在宅医療における臨床検査医学

立ち読み

在宅医療における臨床検査医学

商品コード 51698
編著 臨床検査振興協議会/監
小谷 和彦/編
判型 A5判
発行日 2019年3月
ページ 192頁
定価 ¥2,500 +税
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 関連商品

内容

●在宅医療と臨床検査が融合する在宅臨床検査のすべてがわかる1冊。

地域社会の変化とともに地域医療の提供体制は変革期にあり、在宅医療はその一翼を担っています。在宅医療は多職種が有機的に連携したチーム医療として提供され、チーム医療における情報の共有は重要です。特に臨床検査データは客観的なものであり、経時的な変化をおえることから健康状態の把握や治療方針の決定にも大きく影響します。こうしたなか、「在宅医療と臨床検査」が融合する「在宅臨床検査」の世界は着実に進歩しており、在宅現場での検体検査の活用法が具体的になりました。また、超音波検査をはじめとする生理機能検査も大いに活躍するようになっています。一方、在宅臨床検査の国民的普及はさらに求められる状況にあり、本書は在宅臨床検査の進歩を記述しつつ、在宅臨床検査の世界を広く紹介することを主目的に編集しています。
 

▲ページの先頭へ


関連商品

  • 臨床検査薬情報担当者研修テキストⅠ 2020年版
  • 検査値×処方箋の読み方 第2版
  • 改訂7版 薬剤師のための臨床検査の知識
  • 症候/疾患別 臨床検査値 使いこなし完全ガイド
  • 基礎からの検査値の読み方
  • 臨床検査専門医が教える 異常値の読み方が身につく本
  • 一発解決 パニック値(像)と遭遇したときの対処法
  • 「あ、検査値が変わった」そのとき、薬のリスクは?
  • くすりでひける臨床検査
  • 臨床検査値ハンドブック 第3版
  • 小児の臨床検査基準値ポケットガイド 第2版
  • POCTが変える医療と臨床検査

▲ページの先頭へ