じほうトップ > 雑誌 > PHARM TECH JAPAN > 最新号目次
2019年8月1日号

 

【発行形態】
発行:毎月1日
頁数:約150頁
1冊:2,000円(税別/送料別)
年間購読料(12冊):24,000円
(税別/送料当社負担)

定期購読のお申込み

無料試読サービス

広告掲載について

メールマガジンのお申込

メール便(送料150円、代金引換不可)での発送が可能です。
メール便での発送をご希望のかたは、ご注文内容確認画面で"メール便" を選択してください。(※到着まで若干の日数を要します)

最新号目次

■臨床試験参加者のグローバルテーマの特定

―治験医薬品の使用経験―

Esther Sadler-WilliamsKristen DeVitChie IgushiLynn WangSamantha CarmichaelNova Getzand Ken Getz、(監修)川上浩司、(翻訳)山口沙織

■シリーズ GMP査察を巡る最近の話題(第10回)

まだ無菌試験を行いますか?

佐々木次雄

■次世代シーケンシングによるバイオ医薬品等のウイルス安全性評価(番外編2)

2019 PDA Virus Safety Forum参加報告

河野 健

■企業経営と知的財産(第14回)

知的財産における最近の動向

宇佐見弘文

■薬剤系研究者が使える!有機化学(48)〔最終回〕

なんで低分子じゃダメなんだろう?

高橋秀依、夏苅英昭

■薬の名前 続:ステムを知れば薬がわかる(第16回)

宮田直樹、田辺光男、内田恵理子、川崎ナナ

■製剤研究者が注目する一押しトピック

■医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス財団ニュース(No.142

津田重城

 

INTERVIEW

JASIS 2019、「未来発見。」をテーマに9月4~6日、幕張で開催

WebExpo 2019でリアル+バーチャルに情報発信

 

REPORT

■インターフェックスWeek2019 来場者数は42,000名超え,セミナー受講者も15,000名超えの活況

 

PHARM TECH JAPAN ONLINE

2019年6月度、月間閲覧ランキング

PHARM TECH JAPAN バックナンバー 2019年6月度 閲覧ランキング

 

ARTICLES

■医薬品原薬のQbDアプローチにおけるリスクアセスメントの事例紹介(サクラミル原薬を題材に)

-原薬プロセス開発における重要品質特性(CQA)、重要プロセスパラメータ

CPP)及び重要原料特性(CMA)の特定に向けた作業プロセスの提案(Part1)-

今井昭生、川島忠史、雲林秀樹、杉浦 大、長遠裕介、横山 誠

■医薬品の物性評価 Q&A 質問募集

日本薬剤学会物性FG

■対談 嶽北先生が訊く 再生医療のいまと未来(第2回)

再生医療製品の安全性と有効性 畠賢一郎氏×嶽北和宏氏

■無菌医薬品の製造に関する欧州ガイドライン

佐々木次雄

■凍結乾燥技術セミナー参加記

川崎英典

 

Study of GMP

■中小規模組織におけるQRMのインフラ整備(第20回)

FMEAの実際および評価結果の適切性の確認

柳澤徳雄

 

製剤技術

■【製剤と粒子設計】非晶質固体分散体の物理安定性および過飽和溶解の科学

川上亘作

 

その他

●行政ニュース

医薬分業の今後のあり方

 

News Topics

 

New PRODUCTS

 

World News Topics

ガイドライン関連、品質関連、警告書関連