調剤と情報2018年11月号[vol.24 No.15]

立ち読み

調剤と情報2018年11月号[vol.24 No.15]

【特集】 薬剤性精神障害

商品コード 94307
編著 日本薬剤師会/監修 じほう/編
判型 A4変型判
発行日 2018年11月
ページ 130頁
定価 ¥1,560 +税
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 目次
  • 次号案内
  • 関連商品

内容

●特集 薬剤性精神障害
 
高齢化が進む昨今、精神症状を訴える患者さんに出会うことは珍しくないのでは。精神症状といえば、認知症や加齢などとの関連が注目されています。それに加えて、その精神症状に薬剤が関与していないかを検討するのも薬剤師の重要な仕事です。
11月号では、薬剤性のうつ、せん妄、認知障害を見逃さず、適切な対応に繋げるために薬剤師ができることをまとめました。

▲ページの先頭へ

目次

●特集 薬剤性精神障害
 
薬剤性精神障害を疑うヒント
八田耕太郎
 
薬剤性精神障害の原因薬剤と対応
 ・薬剤性うつ
馬場 寛子
 ・薬剤性せん妄
吉川 明良
 ・薬剤性認知障害
 佐藤 晋爾
 
今月の話題 日本薬剤師会
処方・調剤・保険請求のQ&A  日本薬剤師会
 
婦人科のくすり、どう考える? 教えていわもと先生!
岩本 豪紀
 
始める!活かす!
実践! 腎機能チェック 
近藤 悠希
 
臨床推論で見抜く「目薬をください」の裏側
小川 壮寛、松下 明
 
新薬くろ~ずあっぷ
ネイリンカプセル100mg
奥田 敏勝、髙栁 和伸
 
聞いてみよう 薬剤師の知りたいこと
便秘治療で薬剤師が担う役割を考える 
中島 淳
 
小児の服薬 突破口はココ!
 上荷 裕広
 
地域密着型薬局の つなぐ つながる在宅レポート 
柳 仁望
 
こんなとき,患者さんにどう寄り添う?
精神科薬物療法@薬局
長浜 恭史
 
現場でぶつかる「困った!」「どうすれば…?」に薬学的に対応する
認知症の薬物治療Q&A
三輪 高市
 
スポーツファーマシストが教える
セルフメディケーションのピットフォール
大石 順子
 
今月のヒヤリ・ハッと・ホッとした話
澤田 康文
 
おきらく栄養指導  
仲野 智子、水渕 絢子(イラスト ぼく)
 

 

▲ページの先頭へ

次号案内

●特集 婦人科漢方でもっと寄り添える!
 
・薬剤師のための漢方基礎知識
・漢方との上手な付き合い方
・西洋薬との併用による漢方の可能性
・漢方を手に取る女性への対応フローチャート
・薬局でできる漢方指導
 
婦人科領域では漢方薬が使用される頻度が高く、治療だけでなく体質改善のためにも用いられています。また漢方はOTCでも多種取り扱われていることから、セルフメディケーション推進においても重要な役割を果たしています。
そんななか、婦人科疾患に悩む購入者に対し“漢方”をどう説明すればよいかに悩んだ経験のある方も多いのでは? 12月号の特集では、漢方を使って婦人科疾患や女性特有の悩みに対し寄り添うためのヒントをまとめます!
 
※都合により掲載予定は変更になる場合があります
 

▲ページの先頭へ


関連商品

  • 調剤と情報[年間購読]<送料当社負担>
  • 調剤と情報2019年9月号[vol.25 No.12]
  • 調剤と情報2019年8月号[vol.25 No.11]
  • 調剤と情報2019年7月号[vol.25 No.09]
  • 調剤と情報2019年6月号[vol.25 No.08]
  • 調剤と情報2019年5月号[vol.25 No.06]
  • 調剤と情報2019年4月号[vol.25 No.05]
  • 調剤と情報2019年3月号[vol.25 No.04]
  • 調剤と情報2019年2月号[vol.25 No.03]
  • 調剤と情報2019年1月号[vol.25 No.01]
  • 調剤と情報2018年12月号[vol.24 No.16]
  • 調剤と情報2018年10月号[vol.24 No.14]

▲ページの先頭へ