薬局が変われば地域医療が変わる

立ち読み

薬局が変われば地域医療が変わる

医師と薬剤師の協働から始まる在宅医療イノベーション

商品コード 46229
編著 狭間 研至/著
判型 A5判
発行日 2014年7月
ページ 190
定価(税込) ¥2,376
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 目次
  • 関連商品

内容

●今のままで、薬局に、薬剤師に、未来はあるのか!?

 超高齢社会を支える地域医療のなかで、薬局が果たす役割とは何か。地域でチーム医療を進めるために薬剤師は何をするのか。在宅医療を実践する医師として、さらに薬局経営者としての著者の経験とともに、数多くの薬剤師、薬学生との対話を通じて導き出された新たな薬局・薬剤師像を示します。
地域医療にイノベーションを起こすために、今こそ医師と薬剤師の協働を目指せ!

【PR】月刊誌「調剤と情報」で、狭間先生の記事が好評連載中です!
これからの薬局・薬剤師のあり方を探る、「Dr.ハザマのここだけの話」が、2014年1月から「調剤と情報」で連載中です。
毎月、テーマに沿って考察を進めていきます。詳しくは→こちらから
 

▲ページの先頭へ

目次

総論 現在の医療の問題点と超高齢化に向けての課題
1.プロローグに代えて
2.外科医が薬局に帰った理由
3.薬局との再接点
4.真の医療崩壊=残薬を知らずに処方する医師
5.地域医療・在宅医療で薬剤師に何が求められているか


各論1 薬剤師を取り巻く環境の変化はイノベーションのチャンスである
1.薬学教育が変わり、薬学生の意識が変わる
2.新卒薬剤師が変わり、既卒薬剤師の意識が変わる
3.医療提供体制が変わり、薬剤師の活躍の場が変わる
4.薬剤師の活躍の場が変わり、多職種との連携のあり方が変わる
5.薬剤師の役割が変わり、医師・薬剤師の関係性が変わる
6.医師・薬剤師の関係性が変わり、協働による薬物治療の遂行へと変わる

 

各論2 薬剤師に求められているのは患者・薬物治療に寄り添うことである
1.調剤して渡して終わり、ではない
2.疑義照会を追いかけろ
3.薬歴は過去の記録ではなく未来予測のツールである
4.処方箋に疑義がないことをどうやって確かめるか
5.調剤室は無人化が可能である。では薬剤師はどこにいる?
6.薬局に来る患者だけが患者ではない

 

各論3 イノベーションに必要なことを理解する
1.地域医療で薬剤師に求められるのは何か
2.薬剤師の強みは何か、弱みは何か
3.チーム医療のメンバーを理解する
4.ツールを活用する、スキルを磨く
5.患者の謎を解く
6.キャズムを越える

▲ページの先頭へ


関連商品

  • これからの薬局開設・経営戦略ハンドブック
  • これからの薬剤師業務と法律
  • 薬局・薬剤師のためのトラブル相談Q&A47
  • 薬剤師のための認知症ケアガイドブック
  • 解消!ポリファーマシー 上手なくすりの減らし方
  • がん緩和ケアのフィジカルアセスメント
  • 実践!さよならポリファーマシー
  • 薬局ですぐ使える 接遇・英会話・手話マナーブック 第2版
  • 妊娠と薬物治療ガイドブック
  • 認知症 気づけるわかるケアできるQ&A50
  • うつ病パーフェクトガイド
  • かかりつけ薬剤師の対人業務入門

▲ページの先頭へ