月刊薬事

月刊薬事 2021年12月号(Vol.63 No.16)

月刊薬事 2021年12月号(Vol.63 No.16)

●特集 一歩進んだ管理・予防・治療を実践!脳卒中の薬の使い方
 
企画:橋本洋一郎(熊本市民病院脳神経内科 首席診療部長)
 
近年の厚生労働省の統計によると、わが国での脳血管疾患による死亡率は減少傾向にあります。そのなかで、治療は複雑化しており、医療者は脳卒中の各薬剤の選び方、使い方を熟知し、治療・予防に貢献することが求められています。また、日本脳卒中学会から、2021年7月に最新のエビデンスを反映した「脳卒中治療ガイドライン2021」が発刊されました。
本特集では、ガイドラインの要点や改訂のポイントを踏まえ、最新の脳卒中の治療戦略を紹介します。

  • 詳細
  • 最新号立ち読み
  • Back Number
  • 定期購読のお申込み

調剤と情報

調剤と情報 2021年12月号(Vol.27 No.16)

調剤と情報 2021年12月号(Vol.27 No.16)

●特集 この2年間を総ざらい! COVID-19 対応ガイド
 
新型コロナウイルスによる新型肺炎(COVID-19)が世界を席巻してから、約2年が経過。幾度も感染の波が押し寄せ、変異株も多々出現し、医療現場ではその都度対応に追われました。また、真偽不明な情報にも振り回された2年間でした。そこで本特集では、この2年間でCOVID-19についてわかっていることを総ざらい。患者や地域住民への情報提供、地域での薬剤師活動などにお役立てください!

  • 詳細
  • 最新号立ち読み
  • Back Number
  • 定期購読のお申込み

PharmTechJapan

PHARM TECH JAPAN 2021年12月号(Vol.37 No.15)

PHARM TECH JAPAN 2021年12月号(Vol.37 No.15)

●デジタルデバイスとAIを融合した新しいクスリの形
12月号の好評連載「デジタルトランスフォーメーションで変わる医療」では、デジタルデバイスが個人の健康状態をとらえられる可能性や新たな診断薬となりうる可能性を探るべく、一般住民に対するデジタルデバイスを用いた計測事例を紹介しています。また、「アデノ随伴ウイルス(AAV)ベクターを用いた遺伝子治療」について、免疫反応が有効性・安全性に及ぼす影響を考察する記事など、先端技術に関する情報を掲載しています。

 

  • 詳細
  • 最新号立ち読み
  • Back Number
  • 定期購読のお申込み