月刊薬事 2021年6月号(Vol.63 No.8)

立ち読み

月刊薬事 2021年6月号(Vol.63 No.8)

【特集】治療の質を高める!上手な栄養製剤の選び方・使い方

商品コード 93588
編著
判型 A4変型判
発行日 2021年6月
ページ 190頁
定価 ¥2,365(税込)
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 目次
  • 次号案内
  • 関連商品

内容

●特集 治療の質を高める!上手な栄養製剤の選び方・使い方
 
企画:佐々木雅也(滋賀医科大学医学部看護学科基礎看護学講座(生化・栄養)/滋賀医科大学医学部附属病院栄養治療部)
 
近年、薬剤師の病棟業務では入院患者の病態を評価したうえで、治療薬の適正化、有害事象の防止を行うことが求められています。そのなかで、患者の体液管理、栄養管理に関してはその重要性を認識していながら、介入が十分にできていないと感じている薬剤師は少なくありません。本特集では、薬剤師が適切な栄養管理、栄養製剤の選択・提案ができるよう、栄養製剤の基本事項をおさえた後、病態ごとの実践的な栄養製剤の選び方について解説していきます。

▲ページの先頭へ

目次

特集 治療の質を高める! 上手な栄養製剤の選び方・使い方
 
■特集にあたって       
佐々木雅也
■栄養療法Up to Date   
佐々木雅也、馬場 重樹
■栄養製剤の考え方
 ●栄養障害の分類とアセスメント       
小山 諭
 ●栄養療法の選択     
鷲澤 尚宏、鈴木 敦、石井 杏奈
 ●静脈栄養(末梢、中心)     
稲葉 毅、岡田 麻里、福島 亮治
 ●経腸栄養(食品を含む)     
犬飼 道雄
■症例から考える栄養製剤の使い方
 ●食道がん(周術期を中心に) 
鍋谷 圭宏、大竹 慶尭、前田 恵理、市川 晃透、首藤 潔彦
 ●胃がん(周術期、術後を含む)       
櫻谷美貴子、比企 直樹
 ●炎症性腸疾患       
馬場 重樹、佐々木雅也
 ●慢性腎臓病(CKD)  
濵田 康弘
 ●肝硬変     
白木 亮
 ●心不全     
鈴木 規雄
 ●糖尿病     
魚永多恵子、野上 哲史
 ●呼吸器疾患(COVID-19を含めて)     
藤田 幸男、吉川 雅則
 ●がん――がん化学療法や放射線療法時の栄養療法       
大村 健二、中川智香子、寺田 師
 ●高齢者──サルコペニア、フレイル、コモビディティへの配慮も含め     
吉田 貞夫
 ●小 児     
千葉 正博
 
取材
 
●この人に聞く 継続的+多職種の介入を橋渡し──心不全療養指導士のあり方
        大橋 隼人(東邦大学医療センター大森病院薬剤部)
 
連載
 
●グラトレ[15]
肺がんの化学療法施行中の67歳・男性。何度も肺炎を繰り返している。今回も発熱と咳嗽があり、胸部レントゲン写真で浸潤影の増悪がみられたため、肺炎の診断で入院。入院後にエンピリックセラピーとしてレボフロキサシン内服開始。提案は?   
浦上 宗治
●循薬ドリル[2]
心不全患者における血圧低下時の降圧薬・利尿薬の中止提案の考え方は?──左心不全の病態(収縮不全と拡張不全)の薬物治療を理解しよう     
佐古 守人
●多職種によ~く伝わる 薬学的思考を活かした診療録記載のまとめ方[6]
患者の身体所見に基づく副作用評価と医師への提案に関する記載──その2    
佐古 守人
●ゆる~く覚える配合変化[10]
カルシウムとロセフィンⓇとカルロス・サンタナ   
相澤 学
●臨床ですぐに使える 薬学トリビア[38]
マクロライド系薬のいろいろ     
宮川 泰宏
●購買適正化で病院経営強化 目からウロコの薬価交渉術[45]
今回の薬価改定を再検証する     
中野 一夫
●児童精神科医が伝えたい 子どものメンタルヘルス[17]
ADHDと睡眠の問題を考える       
宇佐美政英
●ジャーナルクラブの広場       
齊藤 順平/吉廣 尚大/山本麻里子/鈴木 大介/桑原 秀徳/
Samantha Breaz、Lisa Holle、鈴木 真也/木村 友絵、木村 利美/杉山 昌宏
●添付文書からRMP、審査報告書まで 新薬ななめ読み[8]
ソグルーヤⓇ皮下注5mg、10mg〔ソマプシタン(遺伝子組換え)〕     
若林 進
 
その他
 
●書評 がん薬物療法 副作用対策&曝露対策
●書評 病院薬剤師のためのスキルアップ×キャリアアップガイド
●薬事セレクション
●ニュースレター
●次号予告・編集部より

▲ページの先頭へ

次号案内

月刊薬事7月号(Vol.63 No.9)
 
特集 エキスパートが直伝! 敗血症の薬学的管理 最新版
 
◆企画:近藤  豊(順天堂大学医学部附属浦安病院救急診療科)
 
■敗血症の病態生理
■診断と初期治療の考え方
■集中治療室での薬の使い方
 ●抗菌薬
 ●抗真菌薬
 ●ステロイド
 ●輸 液
 ●循環作動薬
■合併症の予防と治療
 ●急性腎障害
 ●不整脈
 ●深部静脈血栓症、肺血栓塞栓症
 ●敗血症性DIC
 ●免疫グロブリン療法
 ●痛み、不穏、せん妄の管理
 ●敗血症とストレス潰瘍
 ●Post-Intensive Care Syndrome(PICS)

▲ページの先頭へ


関連商品

  • 月刊薬事[年間購読]<送料当社負担>
  • 月刊薬事 2021年7月号(Vol.63 No.9)
  • 月刊薬事 2021年5月号(Vol.63 No.6)
  • 月刊薬事 2021年4月号(Vol.63 No.5)
  • 月刊薬事 2021年3月号(Vol.63 No.4)
  • 月刊薬事 2021年2月号(Vol.63 No.2)
  • 月刊薬事 2021年1月号(Vol.63 No.1)
  • 月刊薬事 2020年12月号(Vol.62 No.16)
  • 月刊薬事 2020年11月号(Vol.62 No.15)
  • 月刊薬事 2020年10月号(Vol.62 No.13)
  • 月刊薬事 2020年9月号(Vol.62 No.12)
  • 月刊薬事 2020年8月号(Vol.62 No.11)

▲ページの先頭へ