新インタビューフォーム徹底活用

月刊薬事2009年9月臨時増刊号

新インタビューフォーム徹底活用

商品コード 93409
編著 林 昌洋(日本病院薬剤師会医薬情報委員会 委員長・虎の門病院薬剤部長)/企画・編集
判型 A4変形判
発行日 2009年9月
ページ 150
定価(税込) ¥3,240
在庫 在庫僅少につきお問い合わせください

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 目次
  • 関連商品

内容

臨床現場で医薬品を適正に使用し、薬を育てていくためにご活用ください!

 薬剤師が日常的に参照している医薬品インタビューフォーム(IF)。さらなる内容の充実を目指し、2009年に10年ぶりとなる記載要領の改訂が行われました。そこで、新しいIFは何がどう進化したのか、記載内容をどうやって読み解けばいいのか、臨床現場で役立つIFの使い方とは――など、薬の情報を使いこなせる薬剤師になるためのポイントを徹底解説。IFを深いレベルで理解したい方にとっての必読書です。

▲ページの先頭へ

目次

第Ⅰ章 総論 薬剤師がインタビューフォームを使い育てる
1.薬剤師が活用できるエビデンスとしてのインタビューフォーム
林  昌洋
2.添付文書を補完する情報源としてのインタビューフォーム
森  和彦
 
第Ⅱ章 新しくなったインタビューフォーム
1.医薬品情報のなかでのインタビューフォームの位置づけ
望月 眞弓
2.医薬品インタビューフォーム記載要領2008改訂のポイント
浅田 和広
3.ジェネリック医薬品インタビューフォームのポイント
平子 幸雄
4.インタビューフォームの電子化について
木村宇一郎
5.インタビューフォーム検討会の設置とその役割
林  昌洋
 
第Ⅲ章 インタビューフォーム記載内容の読み方
1.製剤に関する項目
小川 雅史
2.治療(特に臨床成績)に関する項目
小池 香代
3.薬物動態に関する項目
大野 能之、樋坂 章博、鈴木 洋史
4.安全性・非臨床試験・管理的事項・文献・参考資料に関する項目
後藤 伸之
 
第Ⅳ章 インタビューフォーム活用の実際
1.医薬品採用・医薬品管理
鈴木 義彦
2.投与設計支援・TDM
小林 道也
3.薬局業務
下平 秀夫
4.注射剤調剤におけるIFの活用
國分 千代
5.プレアボイド・副作用モニタリング
笠原 英城
6.DI業務(電子情報の活用)
後藤 伸之、大津 史子、今野  彩、中村 敏明、政田 幹夫
7.専門薬剤師の視点から患者指導に活かす
      ①がん専門薬剤師
和田  敦
      ②感染制御専門薬剤師
平山 武司、黒山 政一
      ③精神科専門薬剤師
馬場 寛子
      ④妊婦・授乳婦専門薬剤師
山根 律子、林  昌洋
      ⑤HIV感染症専門薬剤師
桒原  健
8.実務実習
大浜  修
9.製薬企業学術業務、MR業務
池島 幸男
 
第Ⅴ章 インタビューフォーム利用の留意点
1.IFの特性(記載できること・できないこと、他資料との相違点)
青山 美紀
2.IFの特性を理解し臨床で情報を充実させる
濱  敏弘
 
資 料
1.医薬品インタビューフォーム記載要領2008 -日本病院薬剤師会-
2.医薬品インタビューフォーム利用の手引き -日本病院薬剤師会-

 

▲ページの先頭へ


関連商品

  • 月刊薬事[年間購読]<送料当社負担>
  • 添付文書の読み方
  • 月刊薬事2018年9月号(Vol.60 No.12)
  • 月刊薬事2018年8月号(Vol.60 No.11)
  • 月刊薬事2018年7月号(Vol.60 No.9)
  • 月刊薬事2018年6月号(Vol.60 No.8)
  • 月刊薬事2018年5月号(Vol.60 No.6)
  • 月刊薬事2018年4月号(Vol.60 No.5)
  • 月刊薬事2018年3月号(Vol.60 No.4)
  • 月刊薬事2018年2月号(Vol.60 No.3)

▲ページの先頭へ