ここがキモ! いまはこうする肝疾患vs.薬物療法

立ち読み

月刊薬事2020年1月臨時増刊号(Vol.62 No.02)

ここがキモ! いまはこうする肝疾患vs.薬物療法

肝機能評価&薬物性肝障害マネジメントに強くなる

商品コード 91302
編著 齋藤 英胤/編
判型 B5判
発行日 2020年1月
ページ 312頁
定価 ¥3,800 +税
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 目次
  • 関連商品

内容

近年、肝疾患の薬物治療は新薬の登場により大きく変化しています。本臨時増刊号では、肝臓の病態生理や薬物代謝、各臓器との関連など、臨床でおさえておきたい知識とともに、薬物性障害へのアプローチ、最新の薬物療法を紹介します。

▲ページの先頭へ

目次

第1章 肝臓の特殊性を理解する
1.肝臓のメカニズム
2.肝臓における薬物代謝
3.胆汁の働きを理解する
4.臓器相関をとらえる
(1)肝臓─心臓・肺
(2)消化管─肝臓
5.妊娠が肝臓に与える影響を理解する
 
第2章 肝障害を察知するための基礎知識
1.肝細胞障害と肝機能障害の違い
2.肝 炎
3.胆汁うっ滞とその機序(輸送系を含め)
4.肝障害の検査と検査値の読み方、活かし方
5.見逃してはいけない身体症状と病歴聴取のコツ
 
第3章 肝障害を来す成因と障害機序をおさえる
1.感染症
2.脂肪性肝障害
3.代謝性肝疾患
4.血管異常
5.薬 物
 
第4章 肝疾患の治療Up To Date
1.経口肝炎ウイルス(HAV、HEV)
2.垂直・水平感染ウイルス(HBV)
3.血液感染ウイルス(HCV)
4.日和見感染症(その他のウイルス)
5.アルコール性肝障害
6.非アルコール性脂肪性肝疾患
 
第5章 薬物性肝障害(DILI)へのアプローチ
1.DILIの重症化予測と治療
2.DILIの慢性化
3.漢方製剤、健康食品、サプリメントによるDILI
4.薬物におけるB型肝炎ウイルス再活性化の現状と方策
5.免疫チェックポイント阻害薬(ICI)によるDILI
6.生物学的製剤(抗体薬)によるDILI
7.薬物投与と肝腫瘍
 
第6章 緊急性の高い肝障害
1.Hy's Lawとは
2.急性肝不全 
 
第7章 特殊な肝障害
1.原発性胆汁性胆管炎(PBC)
2.原発性硬化性胆管炎(PSC)
3.自己免疫性肝炎(AIH)
4.銅代謝異常症(Wilson病、特発性銅中毒症)
 
第8章 肝硬変と肝腫瘍
1.肝硬変症患者へのアプローチ(診断、治療、合併症)
2.肝硬変と薬物療法
3.肝硬変患者の運動・栄養療法(サルコペニアの理解)
4.肝細胞がん患者へのアプローチ(手術療法と薬物治療)
5.肝内胆管がん患者へのアプローチ(手術療法と薬物治療)

第9章 慢性肝不全と肝移植
1.慢性肝不全に対する肝移植 
 

▲ページの先頭へ


関連商品

  • まるごとわかる栄養療法
  • その患者・その症例にいちばん適切な使い方がわかる ステロイド療法のエッセンス
  • 病棟に行く前に知っておきたいCommon Disease
  • 腎臓病ガイドライン総まとめ
  • 医療用医薬品のバーコード活用マニュアル
  • 高齢者診療Standard Collection 32
  • 病棟・カンファレンスでそのまま使える想定問答集151
  • 皮膚科のくすりの使い方
  • リハビリテーション薬剤
  • 病態と薬剤からわかる 水・電解質・酸塩基平衡
  • 同効薬比較ガイド2 第2版
  • 薬物療法問題集

▲ページの先頭へ