月刊薬事 2021年12月号(Vol.63 No.16)

立ち読み

月刊薬事 2021年12月号(Vol.63 No.16)

【特集】一歩進んだ管理・予防・治療を実践! 脳卒中の薬の使い方

商品コード 93594
編著
判型 A4変型判
発行日 2021年12月
ページ 190頁
定価 ¥2,365(税込)
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 目次
  • 次号案内
  • 関連商品

内容

●特集 一歩進んだ管理・予防・治療を実践! 脳卒中の薬の使い方
 
企画:橋本洋一郎(熊本市民病院脳神経内科 首席診療部長)
 
近年の厚生労働省の統計によると、わが国での脳血管疾患による死亡率は減少傾向にあります。そのなかで、治療は複雑化しており、医療者は脳卒中の各薬剤の選び方、使い方を熟知し、治療・予防に貢献することが求められています。また、日本脳卒中学会から、2021年7月に最新のエビデンスを反映した「脳卒中治療ガイドライン2021」が発刊されました。
本特集では、ガイドラインの要点や改訂のポイントを踏まえ、最新の脳卒中の治療戦略を紹介します。

▲ページの先頭へ

目次

特集 一歩進んだ管理・予防・治療を実践! 脳卒中の薬の使い方
 
■特集にあたって       
橋本洋一郎
■脳卒中の分類・診断   
鈴木 理沙、藤本 茂
■脳卒中の最新治療戦略――ガイドライン改訂のポイントを踏まえて 
板橋 亮
■脳卒中の一次予防──危険因子の管理   
伊藤 義彰
■超急性期脳卒中の全身管理     
小谷 昭博、西山 和利
■急性期脳梗塞の薬物療法── 非心原性脳梗塞(ラクナ梗塞・アテローム血栓性脳梗塞)
        奥村 元博、三村 秀毅、井口 保之
■急性期脳梗塞の薬物療法――心原性脳塞栓症     
木村 俊介、豊田 一則
■急性期脳出血の薬物療法       
宇野 昌明
■脳卒中の二次予防──脳梗塞慢性期の抗血栓療法(抗血小板療法、抗凝固療法)
        河野 浩之
■脳卒中の二次予防――危険因子の管理   
山城 一雄、卜部 貴夫
■塞栓源不明の脳塞栓症(ESUS)・奇異性脳塞栓症の薬物治療
竹川 英宏、飯塚賢太郎、鈴木 圭輔
■脳卒中を合併した片頭痛患者の薬物療法──脳卒中の再発予防と片頭痛の治療の両立
        伊藤 康幸、橋本洋一郎
■脳卒中後遺症の薬物療法       
尾崎 尚人、角田 亘
■妊産婦脳卒中の薬学的管理の注意点は? 
吉田 和道
■脳卒中薬物療法時に注意が必要な薬物相互作用は?       
橋本洋一郎、髙松孝太郎、和田 邦泰
 
連載
 
●モダトレ2 迷わず描けよ。描けばわかるさ。[3]
房室ブロックと心電図の関係を知ろう! その②   
梶原 洋文、犀川 哲典
●循薬ドリル[8]
心不全と頻脈性不整脈(心房細動)の蜜月な関係とは?──心房細動と心不全が相互に及ぼす影響を考察してみよう!   
鈴木 正論
●臨床ですぐに使える 薬学トリビア[44]
検査結果の誤差 
宮川 泰宏
●購買適正化で病院経営強化 目からウロコの薬価交渉術[51](完)
「1社流通品」を斬る!  
中野 一夫
●多職種によ~く伝わる 薬学的思考を活かした診療録記載のまとめ方[12]
治療薬物モニタリング(TDM)の評価、提案に関する記載    
佐村 優
●児童精神科医が伝えたい 子どものメンタルヘルス[23]
児童虐待とトラウマ治療――症例:大庭葉蔵       
宇佐美政英
●ゆる~く覚える配合変化[16]
アミオダロン製剤のジェネリックは先発と同じなの?       
相澤 学
●添付文書からRMP、審査報告書まで 新薬ななめ読み[14]
ヴァイトラックビカプセル25mg・100mg、内用液20mg/mL(ラロトレクチニブ硫酸塩)
        若林 進
●ジャーナルクラブの広場       
齊藤 順平/鈴木 大介/桑原 秀徳/鴨志田 聡/百々恵里佳、前田 幹広/岡本まとか、玉造 竜郎/木村 友絵、木村 利美/Osama ElSherbini、Lisa Holle、鈴木 真也
 
その他
 
●薬事セレクション
●ニュースレター
●総目次のご案内
●次号予告・編集部より

▲ページの先頭へ

次号案内

特集 当直でもあせらず対応! 夜間によく出合う症状とよく出る薬
 
◆企画:村川 公央(岡山大学病院薬剤部)
 
■夜間対応ケーススタディ
 ●せん妄
 ●発熱
 ●気管支喘息の急性発作
 ●けいれん(てんかん重積状態)
 ●がん性疼痛
■薬物中毒への対応
■HBV、HCV、HIVの職業曝露事故時の対応
■救急カートの使い方
■夜間によくあるCQ     
CQ1:点滴中に血管外に漏れて、腕が腫れている。どうすればよい?
CQ2:点滴中に「血管が痛い!」と訴えている。どうすればよい?
CQ3:調剤の際に登録医や患者カードの確認が必要な薬剤は?
CQ4:翌日分の点滴を誤って調製してしまった。翌日まで保管して使用してもよい?
CQ5:外傷時の破傷風予防のための破傷風トキソイドと抗破傷風ヒト免疫グロブリンの使用の目安と使い分けは?
CQ6:外国人患者対応のために準備しておくことは?
CQ7:新型コロナウイルス感染症の治療薬は?
        など CQ21本

▲ページの先頭へ


関連商品

  • 月刊薬事[年間購読]<送料当社負担>
  • 月刊薬事 2021年11月号(Vol.63 No.14)
  • 月刊薬事 2021年10月号(Vol.63 No.13)
  • 月刊薬事 2021年9月号(Vol.63 No.12)
  • 月刊薬事 2021年8月号(Vol.63 No.11)
  • 月刊薬事 2021年7月号(Vol.63 No.9)
  • 月刊薬事 2021年6月号(Vol.63 No.8)
  • 月刊薬事 2021年5月号(Vol.63 No.6)
  • 月刊薬事 2021年4月号(Vol.63 No.5)
  • 月刊薬事 2021年3月号(Vol.63 No.4)
  • 月刊薬事 2021年2月号(Vol.63 No.2)
  • 月刊薬事 2021年1月号(Vol.63 No.1)

▲ページの先頭へ