ICH改革とICHガイドライン解説

立ち読み

ICH改革とICHガイドライン解説

国際調和の新展開

商品コード 50677
編著 日本製薬工業協会 ICHプロジェクト編集委員会/編
判型 B5判
発行日 2018年4月
ページ 288頁
定価(税込) ¥6,480
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 関連商品

内容

●医薬品開発・製造がグローバル化するなか、ICHの動向をとらえておくことは必須。国際調和の新展開における最新情報を知ることができる一冊。

1990年4月にICHが設立され、翌年11月に第1回全体会議がベルギー・ブリュッセルで開催されました。それから30年近い歳月が経過した2015年10月、スイス法人格を有する「新ICH」が設立されました。ICH改革によるメリットは、「ICH加盟国、加盟産業界の増加によるICHガイドライン利用地域の拡大」、「ICH加盟業界の増加による新薬以外の領域におけるICHガイドラインの普及」、「新たな専門家によるICHガイドライン作成の推進」などがあげられます。また近年、E17(国際共同治験)、E11(小児医薬品開発)、Q12(医薬品のライフサイクルマネジメント)等、新たなトピックスも採択されており、ICH活動による国際調和が新たな展開をみせています。
本書はICH改革やICHガイドライン作成に携わった専門家により企画・執筆され、これまでのICH活動の運営方法や経緯、新規トピックスの検討プロセスを解説しているほか、各トピックが検討された背景や意義などについて詳細に紹介した医薬品開発・製造に携わる方に必須の書籍です。

▲ページの先頭へ


関連商品

  • 非無菌医薬品の空調システム
  • 第十七改正 日本薬局方
  • QCラボ/微生物ラボ管理基準
  • GMP・ICH 医薬用語事典 第3版
  • 無菌製造法に関する製造指針と品質管理 第2版
  • 微生物迅速試験法
  • バイオ医薬品の品質管理戦略
  • 細胞培養実習テキスト
  • 製薬用水の製造管理
  • 図解で学ぶGMP 第5版
  • 第十七改正 日本薬局方 技術情報 JPTI2016
  • 無菌医薬品GMP

▲ページの先頭へ