これからの薬物相互作用マネジメント 第2版

立ち読み

これからの薬物相互作用マネジメント 第2版

臨床を変えるPISCSの基本と実践

商品コード 53470
編著 鈴木 洋史/監
大野 能之、樋坂 章博/編著
判型 B6変型判
発行日 2021年3月
ページ 256頁
定価 ¥3,300(税込)
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 関連商品

内容

●気になる薬の組み合わせに理論的にアプローチ
●もしかしたら相互作用?その疑問に定量的なヒントを示します
 
薬物相互作用の強さと予測を臨床的なリスク評価設定に応用するためのフレームワークがPISCS(ピスクス、Pharmacokinetic Drug Interaction Significance Classification System)です。各CYP分子種の基質薬のクリアランスへの寄与率(CR)と阻害薬の阻害率(IR)、または誘導薬によるクリアランス増加率(IC)から血中濃度変化を推察し、添付文書に記載のある組み合わせだけでなく記載のない組み合わせまで薬物相互作用の影響を予測、リスク評価することができます。「薬を切り換える?」「用量調節する?」「用法調節だけで大丈夫?」など、さまざまな臨床的な疑問に定量的なヒントを示すPISCSを解説した好評書の改訂版がいよいよ登場です。

 

※訂正情報

2021年3月24日

▲ページの先頭へ


関連商品

  • 副作用早期発見プラクティカルガイド
  • 3ステップで推論する副作用のみかた・考えかた
  • 極める!副作用モニタリング
  • 薬剤師のための医薬品副作用入門
  • 店頭で早わかり! OTC医薬品副作用ハンドブック
  • 表形式 薬物相互作用禁忌一覧
  • 重大な副作用回避のための情報集
  • 薬疹と接触皮膚炎
  • 医薬品副作用用語集 1996

▲ページの先頭へ