グローバル化に対応したGMP教育訓練

グローバル化に対応したGMP教育訓練

経営者と現場が一緒になって,会社全体で進める教育訓練

商品コード 53883
編著 日本PDA製薬学会 関西勉強会 教育訓練グループ/著
判型 A5判
発行日 2021年9月
ページ 208頁
定価 ¥5,280(税込)
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 関連商品

内容

●ダイナミックに動き続けるGMP-グローバル化に対応したGMP教育におけるみちしるべ
 
GMP教育訓練は医薬品の品質を維持・向上させるためにますます重要性を増しています。近年のICH Q10やPIC/Sに関わる医薬品品質システム(PQS)の法制化やQuality Metrics、Quality Cultureなどの概念の導入によって、管理職や経営陣にも医薬品のライフサイクルという視点に立って、患者に対するリスク低減や確たる保証を与えるためのシステム構築を行うことが義務化されました。これにより、PQS下のGMP関連の教育訓練や情報伝達は実務担当者、管理者だけのものではなくなりました。本書は、GMP管理者、経営陣や非正規職員の教育訓練、ならびに最近話題になっているデータインテグリティやICTを用いた効率的な教育訓練などについても解説し、転換期を迎えているGMP教育訓練についてさまざまな提言を行っています。これまでに出版されている製造現場や品質管理などの実務に携わる職員を対象とした多くの教育訓練の解説書ではないことを前提としたグローバル化に対応したGMP教育に役立つ1冊です。

▲ページの先頭へ


関連商品

  • 必携 経営層のためのGMP手帖
  • Q&Aで学ぶデータインテグリティ 第2版
  • 改正GMP省令・医薬品医療機器等法 ポイントと課題
  • 図解で学ぶGMP 第6版
  • 信頼確保 ~体制整備と文化醸成~
  • ICH・GXP医薬用語手帳2021
  • ICH30年の総括と今後
  • 医薬品製造・品質保証のニューノーマル
  • バイオ医薬品の品質管理戦略 第2版
  • バイオ医薬品ハンドブック 第4版
  • 『再生医療等製品の無菌製造法に関する指針』のポイントと解説
  • GMP監査ハンドブック

▲ページの先頭へ