救急/急性期・病棟での漢方製剤の使い方

月刊薬事 2022年2月臨時増刊号(Vol.64 No.3)

救急/急性期・病棟での漢方製剤の使い方

急性疾患に即効!

商品コード 91310
編著 加島 雅之/編
判型 B5判
発行日 2022年2月
ページ 272頁
定価 ¥4,180(税込)
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 関連商品

内容

●漢方製剤の使い方や注意点を西洋薬との使い分けやエビデンスも踏まえながら解説
 
近年、漢方製剤の救急や急性期、病棟での使用が進み、そのエビデンスも蓄積されつつあります。漢方製剤の使い方を知っておくことで、西洋薬では十分な効果がえられないケースで治療の選択幅が広がります。
本臨時増刊号では、救急や急性期、病棟でよく出会う症状や疾患、シチュエーションでの漢方製剤の使い方や注意点を、漢方独特の病態の説明をできるだけ使用せずに西洋薬との使い分けやエビデンスも踏まえながらわかりやすく解説します。

▲ページの先頭へ


関連商品

  • 薬物療法の質を大きく変える剤形・投与経路Q&A
  • しくじり処方提案
  • 同種・同効薬の使い分け
  • 周術期の薬の使い方 パーフェクトガイド
  • 慢性疾患治療薬の使い分けと患者モニタリング
  • 消化器診療がわかる現場の教科書
  • 高齢者診療Standard Collection 32
  • ここがキモ! いまはこうする肝疾患vs.薬物療法
  • 病棟・カンファレンスでそのまま使える想定問答集151
  • 皮膚科のくすりの使い方
  • リハビリテーション薬剤
  • 病態と薬剤からわかる 水・電解質・酸塩基平衡

▲ページの先頭へ