月刊薬事

月刊薬事2020年4月号(Vol.62 No.05)

月刊薬事2020年4月号(Vol.62 No.05)

●特集 日米欧のエビデンスで吟味する 糖尿病治療薬の選択
 
企画:岩岡 秀明(船橋市立医療センター代謝内科)
 
糖尿病治療を実施・継続するうえでエビデンスに基づいた治療、および薬剤選択は欠かせません。そのためには、国という枠組みを超えてエビデンスレベルの高い治療について知る必要があります。本特集では、糖尿病治療薬の数ある選択肢のなかからエビデンスに基づいた薬剤選択ができるよう、欧米のガイドラインやエビデンスとわが国の糖尿病治療についてエキスパートがわかりやすく解説します。

  • 詳細
  • 最新号立ち読み
  • Back Number
  • 定期購読のお申込み

調剤と情報

調剤と情報2020年4月号[vol.26 No.05]

調剤と情報2020年4月号[vol.26 No.05]

●特集 薬局・薬剤師発の費用対効果評価とは?
    安全性・有効性の、さらに一歩先
 
近年、薬局には調剤業務のエビデンスづくりが求められ、お薬手帳や薬歴を活かした一元的・継続的な服薬管理による重複投薬や相互作用の防止、残薬削減などが徐々に報告され、それに伴う薬局の医療経済的な効果も話題にあがってきている。
本特集では、薬の安全性・有効性の次のステップとして、医療経済の視点から薬局に求められる調剤業務の考え方をキーワード別に紹介するとともに、話題のフォーミュラリーなどについても取り上げている。

  • 詳細
  • 最新号立ち読み
  • Back Number
  • 定期購読のお申込み

PharmTechJapan

PHARM TECH JAPAN 2020年4月号[Vol.36 No.05]

PHARM TECH JAPAN 2020年4月号[Vol.36 No.05]

新連載「封じ込め設備の運用に関するいくつかの話題~PIC/S査察官用備忘録およびUSP<800>の視点から~」がスタートする。本連載では、従来あまり取り上げられてこなかった封じ込め設備の運用に関連する話題について、グローバルな視点でお届けする。
また、「製剤技師認定試験 問題と解説」の連載が今年も4月号から始まる。第10回目を迎えた認定試験の問題を、ていねいに解説する。

  • 詳細
  • 最新号立ち読み
  • Back Number
  • 定期購読のお申込み