循環器疾患ガイドライン総まとめ

月刊薬事2018年5月臨時増刊号(Vol.60 No.7)

循環器疾患ガイドライン総まとめ

商品コード 93531
編著 山下 武志/編
判型 B5判
発行日 2018年5月
ページ 248頁
定価(税込) ¥3,996
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 目次
  • 関連商品

内容

●ガイドラインのポイントをわかりやすく解説
●臨床現場での薬物療法の質向上につながる

 薬剤師が病棟で臨床に関わる機会が増えており、特に患者数の多い循環器疾患については薬剤のみならず病態を十分理解したうえで適切な薬物療法を提案することが必要です。

 循環器疾患の薬物療法に関しては、各学会より数多くのガイドラインなどが発表されていますが、実臨床ではガイドラインどおりにならないことも多々あり、薬剤師が標準治療としてのガイドラインを理解しておくことが大切です。しかしながら、これまで薬剤師向けに循環器疾患の知識を体系的にまとめた書籍はあまり見当たりませんでした。

 そこで、本臨時増刊号では、循環器疾患の薬物療法についてガイドラインを中心にポイントをわかりやすくまとめています。臨床現場で幅広くご活用ください。

▲ページの先頭へ

目次

第1章 高血圧・肺高血圧
1.本態性高血圧
2.肺高血圧症
 
第2章 虚血性心疾患
1.狭心症
2.急性冠症候群
3.心筋梗塞の二次予防
 
第3章 心不全
1.急性心不全
2.慢性心不全
 
第4章 不整脈
1.心房細動
2.その他の不整脈
3.QT延長症候群・Brugada症候群
 
第5章 血管疾患
1.大動脈疾患
2.末梢動脈疾患
3.静脈血栓塞栓症
  (肺血栓塞栓症+深部静脈血栓症) 
 
第6章 心筋疾患
1.肥大型心筋症
2.拡張型心筋症
 
第7章 弁膜疾患・心膜疾患
1.弁膜症
2.感染性心内膜炎
 
第8章 その他
1.脳卒中
2.失神
3.睡眠時呼吸障害
4.禁煙
5.TDM
 
第9章 患者背景に応じた薬物治療
1.小児
2.高齢者
3.妊婦
4.周術期

▲ページの先頭へ


関連商品

  • 月刊薬事[年間購読]<送料当社負担>
  • 同効薬おさらい帳
  • 何を見るべき?どうすべき?に自信がもてる! 循環器の薬と薬物療法の鉄則
  • 内科治療薬使い分けマニュアル
  • 同効薬比較ガイド1 第2版
  • ステロイド療法の極意
  • エキスパートが教える 薬の使い方×エビデンスの調べ方
  • その患者・その症例にいちばん適切な使い方がわかる ステロイド療法のエッセンス
  • 病棟に行く前に知っておきたいCommon Disease
  • 同効薬比較ガイド2
  • 専門・認定薬剤師ガイド
  • 改訂総合2版 疾患別設問式 薬剤師に必要な患者ケアの知識

▲ページの先頭へ