月刊薬事2018年9月号(Vol.60 No.12)

立ち読み

月刊薬事2018年9月号(Vol.60 No.12)

喘息・COPD 新薬、新ガイドライン キャッチアップ!

商品コード 93537
編著
判型 A4変型判
発行日 2018年9月
ページ 190頁
定価 ¥2,000 +税
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 目次
  • 次号案内
  • 関連商品

内容

●特 集 喘息・COP 新薬、新ガイドラインキャッチアップ!
 
企画:駒瀬裕子(聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院呼吸器内科)、平 大樹(立命館大学薬学部医療薬学研究室)
 
 喘息・COPD治療で吸入薬を効率よく使うためには、その病態、治療についての理解が重要で、そのためには標準治療としてのガイドラインを押さえておく必要があります。近年、日本では2017年に「小児気管支喘息管理・治療ガイドライン」が改訂され、2018年には「喘息予防・管理ガイドライン」、「COPDの診断と治療のためのガイドライン」が改訂されました。本特集では、喘息・COPDを取り巻く最新情報について整理し解説いたします。

 

▲ページの先頭へ

目次

喘息・COPD 新薬、新ガイドライン キャッチアップ!
 
■特集にあたって       
駒瀬 裕子、平 大樹
■喘息・COPDの病態と治療
 ●喘息・COPD患者のみかた     
皿谷 健
 ●気管支喘息の管理   
粒来 崇博
 ●COPDの治療・管理   
佐藤 晋
 ●ACOの診断と治療    
上田 哲也
 ●喘息の合併症と薬物治療     
安場 広高
■患者背景に応じた治療
 ●妊婦、授乳婦の管理と薬物治療       
駒瀬 裕子
 ●小児喘息の管理と薬物治療   
平井 康太
 ●高齢者治療の注意点 
吉村 千恵
 ●フェノタイプ、エンドタイプに応じた喘息治療 
長瀬 洋之
■非薬物療法
 ●禁煙・ワクチン     
荒川裕佳子
 ●リハビリテーションと薬物療法の関係――アシストユースを中心に       
白木 晶
■薬剤師の視点と取り組み
 ●吸入デバイスの特徴と選び方――最適な吸入療法の実現に向けて 
平 大樹、小出 博義、角本 幹夫、寺田 智祐
 ●吸入指導のコツと喘息外来の取り組み――吸入療法支援における薬剤師の重要性   
鳥居 綾、野田 幸裕
 
 
取材
 
●この人に聞く 知っていると業務効率化! 医薬品コードの種類と活用のコツ
山中 理(市立大津市民病院薬剤部・医療情報システム室・治験管理センター)
 
 
連載
 
 
●新連載 臨床統計ケース・メソッド[1]
ナテグリニド錠90mgをジェネリック医薬品に変更したい。最も安全に使用できる製品はどれか?
波多江 崇
●新連載 薬剤師が行うこころのケア こんなときどうするの?[1]
事実を伝えることで患者を傷つけてしまうことがある――患者心理・否認について     
清水 研、工藤 浩史
●専門医が語る 精神疾患のとらえ方・治療の考え方[12]
摂食障害――“食べては吐く”のが止められない   
西村 浩
●3stepで考える! それって本当に副作用ですか?[23]
この意識障害はSGLT2阻害薬によるケトアシドーシスが原因ですか? 
中込 哲、岸田 直樹
●Difficult Patient相談室 よく出会うちょっと困った患者さんへの対応のコツ教えます![5]
身体症状症患者への対応 
鋪野 紀好、築地茉莉子
●臨床ですぐに使える 薬学トリビア[5]
本当にあった驚きの論文 
宮川 泰宏
●購買適正化で病院経営強化 目からウロコの薬価交渉術[12]
2018年度上期薬価交渉と流通改善ガイドライン     
中野 一夫
●ジャーナルクラブの広場       
花井 雄貴/吉廣 尚大/中薗 健一/桑原 秀徳/平田 純生、成田 勇樹/木村 友絵、木村 利美/松山 千容、鈴木 真也、Alexandre Chan、Lisa Holle
●審査報告書から見る 新薬の裏側[20]
アジレクト®錠(ラサギリンメシル酸塩錠)
若林 進
●適応外使用の処方せんの読み方[99]
高安動脈炎(大動脈炎症候群)   
藤原 豊博
 
 
その他
 
●書評 添付文書の読み方・活かし方
●薬事セレクション
●ニュースレター
●次号予告・編集部より
 ●循環器疾患 
清水 敦哉
 ●消化器疾患 
須藤 紀子
 ●精神疾患   
奥山かおり、髙瀬 義昌
 ●神経筋疾患 
林 祐一、鈴木 昭夫
 ●代謝疾患――糖尿病・脂質代謝異常症を中心に 
杉本 研、楽木 宏実
 ●泌尿器疾患 
青木 裕章、堀江 重郎
■それぞれのポリファーマシー対策
 ●多職種協働チーム――NSTを中心に    
仲井 培雄、西出 直人、臼倉 幹哉、森 光恵、中川 貴史、村井 裕
 ●大学病院   
小久江伸介、大野 能之
 ●地域――北九州の取り組みを中心に   
末松 文博
 ●介護老人保健施設   
丸岡 弘治
 
 
取材
 
●この人に聞く 急性期病院入院患者、認知症合併で治療アウトカム低下――多職種で支援するための教育プログラムを開発 
小川 朝生(国立がん研究センター東病院精神腫瘍科 科長/先端医療開発センター精神腫瘍学開発分野 分野長)
●フロントページ 2018年春~夏の学会探訪記
 
 
連載
 
●モダトレ[24](完)
頭部MRA、MRIで脳梗塞を、頸部エコーでプラークを確認してみる    
梶原 洋文、中山 尚登
●審査報告書から見る 新薬の裏側[19]
パルモディア®錠(ペマフィブラート)    
荒 義昭
●病態生理×臨床推論のクリニカルロジック[23](完)
発熱(完結編)――不明熱の診断推論を考える②   
高橋 良
●臨床ですぐに使える 薬学トリビア[4]
モルヒネにまつわるエトセトラ   
宮川 泰宏
●3stepで考える! それって本当に副作用ですか?[22]
この「発熱」はビスホスホネートの急性期反応ですか?     
渡辺 浩彰、中村 聡子
●Difficult Patient相談室 よく出会うちょっと困った患者さんへの対応のコツ教えます![4]
抑うつ状態の患者への対応       
鋪野 紀好、今井 千晶
●購買適正化で病院経営強化 目からウロコの薬価交渉術[11]
薬価改定後の価格交渉のポイント 
中野 一夫
●専門医が語る 精神疾患のとらえ方・治療の考え方[11]
アルコール依存症――家族は誰も飲酒する姿を見たことがなかった50歳代女性
西村 浩
●ジャーナルクラブの広場       
齊藤 順平/柴田 啓智/中薗 健一/桑原 秀徳/佐村 優/平田 純生、成田 勇樹/松山 千容、鈴木 真也、Alexandre Chan、Lisa Holle/木村 友絵、木村 利美
●適応外使用の処方せんの読み方[98]
耳 鳴 
藤原 豊博
 
 
その他
 
●書評 薬学的フィジカルアセスメント
●薬事セレクション
●初収載ジェネリックPICK UP
ベポタスチンベシル酸塩/ミノドロン酸水和物     
小池 博文/小宮 実直、舟越 亮寛
●ニュースレター
●次号予告・編集部より

▲ページの先頭へ

次号案内

月刊薬事10月号(Vol.60 No.13)
 
流行シーズン目前!
インフルエンザ 予防から治療までのホント
 
◆企画:菅谷 憲夫(神奈川県警友会けいゆう病院 感染制御センター センター長)
 
■特集にあたって       
菅谷 憲夫
■薬剤師が知るべきインフルエンザのポイント     
菅谷 憲夫
■鳥インフルエンザ、H7N9は次のパンデミックになるのか   
田村 大輔
■迅速診断の感度と有用性       
三田村敬子
■抗インフルエンザ薬の特徴と使い方     
砂川 智子
■キャップ依存性エンドヌクレアーゼ阻害薬
――バロキサビル マルボキシル(ゾフルーザ®)
菅谷 憲夫
■インフルエンザワクチンの効果 
中野 貴司
■インフルエンザ合併症の診断と治療
 ●高齢者のインフルエンザとインフルエンザ肺炎 
青木 洋介
 ●小児のインフルエンザとインフルエンザ脳症   
河島 尚志
■妊婦のインフルエンザの予防と治療     
齋藤  滋
■医療機関でのインフルエンザアウトブレイク対策と抗インフルエンザ薬の予防投与   
國島 広之

▲ページの先頭へ


関連商品

  • 月刊薬事[年間購読]<送料当社負担>
  • 月刊薬事2019年9月号(Vol.61 No.12)
  • 月刊薬事2019年8月号(Vol.61 No.11)
  • 月刊薬事2019年7月号(Vol.61 No.09)
  • 月刊薬事2019年6月号(Vol.61 No.08)
  • 月刊薬事2019年5月号(Vol.61 No.06)
  • 月刊薬事2019年4月号(Vol.61 No.05)
  • 月刊薬事2019年3月号(Vol.61 No.04)
  • 月刊薬事2019年2月号(Vol.61 No.03)
  • 月刊薬事2019年1月号(Vol.61 No.01)
  • 月刊薬事2018年12月号(Vol.60 No.16)
  • 月刊薬事2018年11月号(Vol.60 No.15)

▲ページの先頭へ