医薬品業界のグローバルトピック2018

立ち読み

PHARM TECH JAPAN 2018年9月臨時増刊号[Vol.34 No.12]

医薬品業界のグローバルトピック2018

変わりゆく国内外の医薬品製造・品質管理の潮流

商品コード 92442
編著
判型 A4変型判
発行日 2018年9月
ページ 120頁
定価 ¥4,000 +税
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 関連商品

内容

PIC/S加盟後、医薬品の品質保証においてQbD(Quality by Design)やQulality Culture、リスクマネジメントの考え方の導入などが進んでいます。また、PIC/S GMP Guide PartⅠの改訂版が発効となり、第3章(建物および設備)、第5章(製造)、第8章(苦情および製品回収)などの内容が変更になりました。さらに世界の売上トップ10の上位をバイオ医薬品が占めたり、製造の効率化のために連続生産技術に注目が集まるなど近年、医薬品の製造を取り巻く環境は大きく変化しています。本臨時増刊号では、2018年に起きた医薬品製造・品質管理のトピックスに焦点をあて解説しています。

▲ページの先頭へ


関連商品

  • 医薬品業界のグローバルトピック2019
  • GxPの更なる進展
  • ICHの最新トピック2019
  • 実践! データインテグリティ対応
  • 赤外・ラマンスペクトル測定法
  • 医薬品の適正流通(GDP)ガイドライン解説
  • 続 事例に学ぶCAPAとその実践
  • 図解で学ぶPIC/S GMPガイド 第3版
  • 図解で学ぶ化粧品GMP 第3版
  • 毒性学的評価による洗浄バリデーション
  • Q&Aで学ぶCSV入門
  • バイオ医薬品ハンドブック 第3版

▲ページの先頭へ