じほうトップ > 雑誌 > PHARM TECH JAPAN
2017年3月1日号



【発行形態】
発行:毎月1日
頁数:約150頁
1冊:1,900円(税別/送料別)
年間購読料(12冊):1年間22,800円
(税別/送料当社負担)

定期購読のお申込み

無料試読サービス

広告掲載について

メールマガジンのお申込

【雑誌のみ1冊までご購入の場合】

メール便(送料150円、代金引換不可)での発送が可能です。
メール便での発送をご希望のかたは、ご注文内容確認画面で"メール便" を選択してください。(※到着まで若干の日数を要します)

最新号ダイジェスト

現在、ICHにおいてM9としてトピック採択され、ヒトBE試験を減らし患者の新薬恩恵享受を迅速化することを目指して検討されているBCS-based biowaiver。活発な議論により製剤のBE試験に対する注目度が上がっている中で、今月号では“BE試験の本質”に迫る新薬「開発段階での“リスクベースBE確認”の提案」とする記事を掲載しています。

また、水質評価技術や固形製剤プロセスの効率化・高品質化といった新たな技術展開について考察したコンテンツも盛り込み、幅広い情報を提供しています。

本誌の特徴

有効で安全な高品質の薬剤を創製するために、製剤開発、処方設計、包装設計、製剤工程開発、製造管理、品質管理という開発から製造までの製剤技術を中心テーマとし、これに関連するGMPを中心とした国内外のレギュレーションも随時取り込んで企画・編集しているわが国唯一の専門誌です。

編集内容

企画 製剤と粒子設計、コンピュータバリデーション、医薬品包装素材の標準化、製剤操作の基礎知識など
学会レポート 日本薬学会、日本PDA、日本薬剤学会、日本DDS学会、製剤セミナーなど
海外ニュース Pharm. Engineering, Pharm. Ind., Int'l. J. Pharm, Pharm Forum, PDA Journalなど