じほうトップ > 雑誌 > 月刊薬事 > 最新号目次

月刊薬事

2020年6月1日号

  

【発行形態】
発行:毎月1日
頁数:160~180頁
1冊:2,150円(税別/送料別)
年間購読料(12冊):1年間25,800円
(税別/送料当社負担)

定期購読のお申込み

無料試読サービス

広告掲載について

メールマガジンのお申込

【雑誌のみ1冊までご購入の場合】

メール便(送料150円、代金引換不可)での発送が可能です。
メール便での発送をご希望のかたは、ご注文内容確認画面で"メール便" を選択してください。(※到着まで若干の日数を要します)

MagPlus

最新号目次

 ●特集 悩ましい局面で薬をどう使う? せん妄薬物療法のリスク・ベネフィット

 

■特集にあたって       

和田 健

■せん妄とは?――薬物療法の前提となる臨床事項 

井上真一郎

■せん妄薬物療法のグッド・プラクティス

●せん妄症状アセスメントと向精神薬の副作用モニタリング       

上村 恵一

●せん妄の薬物療法はいつまで続けるのか       

平 俊浩、小田 幸治

●ベンゾジアゼピン受容体作動薬はどう使うのか 

和田 健

●せん妄リスク患者の不眠にはどう対応するか   

八田耕太郎

■疾患・病態別のせん妄薬物療法

●低活動型せん妄     

奥山 徹

●認知症     

吉村 匡史、北浦 祐一、木下 利彦

●パーキンソン病     

和田 健

●呼吸不全   

武藤 仁志、竹内 崇

●肝不全     

土田 和生

●腎不全・透析患者   

西村 勝治

●心不全     

倉田 明子

●ICU入室患者

岸 泰宏

●脳血管障害 

澤谷 篤、下田 健吾、木村 真人

●アルコール離脱症候群(振戦せん妄) 

木村 充

 

 

取材

 

●Report 軽症者受け入れ宿泊療養施設内の薬剤師 「OTC薬は大きなツール」――新型コロナウイルス感染症対策

 

 

連載

 

●グラトレ[3]

51歳・女性。発熱と咳嗽で救急外来を受診。市中肺炎の診断で入院となり、スルバクタム/アンピシリンの投与が開始された。入院翌日に血液培養が陽性となり、主治医から抗菌薬の選択について相談を受けた。提案は?     

浦上 宗治

●薬剤師だからこそ踏み出したい! 褥瘡ファーストステップ[6]

創部を見抜く!――「肉芽組織」をどう評価する? 

大岡建太郎

●オレの失敗を超えていけ しくじり処方提案[2]

救命救急・集中治療領域――腎機能評価と薬剤投与設計でのしくじり 

朝田 瑞穂

●腎薬ドリル Pitfall & Tips! 腎臓病薬物療法の理論と臨床を結ぶトレーニング[9]

慢性腎臓病(CKD)患者への骨粗鬆症治療薬の至適使用      

大橋 泰裕

●臨床ですぐに使える 薬学トリビア[26]

高齢者の分類   

宮川 泰宏

●何を考える? どう動く? オンコロジーエマージェンシー[3]

電解質異常     

西森 久和

●「法律知識ゼロ」でも大丈夫! ようこそ“おくすり事件簿”の世界へ[10]

高度化・専門家する医療。医療者の自己研鑽について、裁判所はどう考えた? 

三村まり子

●購買適正化で病院経営強化 目からウロコの薬価交渉術[33]

新型コロナウイルス騒動によるリスクの連鎖を回避するために       

中野 一夫

●児童精神科医が伝えたい 子どものメンタルヘルス[6]

子どものメンタルヘルスにおける薬物療法 

宇佐美政英

●進め!! 医療薬学研究[8]

カナダにおける薬局薬剤師による実務と介入研究   

岡田 浩

●審査報告書から見る 新薬の裏側[41]

エクフィナ®錠50mg(サフィナミドメシル酸塩)    

谷藤亜希子

●ジャーナルクラブの広場       

齊藤 順平/宮田 祐一/加藤 隆寛/桑原 秀徳/眞継 賢一/岡田 直人、座間味義人、石澤 啓介/近藤 悠希/Lisa Holle、鈴木 真也/木村 友絵、木村 利美

 

 

その他

 

●薬事セレクション

●書評 「子ども漢方」診療ノート

●ニュースレター

●次号予告・編集部より