PHARM TECH JAPAN 2020年1月号(Vol.36 No.1)

立ち読み

PHARM TECH JAPAN 2020年1月号(Vol.36 No.1)

商品コード 92458
編著
判型 A4変型判
発行日 2020年1月
ページ 約200頁
定価 ¥2,000 +税
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 目次
  • 次号案内
  • 関連商品

内容

●特集 医薬品包装の改善点と最新動向
●特集 製剤設計・プロセスの見える化
 
2020年最初のファームテクジャパンは特集2本立ててお届けします。
医薬品包装関連の特集では、「薬剤部の調剤業務からみた包装改善要望」、「バーコードを活用した調剤業務における医薬品包装の問題点等」、現場で求められる包装のあり方を示しています。
粉体工学会製剤と粒子設計部会編集による「製剤設計・プロセスの見える化」では、近年の測定・分析評価技術や計算科学・シミュレーション技術の進歩によって実現可能となる「見えないところを見る」、「極限を見る」、「シミュレーションで見る」という観点から記事を集めています。

▲ページの先頭へ

目次

●特集 医薬品包装の改善点と最新動向
 
①バーコードを活用した調剤業務における医薬品包装の問題点
松尾健介、村松 博、青森 達
②薬剤部の調剤業務からみた包装改善要望
伊藤護之
③REPORTJAPAN PACK 2019開催
 -医薬品関連セミナーが充実、包装・印刷の最新技術に注目集まる
 
●特集 -製剤と粒子設計-製剤設計・プロセスの見える化
 
①液中での媒体ボール間における砕料粒子捕獲挙動の解析
久志本 築、石原真吾、加納純也
②シミュレーション技術を活用した製剤開発への取り組み
 -田辺三菱製薬における事例-
古川諒一、杉本昌陽
③ラマン分光法を利用した乾式複合化粒子の解析
佐伯 勇
④コーティングプロセスにおける重要品質特性のリアルタイムモニタリング技術
長門琢也
⑤X線を利用した医薬品の品質検査およびデータ活用
高田 治、野崎隆次
⑥透過ラマン分光法による定量測定最新応用例
中村嘉告也
⑦レーザーラマン顕微鏡による錠剤内構成成分のイメージング分析・評価
足立真理子、山中貴裕
⑧X線顕微鏡による錠剤内部の非破壊3次元観察
武田佳彦
⑨SPMによる杵表面形状の解析
岩佐真行
⑩食品のX線異物検査技術
廣瀬 修
 
REPORT
■日本PDA製薬学会 第26回年会 GMPと品質システム ~GMPの国際化~
■無菌医薬品の品質保証と最新のGMP査察動向に関するシンポジウム
PIC/S総会参加の査察官らが講演、Annex 1の改訂版発出時期はまだ不透明
 
INTERVIEW
■DFE Pharma社、新たなステージで高機能添加剤を提供へ
 
PHARM TECH JAPAN ONLINE
■2019年11月度、月間閲覧ランキング
■PHARM TECH JAPAN バックナンバー 2019年11月度、閲覧ランキング
 
ARTICLES
■多様化するRelianceと今後の展開
中島宣雅
■医薬品の物性評価 Q&A 質問募集
日本薬剤学会物性FG
■応答曲面法および決定木分析を活用した経口ゼリー製剤の処方設計
林 祥弘、横川雅光、大貫義則、熊田俊吾
■日本初のパッチ式インスリンポンプの開発
内山城司、川本秀雄、吉野敬亮
■シリーズ GMP査察を巡る最近の話題(第15回)最終回
 シリーズ最終回として:規制ギャップを考える
佐々木次雄
■今さら聞けない「QbDって何?」(第11回)医薬品品質保証のパラダイムシフト
岡崎公哉
■対談 嶽北先生が訊く 再生医療のいまと未来(第6回)
 細胞加工製品における品質の考え方(1/3)
佐藤陽治氏×嶽北和宏氏
■核酸医薬品の創出に向けた産官学の取り組み(第3回)
 リン原子の立体化学を制御した核酸医薬の開発
和田 猛
■進め!! 医療薬学研究(第3回)
 医療薬学研究の最先端~薬系大学における医療薬学系研究者の育成とその展望~
川尻雄大、小林大介、家入一郎
■PTP基礎講座(第20回)
 機械 錠剤外観検査装置について
込谷太一
■薬の名前 ステムを知れば薬がわかる 追補-1
 インターネットで閲覧可能なステム情報
宮田直樹、中川秀彦、川崎ナナ
■生命とは何か?
 生命・病気・死の新しい人間モデル―人工知能とバイオエレクトロニック医学の研究者たちの挑戦(その3)
ハンス ロウエンバーガー、(訳)木村 豪
■2019 AIChE Annual Meeting参加報告・紹介
岡村 梢、松並研作、白畑春来、杉山弘和
■ISPE 日本本部『ベースラインガイドOSD 3(日本語版 経口固形製剤 第3版)
 出版記念トレーニングセミナーと工場見学』印象記
北野文明
■製剤研究者が注目する一押しトピック
■医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス財団ニュース(No.147)
津田重城
 
Study of GMP
■中小規模組織におけるQRMのインフラ整備(第25回)
 トレーニングの前に整理すべき事項(その2)
柳澤徳雄
 
製剤技術
■【製剤と粒子設計】打錠時のスケールアップ予測法と製剤の偽薬防止法などの開発研究
青木 茂
■【製剤と粒子設計】粒子加工技術分科会 令和元年度 第2回見学・講演会(製剤と粒子設計部会2019年度 第3回見学・講演会)印象記/ニプロファーマ株式会社 鏡石工場
唐木 剛
 
●行政ニュース
重篤副作用疾患別対応マニュアルを改定
 
●News Topics
 
■World News Topics
ガイドライン関連、品質関連、警告書関連

▲ページの先頭へ

次号案内

2020年2月号 (Vol.36 No.2)
 
ARTICLES
■データインテグリティ対応のポイント~実践例から学ぶ~
大戸 篤(元 シオノギファーマ)
■【新連載】バイオ医薬品のCMC 薬事担当者養成 ~基礎をおさえ、一歩進んだ次世代CMC 薬事へ~
李 仁義(神戸大学)
■USP-NF Onlineの導入に際して
武田日出夫(日本バリデーション・テクノロジーズ)
■【新連載】セルバンクの“clonality”について考える(1)
菅原敬信(熊本大学、日本PDA製薬学会 バイオウイルス委員会)
■核酸医薬品の創出に向けた産官学の取り組み(第4回)
モルフォリノ核酸、アンチセンス
武田伸一、青木吉嗣(国立精神・神経医療研究センター)
■粉体シミュレーションの医薬品製造への応用(その2)
酒井幹夫(東京大学)
■製剤研究者が注目する一押しトピック
■今さら聞けない「QbDって何?」
 ―医薬品品質保証のパラダイムシフト―(第12回)
岡崎公哉(GSK)
■進め!! 医療薬学研究(第4回)
 臨床薬理学・臨床毒性学に関連した研究
本間 雅(東京大学)
■【対談連載】嶽北先生が訊く 再生医療のいまと未来(第7回)
 再生医療等製品の品質
嶽北和宏氏(大阪大学)×佐藤陽治氏(国立医薬品食品衛生研究所)
■医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス財団ニュース(No.148)
津田重城(医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス財団)
 
Study of GMP
■中小規模組織におけるQRMのインフラ整備(第26回)
柳澤徳雄
 
製剤技術
■【製剤と粒子設計】D-マンニトール直接打錠用賦形剤 グラニュトール
田内郁男(フロイント産業)
 
その他
.第6回 インターフェックス Week 大阪
.行政ニュース .News Topics.World News Topics
 
 

 

▲ページの先頭へ


関連商品

  • PHARM  TECH  JAPAN[年間購読]<送料当社負担>
  • PHARM TECH JAPAN 2018年3月号(Vol.34 No.3)
  • PHARM TECH JAPAN 2018年2月号(Vol.34 No.2)
  • PHARM TECH JAPAN 2018年1月号(Vol.34 No.1)
  • PHARM TECH JAPAN 2017年12月号(Vol.33 No.15)
  • PHARM TECH JAPAN 2017年11月号(Vol.33 No.14)
  • PHARM TECH JAPAN 2017年10月号(Vol.33 No.13)
  • PHARM TECH JAPAN 2017年9月号(Vol.33 No.11)
  • PHARM TECH JAPAN 2017年8月号(Vol.33 No.10)
  • PHARM TECH JAPAN 2017年7月号(Vol.33 No.9)
  • PHARM TECH JAPAN 2017年6月号(Vol.33 No.8)
  • PHARM TECH JAPAN 2017年5月号(Vol.33 No.7)

▲ページの先頭へ