調剤と情報2016年1月号[vol.22 No.1]

立ち読み

調剤と情報2016年1月号[vol.22 No.1]

【特集】「検査値×処方せん」の読み方・考え方

商品コード 94262
編著 日本薬剤師会/監修 じほう/編
判型 A4変型判
発行日 2016年1月
ページ 142頁
定価 ¥1,560 +税
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 目次
  • 次号案内
  • 関連商品

内容

2016年最初の特集テーマは、薬局薬剤師にとって最も関心の高いテーマの一つ、「検査値」です。患者の検査値を活用することで、薬局では一歩踏み込んだ処方監査が可能となります。本特集では、処方監査への検査値の活かし方を実例に沿って解説します。
今月号から待望の新連載「臨床判断 実践トレーニング」がスタート。処方せんや患者情報、店頭での会話をもとに、薬剤師はどのように考え、行動すべきか。よりよい服薬指導や疑義照会を実践するためのエッセンスが満載です。

▲ページの先頭へ

目次

●特集 「検査値×処方せん」の読み方・考え方
 
○腎機能低下患者での疑義照会事例(1)
渡部 茂子、松浦 真紀
○腎機能低下患者での疑義照会事例(2)
坂田 祐樹
○検査値の把握が服薬コンプライアンス向上につながった事例
木村 嘉明、矢野 七恵
○標準用量に関する疑義照会とPT-INR低下に基づく疑義照会
今里 泰、稲葉 一郎
○検査値を活用した処方提案と患者モニタリング
中林 保
 
Report
第48回日本薬剤師会学術大会
 
◇(新連載)臨床判断 実践トレーニング
尿酸値上昇で降圧薬が変更に
 
◇(新連載)実録 医療支援
ネパール大地震(前編)
 
◇処方・調剤・保険請求のQ&A
 
◇処方監査や疑義照会で検査値を使いこなす
在宅栄養領域における臨床検査値との向き合い方
 
◇聞いて納得! 薬剤師注目の急上昇ワード
高齢者の薬の使い方
 
◇新薬くろ~ずあっぷ
アシテアダニ舌下錠100単位(IR)、300単位(IR)
 
◇医薬品適正使用のための 処方せんからみたファーマシューティカルアセスメント
呼吸困難(息苦しい)―後編―
 
◇薬局ヒヤリ・ハットなくし隊がゆく
薬歴不備で薬剤師間の正確な情報伝達ができず!
 
◇一歩上をいく! エキスパートの仕事
軟膏基剤の変更提案でアドヒアランスが向上
 
◇皮膚とくすりQ&A
皮膚の乾燥
 
◇今月の話題 
「健康サポート薬局」のあり方
 
Rx News
ときのことば

▲ページの先頭へ

次号案内

●特集 寝たきり・骨折を防げ!骨粗鬆症を防げ!
 
○骨粗鬆症を理解するための基礎知識
太田 博明(山王メディカルセンター女性医療センター)
○骨粗鬆症 の薬物療法
宗圓 聰(近畿大学医学部奈良病院整形外科・リウマチ科)
○骨折のリスク因子と骨粗鬆症予防
鈴木 敦詞(藤田保健衛生大学病院内分泌・代謝科)
○骨粗鬆症リエゾンサービス
石橋 英明(伊奈病院整形外科)
 
[連載]
◇臨床判断実践トレーニング
堀 美智子(医薬情報研究所/エス・アイ・シー)
 
◇処方監査や疑義照会で検査値を使いこなす
外来がん化学療法における検査値の活用
倉本 守(くらもと薬局)
三宅 健文(西陣病院薬剤部)
 
◇新薬くろ~ずあっぷ
ランタスXR 注ソロスター
大浜修(福山大学薬学部)
 
◇処方・調剤・保険請求のQ&A 他

▲ページの先頭へ


関連商品

  • 調剤と情報[年間購読]<送料当社負担>
  • 調剤と情報2020年6月号[vol.26 No.08]
  • 調剤と情報2020年5月号[vol.26 No.06]
  • 調剤と情報2020年4月号[vol.26 No.05]
  • 調剤と情報2020年3月号[vol.26 No.04]
  • 調剤と情報2020年2月号[vol.26 No.02]
  • 調剤と情報2020年1月号[vol.26 No.01]
  • 調剤と情報2019年12月号[vol.25 No.16]
  • 調剤と情報2019年11月号[vol.25 No.15]
  • 調剤と情報2019年10月号[vol.25 No.13]
  • 調剤と情報2019年9月号[vol.25 No.12]
  • 調剤と情報2019年8月号[vol.25 No.11]

▲ページの先頭へ