調剤と情報 2020年4月号(Vol.26 No.5)

立ち読み

調剤と情報 2020年4月号(Vol.26 No.5)

【特集】薬局・薬剤師発の費用対効果評価とは?安全性・有効性の、さらに一歩先

商品コード 94343
編著 日本薬剤師会/監修 じほう/編
判型 A4変型判
発行日 2020年4月
ページ 130頁
定価 ¥1,700 +税
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 目次
  • 次号案内
  • 関連商品

内容

●特集 薬局・薬剤師発の費用対効果評価とは?
    安全性・有効性の、さらに一歩先
 
近年、薬局には調剤業務のエビデンスづくりが求められ、お薬手帳や薬歴を活かした一元的・継続的な服薬管理による重複投薬や相互作用の防止、残薬削減などが徐々に報告され、それに伴う薬局の医療経済的な効果も話題にあがってきています。
本特集では、薬の安全性・有効性の次のステップとして、医療経済の視点から薬局に求められる調剤業務の考え方をキーワード別に紹介するとともに、話題のフォーミュラリーなどについても取り上げています。
 
 

▲ページの先頭へ

目次

●特集 薬局・薬剤師発の費用対効果評価とは?
    安全性・有効性の、さらに一歩先
 
かかりつけ薬剤師・薬局の役割を経済的な視点で考える
 五十嵐中
薬局に求められる医療費適正化に向けた考え方
◆在宅医療現場における薬剤師の役割と医療経済効果
 榊原 幹夫
◆有料老人ホームでの減薬の取り組み
 ─質を保ってクスリを減らす
小林 司
セルフメディケーション推進による医療経済効果とは?
廣川 暢幸、黒川 達夫
◆薬局発のエビデンスづくり
 ─現場からのアプローチ
赤沢 学
フォーミュラリー作成のロードマップ
後発品ポスト80%時代の薬剤師の役割
 ─フォーミュラリー作成に向きあう
武藤 正樹
◆病院フォーミュラリー
青野 浩直、川上 純一
今月の話題 日本薬剤師会
処方・調剤・保険請求のQ&A  日本薬剤師会
 
新連載
まぜるな危険? 知って得するシロップ・ドライシロップの配合変化
配合変化の基本的な考え方
細谷 順
聞いてみよう 薬剤師の知りたいこと
薬剤師にも活用してほしいAIを利用した救急相談システム
守谷 俊
帰ってきた 処方箋の“なぜ”を病態から推論する
小児の発熱にアスピリンが900mg/分3、しかも1日分!?
宇高 伸宜、岸田 直樹
薬剤師のための特別講義! 専門医が教える薬疹、薬剤性皮膚障害
急性汎発性発疹性膿疱症
椎谷 千尋、高橋 勇人
個別指導でなぜ怒られるのか? レセプト・薬歴から考える正しい保険調剤
電子薬歴システムを理解して記録する
入江 真理
現場の困った! にエキスパートが答える Q&A簡易懸濁法
倉田 なおみ
全国各地の若手薬剤師をPick up 未来のリーダーたちよ、出てこいや!!
「薬局が何をしてきたか」に意識を向けてアウトプットする
 堀越 博一
エビデンスがわかる! 小児のギモンQ&A
子どものアレルギー性鼻炎と花粉症、どんな点に気を付ける?
堀向 健太
今月のヒヤリ・ハッと・ホッとした話
澤田 康文
薬局発! 学会発表を行うための12ステップ
プロトコールを作る・倫理審査を受ける その2
鈴木 渉太
新薬くろ~ずあっぷ
トリンテリックス錠10mg、20mg
山田 菜月、髙栁 和伸
第52回日本薬剤師会学術大会 ポスター紹介
「吸入指導評価に係る情報提供書」における評価分析
鵜飼 淳
特別寄稿
ポリファーマシーの改善に向けて
─個の対応から地域システムとしての対応へ
串田 一樹
Book Review
薬を扱うなら知っておきたい! 薬剤経済 はじめの一歩
 
News & Topics
 
日本薬剤師研修センターだより

▲ページの先頭へ

次号案内

●特集 薬剤師はどう向き合う?患者背景から考える高齢者の皮膚管理
 
◆加齢の皮膚への影響
◆病態から考える皮膚管理
 ・透析患者の皮膚管理                               
 ・肝炎患者の皮膚管理
 ・がん患者の皮膚管理
 ・糖尿病患者の皮膚管理
◆足の皮膚管理
 ・足の皮膚トラブルを引き起こす疾患
 ・足のスキンケア(フットケア)
◆在宅でのケア
 ・褥瘡の皮膚管理
 ・医療器具を用いている場合のスキンケア
 ・おむつを用いている場合のスキンケア
 
加齢に伴い、皮膚の菲薄化、弾力性の低下、乾燥などにより、皮膚トラブル発生のリスクが上昇します。皮膚トラブルは日常生活のQOLを激しく低下させることが知られていることから、高齢者の皮膚トラブルへの対応が求められています。しかし、具体的に、どんな疾患をもつ高齢者に対してどう対処すれば高齢者の肌を守れるのか、といった情報は共有されていないのが現状です。5月号の特集では、来局した高齢者を皮膚トラブルから守るために薬剤師にできることを、高齢者が罹患している疾患ごとにまとめます。

▲ページの先頭へ


関連商品

  • 調剤と情報[年間購読]<送料当社負担>
  • 調剤と情報 2020年12月号(Vol.26 No.16)
  • 調剤と情報 2020年11月号(Vol.26 No.14)
  • 調剤と情報 2020年10月号(Vol.26 No.13)
  • 調剤と情報 2020年9月号(Vol.26 No.12)
  • 調剤と情報 2020年8月号(Vol.26 No.11)
  • 調剤と情報 2020年7月号(Vol.26 No.9)
  • 調剤と情報 2020年6月号(Vol.26 No.8)
  • 調剤と情報 2020年5月号(Vol.26 No.6)
  • 調剤と情報 2020年3月号(Vol.26 No.4)
  • 調剤と情報 2020年2月号(Vol.26 No.2)
  • 調剤と情報 2020年1月号(Vol.26 No.1)

▲ページの先頭へ