じほうトップ > 雑誌 > 月刊薬事 > 最新号目次

月刊薬事

2019年12月1日号

  

【発行形態】
発行:毎月1日
頁数:160~180頁
1冊:2,150円(税別/送料別)
年間購読料(12冊):1年間25,800円
(税別/送料当社負担)

定期購読のお申込み

無料試読サービス

広告掲載について

メールマガジンのお申込

【雑誌のみ1冊までご購入の場合】

メール便(送料150円、代金引換不可)での発送が可能です。
メール便での発送をご希望のかたは、ご注文内容確認画面で"メール便" を選択してください。(※到着まで若干の日数を要します)

MagPlus

最新号目次

●特集 病棟で経験する発熱・炎症反応 抗菌薬は必要か? 抗菌薬は効いているか?

 

■特集にあたって       

青木 洋介

■入院患者の発熱・炎症への診断アプローチ       

千酌 浩樹

■病棟で頻度の高い細菌感染症とそのみかた

●肺 炎     

住吉 誠、宮崎 泰可

●尿路感染症 

髙橋 聡

●カテーテル関連血流感染症(CRBSI)  

長尾 美紀

●術後感染およびC. difficile感染症  

畑 啓昭

●発熱性好中球減少症 

小泉 祐介

■抗菌薬の効果判定

●その抗菌薬は必要? 効いている? いつ終了する?   

堀野 哲也

■入院患者における非感染性発熱・炎症所見上昇の考え方

●発熱・炎症所見の原因となる非感染性病態および疾患   

加藤 英明

●薬剤熱とその対応   

丹羽 隆

■一次検査の重要性     

浦上 宗治

■入院患者の発熱――症例に学ぶ抗菌薬使用のピットフォール       

濱田 洋平

 

 

取材

 

●INTERVIEW 医療薬学会 専門薬剤師制度を大幅改革――21年から順次新制度に 薬局対象の新制度も    

奥田 真弘氏(日本医療薬学会 会頭/大阪大学医学部附属病院 薬剤部長)、寺田 智祐氏(日本医療薬学会専門薬剤師育成委員会 委員長/滋賀医科大学医学部附属病院 薬剤部長)

●この人に聞く リスク・ベネフィットを考慮した医療安全の最適化――薬剤師ゼネラルリスクマネジャー(GRM)の活動       

髙橋 弘充氏(東京医科歯科大学医学部附属病院薬剤部 薬剤部長)、佐瀬 裕子氏(東京医科歯科大学医学部附属病院医療安全管理部 ゼネラルリスクマネジャー)

 

 

 

連載

 

●メカニズムから理解する 救急・急変対応Basic Lecture[11]

各論②腹痛     

北村 信次

●臨床ですぐに使える 薬学トリビア[20]

逆に考えてみると       

宮川 泰宏

●腎薬ドリル Pitfall & Tips! 腎臓病薬物療法の理論と臨床を結ぶトレーニング[3]

利尿薬の適正使用       

吉田 拓弥

●知っておきたい 非がん患者の緩和ケア[3]

呼吸器疾患――慢性閉塞性肺疾患(COPD) 

松田 能宣

●腕きき専門医のもとで修業しないと身につかない 抗菌薬適正使用支援のストラテジー[9]

発熱診断症例練習――外来編から発展編   

大路 剛

●「法律知識ゼロ」でも大丈夫! ようこそ“おくすり事件簿”の世界へ[4]

まれな副作用に対するアプローチ。医療者はどこまでカバーするべき?       

三村まり子

●進め!! 医療薬学研究[2]

医学系研究者育成と研究力強化のための戦略       

門松 健治

●購買適正化で病院経営強化 目からウロコの薬価交渉術[27]

波乱含みの令和元年後半のスタート       

中野 一夫

●審査報告書から見る 新薬の裏側[35]

デファイテリオ®静注200mg(デフィブロチドナトリウム)   

荒 義昭

●ジャーナルクラブの広場       

齊藤 順平/吉廣 尚大/中薗 健一/桑原 秀徳/岡田 直人、座間味義人、石澤 啓介/中出 順也/木村 友絵、木村 利美/Cedric White、 Lisa Holle、鈴木 真也

 

 

その他

 

●書評 漢方処方ハンドブック/はじめる とりくむ 災害薬学

●薬事セレクション

●ニュースレター

●次号予告・編集部より