月刊薬事

月刊薬事2019年4月号(Vol.61 No.05)

月刊薬事2019年4月号(Vol.61 No.05)

●特 集1 抗菌薬関連下痢症の主役! クロストリディオイデス(クロストリジウム)・ディフィシル感染症
 
企画:松元一明(慶應義塾大学薬学部薬効解析学講座 教授)
 
 クロストリディオイデス(クロストリジウム)ディフィシル〔Clostridioides(Clostridium)difficile;C. difficile〕は医療関連感染の原因菌として最も多くみられる嫌気性菌です。その感染症(CDI)は下痢を主症状として、特に抗菌薬使用時に発症し、再発や難治化することもあり、重症化すると死に至ることもあります。
 近年、新たな治療薬(フィダキソマイシン)、再発抑制薬(ベズロトクスマブ)が相次いで発売され、さらにプロバイオティクス製剤のデータも蓄積されつつあり、CDIの診療が変わりつつあります。
 本特集では2018年に発表されたCDI診療ガイドラインに中心的に携わった執筆者が、ガイドラインのエッセンスにとどまらず、最新情報についてもわかりやすく解説します。
 
●特 集2 抗がん薬曝露対策のTip and TrickBeyond the Guideline
 
企画:野村久祥(国立がん研究センター東病院薬剤部)
 
近年、抗がん薬による健康への影響が注目され、各国でガイドラインやガイダンス、指針などが公表されています。わが国においても2015年に日本がん看護学会、日本臨床腫瘍学会、日本臨床腫瘍薬学会から「がん薬物療法における曝露対策合同ガイドライン2015年版」が発刊され、多くの施設でより安全な抗がん薬の準備、調製、投与が行われるようになってきました。発刊から4年たった今年2月には改訂版ガイドラインが「がん薬物療法における職業性曝露対策ガイドライン2019版」として発刊されました。
 本特集では、ガイドライン作成に携わったエキスパートにガイドラインの概要や変更点、また各施設で取り組みにくいメディカルサーベイランスやガイドラインには記載のない現場での患者に対する曝露指導などについて解説いただきます。さらに、ガイドラインには掲載することができなかった、曝露対策に関する最新の機器や対策についても解説いただきます。

  • 詳細
  • 最新号立ち読み
  • Back Number
  • 定期購読のお申込み

調剤と情報

調剤と情報2019年4月号[vol.25 No.05]

調剤と情報2019年4月号[vol.25 No.05]

特集 まずはここから!子どもの副作用
 
小児は発達過程にあることから薬物動態や薬効の効き方などが成人と異なり、小児特有の副作用が散見されます。そこで、本特集では子どもに特徴的な副作用を取り上げ、小児薬物療法における副作用の特徴から薬剤別にみた副作用とその対応、小児の薬疹について解説いただきます。子どもの副作用について、まずはここからしっかり押さえましょう!

  • 詳細
  • 最新号立ち読み
  • Back Number
  • 定期購読のお申込み

PharmTechJapan

PHARM TECH JAPAN 2019年4月号[Vol.35 No.05]

PHARM TECH JAPAN 2019年4月号[Vol.35 No.05]

●新連載「経営者に向けた医薬品品質システム講座」が開始!
 
4月号より、PMDAの寶田哲仁氏、櫻井信豪氏による新連載がスタートします。GMP省令改正案でも重要ポイントとされている「医薬品品質システム」の構築について、特に経営層に向けたわかりやすい内容でまとめていただいています。
また、「バイオ生産戦略とNext Generation Factory」として中外製薬のバイオ生産戦略を紹介いただく連載も開始。自社の戦略構築の参考情報として、ぜひご覧ください。

  • 詳細
  • 最新号立ち読み
  • Back Number
  • 定期購読のお申込み