PHARM TECH JAPAN 2021年7月号(Vol.37 No.9)

立ち読み

PHARM TECH JAPAN 2021年7月号(Vol.37 No.9)

商品コード 92479
編著
判型 A4変型判
発行日 2021年7月
ページ 約200頁
定価 ¥2,200(税込)
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 目次
  • 次号案内
  • 関連商品

内容

●医薬品の安定供給に向けて
7月号では、巻頭で「医療用医薬品の安定供給確保策~安心して医療を受けられるために~」とする厚生労働省医政局田中大祐氏の寄稿を掲載。2020年3月に設置された「医療用医薬品の安定確保策に関する関係者会議」における、医薬品の安定供給等に関する議論や施策について紹介しています。また、日本製薬工業協会 品質委員会 GMP部会 リモート監査プロジェクトによる「リモート監査に関するPoints to Consider」の紹介など、昨今業界を取り巻くトピックを詳報しています。

▲ページの先頭へ

目次

INTERVIEW
■新型コロナ禍、原薬供給不足など激動の中、医薬品の安定供給にかける思い
日本CMO協会会長 竹内二三雄氏に聞く
 
REPORT
■医薬品の製造・品質管理体制の強化に係る研修会開催 ~再発防止と信頼回復へ向けてGMP教育に注力~ 
富山県薬業連合会
 
PHARM TECH JAPAN ONLINE
■2021年5月度、月間閲覧ランキング
■PHARM TECH JAPAN バックナンバー 2021年5月度、閲覧ランキング
 
ARTICLES
■医療用医薬品の安定供給確保策 ~安心して医療を受けられるために~
田中大祐
■医薬品の物性評価 Q&A 質問募集
日本薬剤学会物性FG
■「リモート監査に関するPoints to Consider」文書
石橋信康、深井清達
■新型コロナウイルスの汚染防止に関する医薬品製造管理マニュアル(案)の作成指針〔その3〕
編集部
■米国と欧州連合(EU)間の相互承認協定(MRA)に関するQ&A
佐々木次雄
■デジタルトランスフォーメーションで変わる医療
 AIがもたらすがんのプレシジョンメディスン
東條有伸
■リスクマネジメントの視点からの防虫管理(その6)
 リスクアセスメント⑤ ~防虫管理のリスク評価~
谷 壽一、木村俊彦、尾池泰英
■ 第11回製剤技師認定試験 問題と解説(5)(応用編)
公益社団法人 日本薬剤学会 製剤技師認定委員会
 
■口腔内崩壊錠から始まったインクジェット錠剤印刷
 -刻印錠から錠剤印刷へ-
槙野 正、内田直樹
■モノクローナル抗体医薬品のチャージバリアント 後編
新見伸吾
■第4回直打シンポジウム 参加報告
酒井 寛
■PTP基礎講座(第30回)
 品質 PTP設計の基本的概念
田村 健、三浦秀雄
■薬の名前 ステムを知れば薬がわかる 追補-7
 特集:COVID-19治療薬–2
宮田直樹、田辺光男、内田恵理子、川崎ナナ
■バイオアッセイ・統計のエッセンス(第5回)
 非線形モデルの解析① 最小二乗法と平行性
内田圭介
■製剤研究者が注目する一押しトピック
■医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス財団ニュース(No.165)
津田重城
 
Study of GMP
■続 毒性学的評価による洗浄バリデーション PIC/S HBEL Q&Aと最近の査察官用備忘録(第5回)
島 一己
■中小規模組織におけるQRMのインフラ整備(第43回)
 Web会議およびWebセミナーのファシリテーション
柳澤徳雄
 
製剤技術
■【製剤と粒子設計】固形製剤の製造プロセスにおけるAIの活用ならびに医薬品工場の未来予想
橋爪隆秀、鈴木一博、照井裕二、寺下敬次郎
 
●News Topics
 
●New PRODUCTS
 
■World News Topics
ガイダンス関連、警告書関連

▲ページの先頭へ

次号案内

●特集 医薬品の物流適正化への取り組み
①アステラス製薬が掲げる共同化による物流拠点分散体制
早田雅彦(アステラス製薬)
②中外製薬におけるGDPガイドラインへの取組み事例
松本 拡(中外製薬)
 
座談会
医療・医薬の発展を願って ―PD賞受賞者が語る熱い思い―
西山伸宏氏(東京工業大学)、中川弘司氏(第一三共)、百瀬亘氏(アステラス製薬)、杉山弘和氏(東京大学)
 
ARTICLES
■USP<1207>解説
樋口泰彦(フクダ)
■PTP基礎講座(第31回)材料規格 基準化に向けた取り組み
医薬品包装標準化委員会
■アルファ線核医学治療のための薬剤開発の考察(その6)
 ―標的分子・創薬化学の重要性―
矢野恒夫(大阪大学)、他
■商業製造スケールに対するベリフィケーションと承認申請のケーススタディに着目した抗体医薬品のデザインスペース
新見伸吾(日本化薬)、李 仁義(神戸大学)
■デジタルトランスフォーメーションで変わる医療
 製薬業R&Dにおけるデジタル技術活用動向
高田篤史(野村総合研究所)
■第11回製剤技師認定試験 問題と解説(6)(応用編)
公益社団法人 日本薬剤学会 製剤技師認定委員会
■製剤研究者が注目する一押しトピック
■医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス財団ニュース(No.166)
津田重城(医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス財団)
 
Study of GMP
■続 毒性学的評価による洗浄バリデーション PIC/S HBEL Q&Aと最近の査察官用備忘録(第6回)
島 一己(ファルマハイジーンサポート)
■中小規模組織におけるQRMのインフラ整備(第44回)
柳澤徳雄
 
製剤技術
■【製剤と粒子設計】シルクおよびシルクタンパク質の物性・特性
玉田 靖(信州大学)
 
その他
◦News Topics  ◦World News Topics
 
 

 

▲ページの先頭へ


関連商品

  • PHARM  TECH  JAPAN[年間購読]<送料当社負担>
  • PHARM TECH JAPAN 2018年3月号(Vol.34 No.3)
  • PHARM TECH JAPAN 2018年2月号(Vol.34 No.2)
  • PHARM TECH JAPAN 2018年1月号(Vol.34 No.1)
  • PHARM TECH JAPAN 2017年12月号(Vol.33 No.15)
  • PHARM TECH JAPAN 2017年11月号(Vol.33 No.14)
  • PHARM TECH JAPAN 2017年10月号(Vol.33 No.13)
  • PHARM TECH JAPAN 2017年9月号(Vol.33 No.11)
  • PHARM TECH JAPAN 2017年8月号(Vol.33 No.10)
  • PHARM TECH JAPAN 2017年7月号(Vol.33 No.9)
  • PHARM TECH JAPAN 2017年6月号(Vol.33 No.8)
  • PHARM TECH JAPAN 2017年5月号(Vol.33 No.7)

▲ページの先頭へ