PHARM TECH JAPAN 2021年1月号(Vol.37 No.1)

立ち読み

PHARM TECH JAPAN 2021年1月号(Vol.37 No.1)

商品コード 92473
編著
判型 A4変型判
発行日 2021年1月
ページ 約200頁
定価 ¥2,200(税込)
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 目次
  • 次号案内
  • 関連商品

内容

●新連載「無菌医薬品製造における環境モニタリングと介入作業」
 
1月号より、新連載「無菌医薬品製造における環境モニタリングと介入作業」がスタートします。ISPE日本本部の無菌COP環境モニタリングWGでの検討結果として、全3回にわたって「リスクに基づく環境モニタリングの提案」、「培地充填試験に取り込むべき介入作業 リスクベース手法の提案」、「スモークスタディに取り込むべき介入作業 リスクベース手法の提案」について解説しています。

▲ページの先頭へ

目次

REPORT
■インターフェックスWeek 2020
新型コロナ禍での開催で20,000名近くが来場 セミナーでは多様な情報発信が
■澁谷工業株式会社 RM森本工場
自動化技術+GMP対応の無菌化技術で再生医療システムの生産拠点へ
 
PHARM TECH JAPAN ONLINE
■2020年11月度、月間閲覧ランキング
■PHARM TECH JAPAN バックナンバー 2020年11月度、閲覧ランキング
 
ARTICLES
■医薬品中のニトロソアミン類のリスク評価とその試験法
 ~定量限界0.03ppmへの挑戦~
岩井武樹、柿沼誠、吉田将勇、福井隆広、長尾恭子
■医薬品の物性評価 Q&A 簡便な固体分散体の溶解度測定法を教えてください
日本薬剤学会物性FG
■無菌医薬品製造における環境モニタリングと介入作業(その1)
 リスクに基づく環境モニタリングの提案
松田宗智、加藤俊介、水竹大悟、尾山 大、望月 清
■医薬品のクオリティ・バイ・デザイン開発による新薬の審査期間および品質への影響
梶原英司、神里春樹、鹿野真弓
■新型コロナウイルス禍におけるGMPとGDPの課題
小山靖人
■抗体医薬品 最近の製剤処方を比較する(第2回)
 添加物組成に関する添付文書上の記載
佐久間 陽
■注射剤のプレフィルドシリンジ製剤への切替えにおける課題と実践的ソリューション
Vincenza Pironti, PhD., Madhu Raghunathan, Roman Hlodan
■バイオアッセイ・統計のエッセンス(第1回)平行線モデルと分散分析①
内田圭介
■新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)(第3回)SARS-CoV-2検査方法・診断薬
川俣 治、吉成河法吏、菅原敬信
■PTP基礎講座(第25回)
 機械 パウチのヒートシール Ⅲ.効率的なシール条件設定
大須賀 弘
■薬の名前 ステムを知れば薬がわかる 追補-4
 特定の酵素阻害薬を定義する新しいステム-2
 「-parstat」、「-polstat」、「-telstat」、「-tristat」、「-xestat」など
宮田直樹、田辺光男、内田恵理子、川崎ナナ
■製剤研究者が注目する一押しトピック
■医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス財団ニュース(No.159)
津田重城
 
Study of GMP
■中小規模組織におけるQRMのインフラ整備(第37回)統計への準備
柳澤徳雄
製剤技術
■【製剤と粒子設計】ナノテクノロジーを基盤とする医薬品の微粒子製剤化技術
市川秀喜
 
●News Topics
 
●New PRODUCTS
 
■World News Topics
ガイドライン関連、品質関連、警告書関連

▲ページの先頭へ

次号案内

2021年2月号 (Vol.37 No.2)
 
ARTICLES
■バイオ医薬品製造技術の最新動向
岡村元義(ファーマトリエ)
■無菌医薬品製造における環境モニタリングと介入作業(その2)
松田宗智(田辺三菱製薬)、望月 清(エクスプロ・アソシエイツ)、他
■Pharma PSE Spotlight(第13回)
杉山弘和(東京大学)
■新型コロナウイルス感染症対策 技術とポイント
 ~いまできる対策と中長期的な対策の方針・計画づくり~
杉内章浩(竹中工務店)
■オーバーキルを斬る
James Agalloco(Agalloco&Associates)
■リスクマネジメントの視点からの防虫管理(その4)リスク分析
谷 壽一、他(シーアンドエス)
■バイオアッセイ・統計のエッセンス(第2回)
内田圭介(中外製薬工業)
■バイオ医薬品のCMC薬事担当者養成
 ~基礎をおさえ、一歩進んだ次世代CMC薬事へ~(第5回)
李 仁義(神戸大学)
■医薬品の物性評価 Q&A
日本薬剤学会物性FG
■Quality by Designに基づく乾式造粒法の高含量製剤設計
寺下敬次郎(大阪ライフサイエンスラボ)、松井 航、他(パウレック)
■PTP基礎講座(第26回)PTP機(真空ドラム)
干場良和(イワクロ)
■第11回製剤技師認定試験 問題と解説(1)(基礎編)
公益社団法人 日本薬剤学会 製剤技師認定委員会
■製剤研究者が注目する一押しトピック
■医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス財団ニュース(No.160)
津田重城(医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス財団)
 
Study of GMP
■中小規模組織におけるQRMのインフラ整備(第38回)
柳澤徳雄
 
製剤技術
【製剤と粒子設計】乾式コーティング装置 ノビルタ
安田真人(ホソカワミクロン)
 
その他
◦News Topics  ◦World News Topics
 
 

 

▲ページの先頭へ


関連商品

  • PHARM  TECH  JAPAN[年間購読]<送料当社負担>
  • PHARM TECH JAPAN 2021年12月号(Vol.37 No.15)
  • PHARM TECH JAPAN 2021年11月号(Vol.37 No.14)
  • PHARM TECH JAPAN 2021年10月号(Vol.37 No.13)
  • PHARM TECH JAPAN 2021年9月号(Vol.37 No.12)
  • PHARM TECH JAPAN 2021年8月号(Vol.37 No.11)
  • PHARM TECH JAPAN 2021年7月号(Vol.37 No.9)
  • PHARM TECH JAPAN 2021年6月号(Vol.37 No.8)
  • PHARM TECH JAPAN 2021年5月号(Vol.37 No.7)
  • PHARM TECH JAPAN 2021年4月号(Vol.37 No.5)
  • PHARM TECH JAPAN 2021年3月号(Vol.37 No.3)
  • PHARM TECH JAPAN 2021年2月号(Vol.37 No.2)

▲ページの先頭へ