じほうトップ > 新聞・電子版 > THE MEDICAL & TEST JOURNAL



(MTJ)PDF閲覧サービスのご案内

新型コロナウイルスの感染再拡大を受け、ご購読者様向けの当面の対応として、MTJの直近の紙面をウェブ上で見られるようにいたしました。閲覧に必要なI D、パスワードは12月21日号以降の本紙に掲載しています。




臨床検査に関わる情報を迅速、的確にお伝えいたします。

医療サービス、医療提供体制、そして医療保険制度が大きく変動する時代。臨床検査もまた、変化を迫られています。診療の質向上にどう貢献するのか。AI時代の臨床検査はどうあるべきか。ゲノム検査の精度・品質はどう確保するのか。臨床検査専門医や臨床検査技師、検査センター、診断薬関連企業がこうした問いへの答えを求められています。
MTJは、臨床検査の「いま」を正しくとらえ、「これから」を考える上で役立つ情報をお伝えします。変動の時代に正しい情報は欠かせません。日々の検査業務にかかわる情報のみならず、政府施策や関連団体の動きまで情報満載でお届けします。




臨床検査の総合情報紙【MTJ】
毎月1日・11 日・21 日発行
タブロイド判(A3サイズ)
年間購読料:9,900円
(本体9,000円+税/送料当社負担)



定期購読のお申込み

無料試読サービス

広告掲載について

ご意見・お問い合わせ 

定期購読のお申込み

無料試読サービス

広告掲載について

ご意見・お問い合わせ 

定期購読のお申込み

無料試読サービス

広告掲載について

ご意見・お問い合わせ 

最新号(2021年4月11日 第1537号)

◆ゲノム医療推進の法案を了承
超党派議連 今国会成立を目指す

ゲノム医療の適切な推進を目指す超党派の議員連盟は3月31日、今国会での成立を目指すゲノム新法の法律案大綱(試案)を大筋で了承した。ゲノム医療施策の実施を国の責務に位置付け、政府が基本計画を策定し財政措置を講じると明記した。

[写真]尾辻会長はゲノム新法制定に意欲を示した
 

日臨技、精度保証460施設を認証
 現行制度の審査は最後

日本臨床衛生検査技師会はこのほど、精度保証施設認証制度の2020年度審査結果をまとめた。21~22年度の認証を受けたのは460施設(新規34、更新426)で、昨年度の認証分を合わせると計814施設となった。


◎NEWSヘッドライン◎
「新規感染2倍」想定し検査体制を 厚労省
日臨技認定7資格、12月に一斉試験 認定・更新を21年度再開へ
抗体保有、東京1.35%・愛知0.71% 昨年12月時点
臨地実習は患者・患者検体で 養成課程見直しで厚労省
卵巣がんマーカーを保険収載 中医協 血清「TFPI 2」を測定


> 過去の掲載内容はこちら

 
 


【MTJ概要】
● 年間購読料金 9,900円(本体9,000円+税/送料当社負担)
● タブロイド判新聞・オールカラー・8ページ 
● 毎月1日・11日・21日発行(3/31臨時増刊号・年1回)


         

※FAXやEmailでも、お申し込みを受け付けています。下記、申込用紙(PDF)をご利用ください。
 > 年間購読・無料試読の申込用紙(PDF)はこちら


■MTJ に関するお問い合わせはこちら
株式会社じほう 販売管理部
TEL:(03)3233-6333(平日9:30~17:00)
≫≫お問い合わせフォーム







MTJ Mail News(無料)のご案内 
MTJでは、無料のメールニュースでも「臨床検査の業界情報」を配信しています。
是非、下記リンクより詳細をご確認いただき、日々の情報収集にお役立てください。