産業)
■PTP基礎講座(第27回)
 IoTの基礎と包装における導入事例
川野俊充(ベッコフオートメーション)
■第11回製剤技師認定試験 問題と解説(1)(基礎編)
公益社団法人 日本薬剤学会 製剤技師認定委員会
■製剤研究者が注目する一押しトピック
■医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス財団ニュース(No.161)
津田重城(医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス財団)
 
Study of GMP
■中小規模組織におけるQRMのインフラ整備(第39回)
柳澤徳雄
 
製剤技術
■【製剤と粒子設計】多孔性物質の吸液特性を利用した薬物担持粒子の設計
大場拓馬(科研製薬)
 
その他
◦News Topics  ◦World News Topics
 
 

 

▲ページの先頭へ


関連商品

  • PHARM  TECH  JAPAN[年間購読]<送料当社負担>
  • PHARM TECH JAPAN 2018年3月号(Vol.34 No.3)
  • PHARM TECH JAPAN 2018年2月号(Vol.34 No.2)
  • PHARM TECH JAPAN 2018年1月号(Vol.34 No.1)
  • PHARM TECH JAPAN 2017年12月号(Vol.33 No.15)
  • PHARM TECH JAPAN 2017年11月号(Vol.33 No.14)
  • PHARM TECH JAPAN 2017年10月号(Vol.33 No.13)
  • PHARM TECH JAPAN 2017年9月号(Vol.33 No.11)
  • PHARM TECH JAPAN 2017年8月号(Vol.33 No.10)
  • PHARM TECH JAPAN 2017年7月号(Vol.33 No.9)
  • PHARM TECH JAPAN 2017年6月号(Vol.33 No.8)
  • PHARM TECH JAPAN 2017年5月号(Vol.33 No.7)

▲ページの先頭へ