じほうトップ > 新聞・電子版 > THE MEDICAL & TEST JOURNAL



臨床検査には関わる情報を迅速、的確にお伝えいたします。

医療サービス、医療提供体制、そして医療保険制度が大きく変動する時代。臨床検査もまた、変化を迫られています。診療の質向上にどう貢献するのか。AI時代の臨床検査はどうあるべきか。ゲノム検査の精度・品質はどう確保するのか。臨床検査専門医や臨床検査技師、検査センター、診断薬関連企業がこうした問いへの答えを求められています。
MTJは、臨床検査の「いま」を正しくとらえ、「これから」を考える上で役立つ情報をお伝えします。変動の時代に正しい情報は欠かせません。日々の検査業務にかかわる情報のみならず、政府施策や関連団体の動きまで情報満載でお届けします。


 

臨床検査の総合情報紙【MTJ】
毎月1日・11 日・21 日発行
タブロイド判(A3サイズ)
年間購読料:9,000 円
(税別・送料込み)



定期購読のお申込み

無料試読サービス

広告掲載について

ご意見・お問い合わせ 

定期購読のお申込み

無料試読サービス

広告掲載について

ご意見・お問い合わせ 

定期購読のお申込み

無料試読サービス

広告掲載について

ご意見・お問い合わせ 

最新号の掲載内容(2020年9月21日 第1515号)

日本医療検査科学会第52回大会 事前特集 VOL.1

日本医療検査科学会は10月1~31日、第52回大会をウェブサイトのオンデマンド形式で開催する。同学会は日本臨床検査自動化学会から2020年1月に学会名を変更。第52回大会は新名称で初めての大会となることから、テーマに「これからの臨床検査のあり方  ―日本医療検査科学会の幕開け―」を掲げた。

○大会長インタビュー
横田 浩充氏(慶應義塾大学病院 臨床検査技術室 室長)

○シンポジウムの聞きどころ
〔シンポジウム1〕分子病理検査と検体検査の連携
座長:郡司 昌治(名古屋第一赤十字病院細胞診分子病理診断部)
   村上 正巳(群馬大学大学院医学研究科)


〔シンポジウム2〕将来を見据えた卒前臨床検査技師教育の改革
座長:三村 邦裕(千葉科学大学危機管理学部)
   坂本 秀生(神戸常盤大学保健科学部)


〔シンポジウム3〕国際的なハーモナイゼーション時代を迎えたわが国の酵素活性測定法
座長:前川 真人(浜松医科大学医学部臨床検査医学講座)
   山舘 周恒(人間総合科学大学人間科学部)


〔シンポジウム4〕これからの生理学的検査 ~生理学的検査における検体検査データの活かし方~
座長:古川 泰司(帝京大学医学部)
   日高  洋(大阪大学)


〔シンポジウム5〕これからの血液学検査
座長:通山  薫(川崎医科大学検査診断学)
   常名 政弘(東京大学医学部附属病院検査部)

○企業共催セミナーの紹介
 

最新号の掲載内容(2020年9月21日 第1516号)

日本医療検査科学会第52回大会 事前特集 VOL.2

○技術セミナーの聞きどころ
〔第21回 科学技術セミナー〕
自動分析装置における反応タイムコースの基礎と活用事例

担当:藤本 一満(倉敷芸術科学大学生命科学部生命医科学科)
   大久保 滋夫(文京学院大学保健医療技術学部)

〔第21回 遺伝子・プロテオミクス技術セミナー〕
新型コロナウイルスSARS-CoV-2 RNA検査の基礎から実践まで
担当:村上 正巳
(群馬大学大学院医学系研究科臨床検査医学)
   糸賀  栄(かずさDNA研究所)

〔第76回 POCセミナー〕
検証!新型コロナウイルス感染症にPOCTは活用できたか?
~診療・検査現場の知られざる裏側~

【第76回POCセミナー実務委員】
木下 陽介
(山陰労災病院中央検査部)
福岡 京子(りんくう総合医療センター)
木下 真紀(天理よろづ相談所病院臨床検査部)
後藤 慎一(春日井市民病院臨床検査技術室)

〔第10回 血液検査機器技術セミナー〕
自動血球分析装置におけるスキャッターから判る異常細胞2020
司会:藤巻 慎一
(東北大学病院診療技術部検査部門検査部)
   井上 まどか(群馬大学医学部附属病院検査部)

〔第3回 微生物検査・感染症技術セミナー〕
新型コロナウイルス感染症の検査と感染管理
司会:高橋 聡
(札幌医科大学医学部感染制御・臨床検査医学講座)
   木村 由美子(長崎大学病院検査部)
基調講演:栁原 克紀(微生物検査・感染症委員会委員長)

〔第2回 医療情報技術セミナー〕
知っておきたい臨床検査データ解析のテクニック
講師:瀬戸山 大樹
(九州大学病院)
【医療情報委員会】
委員長   和田 隆志
(金沢大学理事/副学長)
副委員長 片岡 浩巳(川崎医療福祉大学)
副委員長 長原 三輝雄(北陸大学)

〔第1回 生理検査セミナー〕
「ISO 15189 認定施設に求められる生理機能検査の精度管理」
~認定取得施設の現状とこれからの生理機能検査へ向けて~

司会・進行:古川 泰司
(帝京大学医学部)

○2020年度 第27回論文賞/優秀演題賞 受賞に寄せて



NEWSヘッドライン
新型コロナの入院勧告、運用見直しへ アドバイザリーボード・WGで議論
医学検査学会が現地開催 オンデマンド配信は10月から
コロナ・インフル検査薬 米で緊急使用許可 ロシュ・ダイアが国内導入予定


> 過去号の掲載内容はこちら


【 年間購読・無料試読のお申し込み 】

 ● 年間購読料金 9,000円(税別・送料込み)
 ● タブロイド判新聞・オールカラー・8ページ (臨時増刊号/年1回)
 ● 毎月1日・11日・21日発行(郵便でお届けします)



         

※FAXでのお申込も受け付けております。下記申込書をダウンロードください。
 > FAX用の申込書はこちら


【 MTJ に関するお問い合わせ 】
  株式会社じほう 販売管理部
  TEL:(03)3233-6333(平日9:30~17:00)
  お問い合わせフォームはこちら





◇ MTJ Mail News(無料)のご案内    

MTJでは、無料のメールニュースでも「臨床検査業界情報」を配信しています。
是非、下記リンクより詳細をご確認いただき、日々の情報収集にお役立てください。