じほうトップ > 新聞・電子版 > THE MEDICAL & TEST JOURNAL

2020年4月1日 第1498号

◆標準化から「品質保証」へ
 日臨技、制度見直しの検討進む

日本臨床衛生検査技師会と日本臨床検査標準協議会が運営する精度保証施設認証制度の審査結果がこのほどまとまり、354施設が2020~21年度の認証を4月1日付で受ける。前年度審査分を合わせると計851施設となった。

トピックス

<インタビュー>診療報酬改定2020を読み解く
日本臨床微生物学会の大塚氏と日本輸血・細胞治療学会の奥田氏に、各学会の要望内容と改定結果に対する評価、さらに22年度改定でも重視する項目などについて解説してもらった。

○薬剤耐性菌検出など重点要望実現へ 不要な検査減らす算定要件見直しも
大塚 喜人 氏
日本臨床微生物学会 診療報酬検討委員会 副委員長

○同種クリオ作製術、新設は「福音」 
「新設」管理料は要望を継続へ
奥田 誠 氏
日本輸血・細胞治療学会 保険委員会委員

NEWSヘッドライン

  • サブスペ専門医研修、21年度開始へ 内科の連動研修は8領域
  • 国試合格率71.5%、新卒は83.1% 第66回 過去10年で2番目の低さ
  • ALP・LD測定法変更の周知を 厚労省3課が事務連絡
  • ビオメリュー、4~9月に申請 新型コロナの検査試薬を開発
  • MBSと塩野義 新型コロナ検査キットで提携協議


2020年3月31日号【臨時増刊】1497号

 診療報酬改定2020特集 
総ざらい! キーパーソンはこう見る


2020年度の診療報酬改定の新点数、施設基準などが決まり、4月から実施される。改定に際し、各種の提案・要望を行った検査関連学会・団体は20年度改定をどう評価しているのか。関係者の受け止めや今後の展望などをインタビューと寄稿を通じて紹介する。(編集部)

●編集部解説
影響は軽微か、見えた課題も


●インタビュー
採血増点は一定評価 
超音波検査は2年後に関心
山本 幸治 氏

日本臨床衛生検査技師会 診療報酬対策委員会委員長

評価項目少なく、厳しい改定 採血料は5点増、一物二価は解消へ
古川 泰司 氏

日本臨床検査医学会 臨床検査点数委員会委員長
日本臨床検査専門医会 保険点数委員会委員長

病理診断加算、医師要件見直しを評価 状況改善求める項目も
佐々木 毅 氏

日本病理学会 社会保険委員会委員長

●診療報酬改定2020を読み解く!!
中医協答申書から読み取る臨床検査領域の影響
江川  洋 氏

日本衛生検査所協会 会長

臨床検査薬業界への影響と今後の課題
福永  健一 氏

日本臨床検査薬協会 常務理事

●診療報酬改定2020検査室に聞く!!
安城更生病院
影響は0.04%のマイナス 対策は複合的に

 

お知らせ

「2020年医学会・研究会等開催一覧(上期)ポスター」*2019年10月21日号付録
↑クリックすると見本が表示されます。

◆新規購読特典◆
新規にご購読をお申込みの方には、こちらのポスターを進呈します。

【MTJ】について

【MTJ】年間購読料金 9,000円(税別・送料込み)

タブロイド判新聞・オールカラー・8~16ページ(臨時増刊号/年1回)
毎月1日・11日・21日発行(郵便でお届けします)

 無料試読受付中! 2号分を無料でお送りいたします
お申し込みはこちら ≫≫ 無料試読申込書(PDF)

 購読申込みはこちら (年間購読料金 9,000円/税別・送料込み)
お申し込みはこちら ≫≫ 購読申込書(PDF)

◆メルマガ(無料)会員募集中◆
【MTJ】の発行日にあわせてトピックスをメールでお知らせしています
メルマガ申込フォーム

■購読に関するお問い合わせ
株式会社じほう 販売管理部
TEL:(03)3233-6333(平日9:30~17:00)