月刊薬事

月刊薬事2019年6月号(Vol.61 No.08)

月刊薬事2019年6月号(Vol.61 No.08)

●特 集 予防とケアがよくわかる がん治療の皮膚・粘膜障害
 
企画:平川 聡史(浜松医科大学光尖端医学教育研究センター)
松井 礼子(国立がん研究センター東病院薬剤部)
 
がんの薬物療法や放射線療法に伴う皮膚・粘膜障害は、患者のQOLを低下させ治療の妨げとなるため、症状(部位や程度)にあわせた丁寧な介入が求められます。そのため、がん患者に関わる薬剤師は、近年目まぐるしく変化しているがん治療にあわせて皮膚・粘膜障害へのアプローチについても必要な知識を備えておかなければなりません。
本特集では、がん治療の現状をふまえ、皮膚・粘膜障害への予防やケア、セルフケアのポイント(患者へのアドバイス)などを症状別に解説します。

  • 詳細
  • 最新号立ち読み
  • Back Number
  • 定期購読のお申込み

調剤と情報

調剤と情報2019年6月号[vol.25 No.08]

調剤と情報2019年6月号[vol.25 No.08]

特集 脂質異常症治療の最前線を追え!
 
近年、高LDLコレステロール血症に対する強力な治療薬であるPCSK9阻害薬や、高い選択性を有した高トリグリセライド血症治療薬PPARαモジュレーターの発売が開始されました。さらにスタチン・フィブラート併用療法の原則禁忌が解除され、『スタチン不耐に関する診療指針2018』が発表されるなど、薬物療法も見直されつつあります。
本号では脂質異常症の病態と治療薬に加え、最新の治療方針や、生活・栄養指導についても解説。脂質異常症に関する基本的な知識と、薬物療法の最前線の知見を同時に学びましょう!

 

  • 詳細
  • 最新号立ち読み
  • Back Number
  • 定期購読のお申込み

PharmTechJapan

PHARM TECH JAPAN 2019年6月号[Vol.35 No.08]

PHARM TECH JAPAN 2019年6月号[Vol.35 No.08]

ドラフトガイダンスに示された連続生産に関するFDAの要求
 
 今月号の巻頭記事では、2019年2月26日付で米国FDAが発出した、連続生産における品質面での考慮事項を示したドラフトガイダンス、その要求事項はどういったものか、ガイダンス全体にわたってポイントを解説しています。
 また、本年7月に開催される第21回インターフェックスジャパンのポイントや、併催セミナーの見どころなどを特集していますので、来場に際しての事前情報整理にお役立てください。

  • 詳細
  • 最新号立ち読み
  • Back Number
  • 定期購読のお申込み