事例に学ぶ CAPAとその実践

正しい是正措置・予防措置のための

事例に学ぶ CAPAとその実践

商品コード 46212
編著 古澤 久仁彦/著
判型 B5判
発行日 2014年7月
ページ 100
定価(税込) ¥3,780
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 目次
  • 関連商品

内容

 医薬品製造における不適合の発生率を減少させるためのシステムである、CAPA(Corrective Action and Preventive Action)は、不良・不適合の原因を取り除く措置と、不適合の再発の原因を取り除くための効率的でシステマティックな措置です。欧米の医薬品業界では広くこの概念が導入されており、わが国においてもGMPにもとづく医薬品製造を行う上で、CAPAが必須となります。
本書では、CAPAを導入するにあたって、その手順や概念原因調査の進め方、RCA報告書の書き方など具体例を交えてわかりやすく解説します。

▲ページの先頭へ

目次

はじめに CAPAの考え方とは

基礎編 CAPAの手順と原因調査の進め方
1.CAPAとは
2.FDA査察とCAPA
3.ICH、PIC/S GMPにおけるCAPAの規定
4.適切な開始、CAPAを行う案件の取捨選択
5.問題・逸脱・不適合の特定
6.タイムライン-時系列配置
7.調査と結果
8.根本原因の分析
9.CAPAの立案


実践編 RCA報告書の書き方の実践
1.原因調査および根本原因調査(Root Cause Analysis:RCA)の目的
2.RCA報告書の書き方
3.RCA報告書を記載する際の留意点
4.RCA報告書の各項目の留意点
5.RCAに関するFDAの指摘事項
6.根本原因解析(RCA)
7.RCAの調査項目
8.根本原因の妥当性の検証とCAPAプランの作成
9.CAPAのモニタリング手法


応用編 FDAの求めるCAPAとは
1.#483に関する演習
2.Warning Letterに関する演習
3.複合問題

▲ページの先頭へ


関連商品

  • 製造工程別GMPリスク分析・評価事例集
  • 無菌医薬品GMP
  • 図解で学ぶ化粧品GMP 第2版
  • 医薬品工場のための空調設計ナビ
  • 化粧品企業が知っておくべきGMPとFDA査察の実際
  • 医薬品GMP査察官の2500の質問事例集
  • GMP・ICH 医薬用語事典 第3版
  • 品質年次レビュー・マネジメントレビュー
  • 医療機器の保険適用戦略と保険適用希望書の作成・手続実務
  • GMP逸脱管理 第2版
  • 無理なく円滑な医療機器産業への参入のかたち 製販ドリブンモデル
  • 医薬品医療機器等法とGQP・GMP 平成27年版

▲ページの先頭へ