前臨床/臨床医薬品開発の展望と戦略

立ち読み

最新の薬剤学知見と世界の開発状況をふまえた

前臨床/臨床医薬品開発の展望と戦略

商品コード 50875
編著 日本薬剤学会 前臨床開発フォーカスグループ・経口吸収フォーカスグループ/編
判型 B5判
発行日 2018年6月
ページ 208頁
定価(税込) ¥6,480
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 目次
  • 関連商品

内容

●近年の医薬品開発に必要な幅広い視野を薬剤学研究者の視点でまとめました

本書は、2017年12月に開催された日本薬剤学会前臨床開発フォーカスグループおよび経口吸収フォーカスグループ合同合宿討論会における講演内容を中心としてまとめたもので、研究にビジネス要素を加えた議論を行うことが特徴の前臨床開発フォーカスグループと経口吸収におけるサイエンスに強みを持つ経口吸収フォーカスグループの連携によって実現した書籍です。

医薬品開発においては、疾患や生体機能に関する理解のみならず、合成化学や物理化学など広範な学術知識が必要となり、加えて将来予想も含めた世の中のニーズの把握やビジネス感覚も求められています。さらに近年は、再生医療、細胞医薬、遺伝子治療といった従来の医薬品の枠を超えた治療法も実用化され始めており、治療用最先端機器の進化も目覚ましいものがあります。一方、患者にとっての利便性や社会保障費の膨張を考えると、低分子化合物による薬物治療は依然として魅力的と言えます。近年の医薬品開発においては幅広い視野が必要であり、本書はそれを特に薬剤学研究者の視点でまとめた内容になっています。

▲ページの先頭へ

目次

 <第1章>医薬品の開発展望として海外メガファーマの戦略をふまえたうえで日本の企業がとるべき開発戦略について解説。

<第2章>経口製剤に特化して様々な開発ステージにおける開発戦略について解説。
<第3章>経口製剤研究の最前線としてシミュレーション技術を活用した経口吸収予測や製剤設計、さらに難水溶性化合物に対する過飽和技術に関して多くの例示を挙げながら詳細に解説。
<第4章>今後さらなる開発が期待される抗体医薬品や生理活性ペプチドなどに対する非経口製剤の開発戦略について解説。

▲ページの先頭へ


関連商品

  • 非無菌医薬品の空調システム
  • 第十七改正 日本薬局方
  • QCラボ/微生物ラボ管理基準
  • GMP・ICH 医薬用語事典 第3版
  • 無菌製造法に関する製造指針と品質管理 第2版
  • 微生物迅速試験法
  • バイオ医薬品の品質管理戦略
  • 細胞培養実習テキスト
  • 製薬用水の製造管理
  • 図解で学ぶGMP 第5版
  • 第十七改正 日本薬局方 技術情報 JPTI2016
  • 無菌医薬品GMP

▲ページの先頭へ