調剤と情報2019年6月号[vol.25 No.08]

立ち読み

調剤と情報2019年6月号[vol.25 No.08]

【特集】 脂質異常症治療の最前線を追え!

商品コード 94333
編著 日本薬剤師会/監修 じほう/編
判型 A4変型判
発行日 2019年6月
ページ 130頁
定価 ¥1,700 +税
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 目次
  • 次号案内
  • 関連商品

内容

●特集 脂質異常症治療の最前線を追え!
 
近年、高LDLコレステロール血症に対する強力な治療薬であるPCSK9阻害薬や、高い選択性を有した高トリグリセライド血症治療薬PPARαモジュレーターの発売が開始されました。さらにスタチン・フィブラート併用療法の原則禁忌が解除され、『スタチン不耐に関する診療指針2018』が発表されるなど、薬物療法も見直されつつあります。
本号では脂質異常症の病態と治療薬に加え、最新の治療方針や、生活・栄養指導についても解説。脂質異常症に関する基本的な知識と、薬物療法の最前線の知見を同時に学びましょう!

▲ページの先頭へ

目次

●特集 脂質異常症治療の最前線を追え!
 
企画  増田 大作(りんくう総合医療センター りんくうウェルネスケア研究センター/同 健康管理センター/同 循環器内科)
 
◆脂質異常症とは
増田大作
 
◆脂質異常症の治療薬とその薬理作用
高田龍平
 
◆スタチン・フィブラート併用療法が望ましい病態とは
木下 誠
 
◆スタチン不耐の病態と診療指針の活用
木庭 新治
 
◆脂質異常症患者における生活・栄養指導
筒井 輪央、藤岡 由夫
 
今月の話題 日本薬剤師会
処方・調剤・保険請求のQ&A  日本薬剤師会
 
聞いてみよう 薬剤師の知りたいこと
薬剤師が知っておきたい中性脂肪の働き
平野 賢一
 
患者向けリーフレット・指導箋のなぜ? がわかる すきま時間の臨床薬学講座
取り扱い注意!! の薬剤たち
 橋本 光正、倉田 なおみ
 
続 誰も教えてくれなかった実践薬歴
薬識を視野に入れて投薬するシーン
山本 雄一郎
 
薬剤師なら知っておきたい 薬剤性眼障害のキホン
緑内障診療に影響する薬剤
井上 賢治
 
これなら医学論文が読める! 使える! 医薬品情報を引き出すイージーアプローチ
薬は“どれくらい”効くのか?
─ 添付文書、インタビューフォームから読み解く薬の効果
稲生 貴士
 
新薬くろ~ずあっぷ
オゼンピック皮下注2mg(セマグルチド)
谷藤 亜希子
 
スポーツファーマシストが教える セルフメディケーションのピットフォール
消炎鎮痛作用のある貼付剤の使い分け
山田 雅也
 
今月のヒヤリ・ハッと・ホッとした話
澤田 康文
Interview
日本薬剤師会インタビュー 「調剤業務のあり方について」を受けて
 
News & Topics
 
日本薬剤師研修センターだより

▲ページの先頭へ

次号案内

●特集 薬局で活かす患者心理学
 
◆患者心理学入門――コミュニケーションを深めるために
◆医療者自ら行うストレスケア
◆疾患から考える患者心理
 ・生活習慣病患者の心理
 ・がん患者の心理
 ・疾患をもつ小児の親の心理
 ・精神疾患患者の心理
◆在宅医療で活用する心理学
◆薬局で活かす患者心理学
 
「かかりつけ薬剤師」の必要性が強調されるなか、薬剤師と患者がコミュニケーションを取る機会は増える一方です。そんななか臨床現場では、患者との距離が近くなったからこそ起こるトラブルも発生しています。
7月の特集では、患者心理学の基礎を紹介したのち、疾患ごとの患者心理を解説。薬局店頭で患者と対峙する際に医療者が心がけるべきことを、ぎゅっとまとめます。
 

▲ページの先頭へ


関連商品

  • 調剤と情報[年間購読]<送料当社負担>
  • 調剤と情報2019年11月号[vol.25 No.15]
  • 調剤と情報2019年10月号[vol.25 No.13]
  • 調剤と情報2019年9月号[vol.25 No.12]
  • 調剤と情報2019年8月号[vol.25 No.11]
  • 調剤と情報2019年7月号[vol.25 No.09]
  • 調剤と情報2019年5月号[vol.25 No.06]
  • 調剤と情報2019年4月号[vol.25 No.05]
  • 調剤と情報2019年3月号[vol.25 No.04]
  • 調剤と情報2019年2月号[vol.25 No.03]
  • 調剤と情報2019年1月号[vol.25 No.01]
  • 調剤と情報2018年12月号[vol.24 No.16]

▲ページの先頭へ