非がん患者の緩和ケア 第2版

立ち読み

これからはじめる

非がん患者の緩和ケア 第2版

商品コード 55146
編著 松田 能宣、山口 崇/編
判型 A5判
発行日 2023年5月
ページ 228頁
定価 ¥3,850(税込)
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 目次
  • 書評
  • 序文
  • 関連商品

内容

●これから非がん患者の緩和ケアを始める人へ
●「がんと何が違う?」「いつから始める?」「どう説明したらよい?」--疾患の進行にあわせた症状緩和への対応・処方がわかる!
●ACP、退院支援、社会的支援など、地域医療ともつながる緩和ケアの実践書
 
非がん患者の緩和ケアって? 患者さんに何ができる? そんな疑問に答える実践書です。
一言で「非がん」といっても、心不全・慢性閉塞性肺疾患(COPD)・慢性腎臓病(CKD)・肝硬変・認知症・神経難病など、疾患によって病態や経過、患者が苦痛と感じる症状や状況は異なり、治療の目指すところや対処方法もさまざま。そこで本書では、各疾患の標準治療、病期に伴う治療方針の転機、薬物療法・非薬物療法による緩和ケアの基礎をしっかり押さえ、ACP(Advance Care Planning)を行うタイミングや、患者とのリアルな会話事例を紹介します。
第2版では、急性期医療から地域医療へつなぐ退院支援のポイントなどを追加。本書を読んで、今から、明日から、非がん患者の緩和ケアを実践してください!
 

▲ページの先頭へ

目次

 Chapter 1 非がん患者の緩和ケアを知る
 1-1 非がん患者の緩和ケア
  1.なぜ非がんの緩和ケアなのか?
  2.がんと非がんにおけるCare Needs の変化:類似点と相違点
  3.緩和ケアが必要な非がん患者を見定めるには
 1-2 非がん患者に共通する症状とその対応
  1.痛み
  2.呼吸困難
  3.不眠
  4.せん妄
 1-3 アドバンス・ケア・プランニングとは
  1.アドバンス・ケア・プランニングの歴史的経緯
  2.アドバンス・ケア・プランニングとは
 
Chapter 2 心不全
  1.疾患概念と疫学
  2.原疾患に対する評価
  3.原疾患に対する標準治療
  4.症状緩和〔呼吸困難/倦怠感/痛み/抑うつ〕
    【CASE】どんな体勢でも、体がきつくてたまらない…
  5.予後とアドバンス・ケア・プランニング
    【CASE】薬でまた良くなる。心不全はまだそれほど悪くない…?
  6.退院支援
  心不全のソーシャルサポート
 
Chapter 3 慢性閉塞性肺疾患(COPD)
  1.疾患概念と疫学
  2.原疾患に対する評価
  3.原疾患に対する標準治療
  4.症状緩和〔呼吸困難/抑うつ/抑うつ以外の精神症状〕
    【CASE】呼吸困難の緩和にモルヒネを使用できる…?
    【CASE】ちょっと息苦しくなるだけで、ひどくならないかと心配…
  5.予後とアドバンス・ケア・プランニング
    【CASE】これ以上、しんどい思いはしたくない…
  6.退院支援
  呼吸器疾患のソーシャルサポート
 
Chapter 4 慢性腎臓病(CKD)
  1.疾患概念と疫学
  2.原疾患に対する評価
  3.原疾患に対する標準治療
  4.症状緩和〔尿毒症症状・溢水/痛み/全身倦怠感/吐き気/かゆみ/
    レストレスレッグス症候群抑うつ・不安と心理的変化せん妄
    【CASE】まだ大丈夫かと…。まさかこんなことになるとは…
    【CASE】透析は先延ばしにしたい…
  5.予後とアドバンス・ケア・プランニング
    【CASE】透析は絶対にやらないと決めていたが…
  6.退院支援
  慢性腎臓病(CKD)のソーシャルサポート
 
Chapter 5 肝硬変
  1.疾患概念と疫学
  2.原疾患に対する評価
  3.原疾患に対する標準治療
  4.症状緩和〔浮腫・腹水(肝性胸水)/肝性脳症/黄疸に伴うかゆみ/痛み
    【CASE】腹水を抜いても大丈夫…?
  5.予後とアドバンス・ケア・プランニング
    【CASE】次こそは救命が難しいかも…
  6.退院支援
  肝硬変のソーシャルサポート
 
Chapter 6 認知症
  1.疾患概念と疫学
  2.原疾患に対する評価
  3.原疾患に対する標準治療
  4.症状緩和〔療養場所の選択/感染/摂食/身体症状の緩和〕
  5.予後とアドバンス・ケア・プランニング
    【CASE】認知機能の低下とは、もの忘れのこと…?
  6.退院支援
  認知症のソーシャルサポート
 
Chapter 7 神経難病
  神経難病とは
  神経難病の退院支援
 7-1 パーキンソン病
  1.疾患概念と疫学
  2.原疾患に対する評価
  3.原疾患に対する標準治療
  4.症状緩和〔パーキンソン症状/痛み/嚥下障害に伴う苦痛
    【CASE】お腹に穴を開けたくない。延命治療はしたくない…
  5.予後とアドバンス・ケア・プランニング
 7-2 筋萎縮性側索硬化症
  1.疾患概念と疫学
  2.原疾患に対する評価
  3.原疾患に対する標準治療
  4.症状緩和〔流涎/強制笑い・強制泣き/痙性による苦痛/痛み/呼吸困難/ALS末期の落ち着きのなさ
    【CASE】麻薬は、なんだか気が進まない…
  5.予後とアドバンス・ケア・プランニング
 7-3 多系統萎縮症
  1.疾患概念と疫学
  2.原疾患に対する評価
  3.原疾患に対する標準治療
  4.症状緩和〔無動固縮/声帯開大不全による呼吸困難/嚥下障害〕
  5.予後とアドバンス・ケア・プランニング
 7-4 ハンチントン舞踏病
  1.疾患概念と疫学
  2.原疾患に対する評価
  3.原疾患に対する標準治療
  4.症状緩和
  5.予後とアドバンス・ケア・プランニング
 7-5 多発性硬化症/ 視神経脊髄炎
  1.疾患概念と疫学
  2.原疾患に対する評価
  3.原疾患に対する標準治療
  4.症状緩和
  5.予後とアドバンス・ケア・プランニング
  神経難病のソーシャルサポート
 
コラム
 非がん患者の緩和ケアにおける家族の心理・対応
 末期心不全患者の緩和ケア診療加算
 緩和的心不全リハビリテーション
 非がん患者の緩和ケアで意識したいプラセボ効果
 終末期間質性肺疾患の呼吸困難に対するモルヒネの投与方法
 COPD患者の呼吸困難に対する送風療法
 否認・葛藤状態にある患者への介入
 CKD患者の便秘対策
 CKD患者の吐き気に対する非薬物療法
 CKD患者の薬物療法には苦慮する?
 アルコール性肝硬変に必要なアプローチ
 かゆみの非薬物的なケア
 拒薬への対応
 非がん疾患の心理的適応
 非がん患者にモルヒネは投与できるのか?
 マインドフル呼吸エクササイズ 

▲ページの先頭へ

書評

神谷 浩平 先生(MY wells地域ケア工房 代表理事)

非がん疾患を支える緩和ケア 〜より良く治療し、共に歩むケアへ〜

 

 「これからの緩和ケアにおいて重要な変化は何だろうか?」

 忙しい臨床業務に日々追われる身には、少々荷が重い問いかけである。しかし、その問いに爽快に答えるような良書が改訂・出版された。

 現代の緩和ケアは治療技術のめざましい進歩と同時に、様々な価値観や環境の変化のなかで、多様な広がりを見せつつある。一つは従来のがん終末期・症状緩和の偏重から、がん診断早期からの緩和ケア、アドバンス・ケア・プランニング(ACP)、複雑な問題や葛藤への支援、倫理コンサルテーションなど、「より包括的な質の高い診療プロセス」を重視する変化である。もう一つは多様な非がん疾患、急性/慢性期、療養の場所を問わず提供される緩和ケアのニーズ、すなわち「対象と場の拡大」である。

 これらの分野では、各疾患の治療介入や療養と並行して提供される緩和ケアが自然であり、その担い手は「緩和ケアの基本を学んだ医療従事者」である。しかしそのためには、それぞれが自らの専門フィールドをより充実させるという意味で、緩和ケアを学ぶ動機付けと、具体的かつ適切な指針が必要ではないだろうか。

 本書はそのようなニーズに応える。内容はわかりやすく、代表的疾患の病の経過、適切な症状評価や薬物/非薬物治療、コミュニケーションや対話の例、医療者自身のケアにも及ぶ。循環器、呼吸器、肝疾患、腎疾患、神経難病、認知症、プライマリケアを専門にする医師や多職種スタッフ、そして診療をさらに深めたい緩和医療の専門家にもぜひ熟読をお勧めしたい。

 それは、大きな時代の流れである。本書を手に取った皆さんの現場と周囲から「非がん疾患と共に歩むすべての人」を最後まで支える基本緩和ケアの潮流が生まれ、地域に普及することを願っている。

 

 

 

柏木 秀行 先生(飯塚病院 連携医療・緩和ケア科 部長)

 

 具体的であることに、とことんこだわった、非がん患者の緩和ケアの実践本がさらにパワーアップされた。これが本書の第2版に対する率直な感想である。「これからはじめる非がん患者の緩和ケア」は初版で既に完成度が高く、第2版の出版の報は意外に感じられた。「いや、そんな数年で大きくアップデートされるような分野じゃないし」という思いが根底にあるからだ。そんな懐疑的な気持ちで手にとった第2版だが、第1版を読んだ読者にも十分に勧められるものになっており、執筆者たちの思いと工夫が散りばめられた出来上がりとなっている。

 第2版では、各疾患に対してガイドラインの内容がアップデートされ、臨床に役立つコラムが増えたのも、非がん患者の緩和ケアに対する実践者として好印象だ。加えて、本書の特徴でもあった疾患ごとのソーシャルサポートの延長として、退院支援のポイントが明記されたことは、本書の活用の幅を抜群に広げている。第1版に続き、具体的なコミュニケーションを例示いただいたことで、本書の知識をもとに実践する光景が目に浮かぶであろう。

 本書の具体的な活用方法として、非がん患者の緩和ケアに取り組む医師はもちろん、様々な職種で読み合い、議論することを提案したい。緩和ケアを必要とする代表的な非がん疾患について、医学的側面だけでなくコミュニケーションや社会保障制度、そして患者・家族側から見た光景など、様々な論点を実践的に論じた本書であるからこそ、チーム医療の中心に添えてもらいたい本である。

 

 

 

西 智弘 先生(川崎市立井田病院 腫瘍内科 部長)

「これで良いのかな」と悩む臨床家の背中を押してくれる本

 

 先日、上梓された『非がん患者の緩和ケア』。僕ら、がん患者の緩和ケアばかりに取り組んできた臨床家にとっては、まさに日々の迷いに対し「背中を押してくれる」良書だと思う。

 日本国内において、「緩和ケア」といえば「がん」を指すというのは、少なくとも僕がこの道に入ってからの約10年間ではほぼ常識のようなものだった。緩和ケアの教科書に書かれている内容も、ほぼがん患者に関することばかり。しかし一方で、緩和ケアチームで病棟を回っていると、そこには心不全や腎不全、呼吸器疾患や認知症など、ありとあらゆる疾患の「終末期」の方々がいた。しかも、その多くは適切な医療は施されていても、「苦痛の緩和」はされていない場合が少なくなく、何よりも「誰も自分の苦しみと向き合ってくれない」孤独に苦しんでいた。

 僕らが、がん患者に対する知識や経験を踏まえてあれやこれやと関わるようになると、その患者たちは時に涙を流していた。しかし、それを感動のエピソードにするべきではなかった。僕らはずっと「これで良いのだろうか」と葛藤と戦いながら、これまで非がん患者の緩和ケアに取り組まざるを得なかったのである。

 そういった状況のなかで出版されたこの本は、僕らの「これで良いのだろうか」という不安を一瞬で吹き飛ばしてくれる。各疾患からくる様々な症状の病態生理や、それらへの具体的対処法、さらにはACPに関する項目まであり、どうやって患者・家族とコミュニケーションをとっていくべきかまでをも知ることができる。緩和ケアを専門とする医療者はもちろんのこと、各科を専門とする方々にも、ぜひ一冊携えていてほしい本である。

 

 

 

林 ゑり子 先生(横浜市立大学 医学部看護学科 助教)

 

 本書は、まさに、緩和医療を届けたいと願う医療従事者が求めていた書籍だと感じました。

 わが国は、高齢化率が年々上昇し、約30%となり、少子高齢多死社会にあります。私は、がん看護専門看護師として、病院・在宅療養・施設等においてがん患者を中心にがん患者の抱える痛み、食欲不振、倦怠感等の身体的苦痛症状、さらに、心理社会的な面の苦悩に対するケアに取り組んでいます。がん看護専門看護師は、がん患者の看護の専門家ではありますが、がん患者における緩和ケアの実践がきっかけで、病院や地域のなかで療養される、心不全・慢性腎臓病・慢性閉塞性肺疾患(COPD)・神経難病など、がん以外の慢性疾患の患者の身体的苦痛をはじめ、全人的苦悩の緩和ケアに関わることが多いです。病院・在宅に関わる医師、研修医の先生、薬剤師、栄養士、リハビリ、MSWなど、どの職種においても、がん患者に限らず、非がん患者、慢性疾患患者の緩和ケアを実践する時代になったといえます。

 本書は、心不全・慢性腎臓病・慢性閉塞性肺疾患(COPD)・慢性腎臓病(CKD)・肝硬変・認知症・神経難病など、多くの医療者が手探りで緩和ケアをしている対象を中心に記述されています。本書を見たとき、あまり情報のない、腎不全、肝不全の患者の緩和ケアのナビゲーションを知ることができました。病気の説明や治療、症状緩和がわかりやすく、エビデンスのある内容の記載を読み、すぐに実践できる工夫がされていました。重要な箇所を太文字で記載されている部分についても、時間に制限があるときにポイントが押さえられ、素晴らしい実践向きの書籍だと感じました。また、慢性疾患患者のアドバンス・ケア・プラニング(ACP)について、各疾患別に会話式で記載してあり、これまでにない具体的な関わりがイメージできます。

 コラムも、関心深い話題の内容ばかりで、初めて知る内容もあり、がん患者以外の緩和ケアを勉強したい方に最適な本だと思います。最初に本を見たとき、見たままに、色合いやデザインまでも、優しさを感じ、編集者の思いが伝わってきました。

 本書を通じて、身近な非がん患者への緩和ケアに役立つことは間違いないです。本書の編集者の松田先生、山口先生と相談、会話しているような感覚で活用し、一人でも多くの慢性疾患患者が安心できる医療を整えていきましょう。

▲ページの先頭へ

序文

国内においても海外においても、緩和ケアはがんを中心に行われてきました。私が緩和ケアの診療を始めた頃、「なんで、がんの患者さんだけ特別に扱われているのだろう?」と不思議でなりませんでした。当時、呼吸器疾患の終末期の呼吸困難にモルヒネを使用したときに、「そんな危険な薬を使うなんて」と、別の医師から叱責されたことは今でも記憶に残っています。
 
近年では非がん患者さんに対する緩和ケアの重要性も認知され、少しずつ広がってきました。今後、医療者は非がん患者の緩和ケアに関する対応を求められる機会が増えてくることが予想されます。これまでも、いくつかの非がん患者の緩和ケアに関する書籍が発行されていますが、困ったときにすぐに使える実践書というものはあまりなかったように思います。本書は、非がん患者の緩和ケアに携わる医療者が困ったときに手にとる実践書という位置づけで編集を行いました。
 
非がん疾患には、本書であげた疾患以外にも、当然多くの疾患が含まれます。ただ、すべての疾患を網羅するのは現実的ではありませんので、本書では、緩和ケアのニーズが高く、今後緩和ケアサービスへの相談が増加することが予想される、心不全、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、慢性腎臓病(CKD)、肝硬変、認知症、神経難病を取り上げました。
 
本書には、いくつかのおすすめポイントがあります。
1つ目は、腎不全、肝不全というこれまであまり扱われてこなかったテーマを扱っています。今後、緩和ケアがさらに多くの疾患を対象に提供されるようになることを考えると、幅広い疾患の基礎的な知識を知っておくことが必要になります。特に本書では、各疾患における標準的な治療についても記載しており、専門外の医療者にとっても利用しやすいよう必要な情報が簡潔にまとめられていると思います。
2つ目は、実践書として総論は極力減らし、目の前の患者さんに対処するための具体的な対応を中心に記載しています。特に処方については、具体的な処方例を記載しています。本書では各領域の専門家の先生方が、エビデンスに基づきながら、一方でエビデンスが乏しい場合には日常臨床での実践内容を紹介してくださっています。
3つ目は、各疾患の社会的なサポートについても触れています。ご自身の専門領域については、さまざまなソーシャルサポートの制度を理解しているかもしれませんが、専門外の疾患におけるさまざまな制度までは把握していないことも多いのではないでしょうか。これまでソーシャルサポートについて詳しく記載した臨床の書籍はあまりなかったと思いますので、ぜひ参考にしていただきたいと思います。
4つ目は、非がん患者の緩和ケアで役立つ心身医学のエッセンスをコラムで複数取り上げました。私は心療内科医ですが、日常臨床で心理療法のエッセンスを少し使うだけで、ずいぶんと診療がスムーズに運ぶことを多く経験しています。
5つ目は、アドバンス・ケア・プランニング(ACP)について患者さんと話し合う場面を取り上げた事例を、疾患ごとに記載しています。もちろん、すべての患者さんに利用できる会話例というものはありませんが、専門家がどのような会話をしているのかを知っておくことは、きっと臨床に役立つと思います。
 
また、第2版を編集するにあたって、初版発刊後に出てきた新たな知見をしっかり盛り込みました。そして、初版においてやや理解が難しかったかもしれない箇所を拾い上げ、読者のみなさんがより理解しやすい表現に修正しました。さらに、地域医療につなげるための退院支援のポイント、臨床に役立つコラムを追加しています。初版を読んでいただいた方にも、きっと新たな発見があると思います。
 
本書が、非がん患者の緩和ケアに携わっている、もしくはこれから携わ方々の臨床の一助になり、患者さんやご家族の症状緩和やよりよい生活につながれば幸いです。
 
最後に、各領域の第一線でご活躍され、ご多忙のなか執筆いただいた諸先生方、呼吸器疾患以外の知識に乏しい私が助けを請うたのをきっかけに共同編集者になっていただき、幅広い知識をもとに適切なコメントとご協力をいただいた山口崇先生、いつも穏やかに、しかし熱意をもって本書の編集をサポートしてくださったじほうの関口美紀子氏に厚く御礼申し上げ緒言とします。
2023年初春
編集代表 松田 能宣 

▲ページの先頭へ


関連商品

  • 医療用麻薬のトリセツ
  • 人生の最終段階における薬の使い方&緩和ケア
  • がん緩和ケアの薬の使い方
  • がん疼痛緩和ケア 第2版
  • 薬局・薬剤師のための 在宅緩和ケアスタートアップガイド
  • 緩和医療薬学問題集
  • 緩和医療実践問題集

▲ページの先頭へ