治療薬ハンドブック2019

立ち読み

治療薬ハンドブック2019

薬剤選択と処方のポイント

商品コード 51438
編著 髙久 史麿/監
堀 正二、菅野 健太郎、門脇 孝、乾 賢一、林 昌洋/編
判型 B6変型判
発行日 2019年1月
ページ 本文1540頁
定価(税込) ¥4,752
在庫 予約受付中

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 関連商品

内容

治療薬ハンドブック2019 書籍内容紹介

 

●第一線の医師・薬剤師による処方Point、薬剤Pointが役立つ!

 

【2019年版  ココ  がポイント】

・臨床の“活きた情報”を凝縮

医師からの“処方Point”、作用や特徴がわかる“薬剤Point”

 

・「あったら便利!」な情報をさらに強化

粉砕可否・簡易懸濁や妊婦・小児・腎機能低下患者への投薬情報のほか、保存温度条件、代表的スイッチOTC、AGの有無、RMPなど各種情報を追加・拡充しました

 

・最新の治療戦略・ガイドラインが充実

各薬効冒頭の「総説」では最新の薬剤情報、治療戦略をアップデート。主な診療ガイドラインの一覧も掲載しています。

 

・便利なアプリ(無料)がついています

書籍の薬剤情報に加え、製剤写真や化学構造式、添付文書(外部リンク)も閲覧できる購入者限定の無料アプリつき。

 

・本書をご購入いただくと、アプリが無料で利用できます!

1.添付文書PDF外部リンク機能

2.採用医薬品の登録機能

3.製剤写真を表示

4.オフラインでも利用可能!院内・在宅での使用に便利

 

【本書の特徴】

国内の事例を多数収録

・「妊娠と薬」分野で日本をリードする、虎の門病院で集積した「妊婦への投薬情報」や、「錠剤・カプセル剤の粉砕可否情報」など、活きた情報が満載! 

 

最新のトレンドをチェックできる総説

・「治療薬使用のポイント」「Topics」で最新の知見がすぐにわかる

・「インターネット上で閲覧できるガイドライン一覧」など治療薬使用にあたって知っておくべき知識を習得できます! 

 

安全・適正な薬物治療に

・配合変化、適応外使用の情報や、妊婦・小児・腎機能低下患者などハイリスク患者への対応まですぐに役立つ情報を凝縮

・モニタ欄がさらに充実! 副作用回避のために必要な検査にも注目

・一般名処方でも困らない充実した後発品欄

▲ページの先頭へ


関連商品

  • 投薬禁忌リスト 平成30年版
  • 改訂10版 表解 注射薬の配合変化
  • 薬価基準点数早見表 平成30年4月版
  • 簡易懸濁法マニュアル
  • 疾患別薬学管理マニュアル
  • 検査と適応疾患 平成30年4月版
  • 軟膏・クリーム配合変化ハンドブック 第2版
  • 保険薬事典Plus+ 平成30年8月版
  • ハイリスク薬チェックシート 第3版
  • Drugs-NOTE2018 ドラッグノート

▲ページの先頭へ