じほうトップ > 雑誌 > PHARM TECH JAPAN
2016 年12月1日号



【発行形態】
発行:毎月1日
頁数:約150頁
1冊:1,900円(税別/送料別)
年間購読料(12冊):1年間22,800円
(税別/送料当社負担)

定期購読のお申込み

無料試読サービス

広告掲載について

メールマガジンのお申込

【雑誌のみ1冊までご購入の場合】

メール便(送料150円、代金引換不可)での発送が可能です。
メール便での発送をご希望のかたは、ご注文内容確認画面で"メール便" を選択してください。(※到着まで若干の日数を要します)

最新号ダイジェスト

11月号よりスタートした連載「AMEDにおける創薬などの支援の取り組みについて」の第2回目は、大学等の優れた基礎研究の成果を医薬品等として実用化につなげるための研究支援基盤として位置付けられている「創薬等ライフサイエンス研究支援基盤事業(創薬等支援技術基盤プラットフォーム事業について解説しています。

また、好評の連載「PIC/S時代の洗浄工程と洗浄バリデーション入門」、「OPEX活用の実際」など、幅広いテーマを掲載しています。

本誌の特徴

有効で安全な高品質の薬剤を創製するために、製剤開発、処方設計、包装設計、製剤工程開発、製造管理、品質管理という開発から製造までの製剤技術を中心テーマとし、これに関連するGMPを中心とした国内外のレギュレーションも随時取り込んで企画・編集しているわが国唯一の専門誌です。

編集内容

企画 製剤と粒子設計、コンピュータバリデーション、医薬品包装素材の標準化、製剤操作の基礎知識など
学会レポート 日本薬学会、日本PDA、日本薬剤学会、日本DDS学会、製剤セミナーなど
海外ニュース Pharm. Engineering, Pharm. Ind., Int'l. J. Pharm, Pharm Forum, PDA Journalなど