じほうトップ > 雑誌 > PHARM TECH JAPAN > 最新号目次
2019年4月1日号

 

【発行形態】
発行:毎月1日
頁数:約150頁
1冊:2,000円(税別/送料別)
年間購読料(12冊):24,000円
(税別/送料当社負担)

定期購読のお申込み

無料試読サービス

広告掲載について

メールマガジンのお申込

メール便(送料150円、代金引換不可)での発送が可能です。
メール便での発送をご希望のかたは、ご注文内容確認画面で"メール便" を選択してください。(※到着まで若干の日数を要します)

最新号目次

ISPE日本本部 CONTAINMENT COP曝露リスク分科会曝露測定結果データベース

Pharmaceutical Equipment Exposure Measurement - Data Base』について

橋爪隆秀

ISPE日本本部 2018年度冬季大会レポート

杉浦明子、高橋誠司

ISPE日本本部 PVトレーニングセミナー 印象記

岸田宗己

■機器の表面 不要なメンテナンスを排除するために許容可能な状態を再定義する

Michael Mietzner Andrew Harris James Heimbach and Kevin Aumiller

(監修)川上浩司、(翻訳)米山哲司

■“PharmaED Cleaning Validation Summit 2018”参加報告

白木澤 治

■第9回製剤技師認定試験 問題と解説(応用編)

公益社団法人 日本薬剤学会 製剤技師認定委員会

■実践 医薬品特許調査の進め方(第10回)

  製剤特許(無効資料調査・前編)

徳重大輔

■薬剤系研究者が使える!有機化学(44

光化学反応を勉強しよう!(2

高橋秀依、夏苅英昭

■薬の名前 続:ステムを知れば薬がわかる(第12回)

内田恵理子、川崎ナナ、田辺光男、宮田直樹

■製剤研究者が注目する一押しトピック

■医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス財団ニュース(No.138

津田重城

 

REPORT

■第5回インターフェックス大阪

世界各国から16000名を超える関係者が集う一大イベントに

 

INTERVIEW

■4月から「シオノギファーマ」が本格稼働へ 連続生産設備を導入、

コストダウンに向けた新しい生産戦略へ 久米龍一社長に聞く

 

PHARM TECH JAPAN ONLINE

2019年2月度、月間閲覧ランキング

PHARM TECH JAPAN バックナンバー 2019年2月度 閲覧ランキング

 

ARTICLES

■経営者に向けた医薬品品質システム講座(その1)

寶田哲仁、櫻井信豪

■エーザイにおける連続生産を用いた固形製剤開発への取り組み

石本隼人

■シリーズ わが国におけるバイオ医薬製造技術の未来を考える

  バイオ生産戦略とNext Generation Factory

  第1回:バイオ医薬品と中外製薬

久保庭 均

■今さら聞けない「QbDって何?」(第3回)―医薬品品質保証のパラダイムシフト―

岡崎公哉

■医薬品工場の設計とトレンド(第3回)

医薬品合成原薬工場の設計とトレンド

水迫智宏

■医薬品の適切な技術移転の実施

  医薬品の適切な技術移転の実行に用いる「技術移転ワークシート」の活用例(第3回)最終回

  医薬品の適切な技術移転の実行に用いる「技術移転ワークシート」の活用例

  ―技術移転に必要なリソースの確保・確認から技術移転の実施・完了まで―

山﨑龍一、佐藤崇郁、中川知哉、橋爪裕也、橋本葭人、宮崎達也、宮崎雄太

■シリーズ GMP査察を巡る最近の話題(第6回)

製薬用水システムの管理

佐々木次雄

■次世代シーケンシングによるバイオ医薬品等のウイルス安全性評価(番外編1)

19回医薬品等ウイルス安全性シンポジウム参加報告

平澤竜太郎

 

Study of GMP

■中小規模組織におけるQRMのインフラ整備(第16回)

  リスクアセスメントの際のETAの利用

柳澤徳雄

 

製剤技術

■【製剤と粒子設計】ラマンスペクトル測定法のプレフォーミュレーション・製剤開発研究への応用

小嶌隆史

 

その他

●行政ニュース

製造販売業者のガバナンス強化等に関する薬機法等制度改正とりまとめ

 

News Topics

 

World News Topics

ガイドライン関連、品質関連、警告書関連