月刊薬事

月刊薬事2016年10月号(Vol.58 No.13)

月刊薬事2016年10月号(Vol.58 No.13)

     ●特集 副作用情報を収集・活用する!
 
    企画:眞野成康、小原 拓(東北大学病院薬剤部)
 
 チーム医療のなかで医療安全の要の役割を担う薬剤師。治験では医薬品の限られた情報しか得られないため、市販後に薬剤師がどのような形で医薬品安全性情報を収集・活用するかが大切です。本特集では国内外における副作用情報の収集・評価の仕組みを紹介したうえで、薬剤師が臨床で副作用情報を収集したり副作用データベースを用いたりする際のポイントを詳しく紹介。DI担当者はもちろんのこと、病棟薬剤師も頭に入れておきたい情報が詰まっています。

 

  • 詳細
  • 最新号立ち読み
  • Back Number
  • 定期購読のお申込み

調剤と情報

調剤と情報2016年10月号[vol.22 No.13]

調剤と情報2016年10月号[vol.22 No.13]

●特集 取得にチャレンジ! 現場で活かせる認定資格

 さまざまな認定薬剤師・専門薬剤師が各フィールドで活躍しています。薬局薬剤師のなかにも外来がん治療認定薬剤師や緩和薬物療法認定薬剤師として、高度な薬物療法に貢献するスペシャリストが増えています。また、地域医療ではスポーツファーマシストや骨粗鬆症マネージャーが積極的な啓発活動を行い、地域住民の健康増進・疾病予防に貢献しています。
 本特集では、そんな認定を活かして活躍する薬局薬剤師の声をピックアップして紹介。認定取得のポイントとなる症例作成と学会発表のコツ、さらには薬局薬剤師が取得できる主な認定資格の情報を合わせてお届けします。
 

  • 詳細
  • 最新号立ち読み
  • Back Number
  • 定期購読のお申込み

PharmTechJapan

PHARM TECH JAPAN 2016年10月号[Vol.32 No.12]

PHARM TECH JAPAN 2016年10月号[Vol.32 No.12]

10月号では、「医薬品包装の最新動向」として、TOKYO PACK 2016のみどころや医薬品包装に関するWorld News Topics、日本包装技術協会の第138回医薬品包装懇話会の取材レポートなど、医薬品包装に関する話題を特集しています。

また、昨今話題に上ることが多いGDPについて、「GDPが取りざたされている背景」、「医薬品流通の現状認識」、「PIC/S GDPの要点」を軸に解説を行っています。

  • 詳細
  • 最新号立ち読み
  • Back Number
  • 定期購読のお申込み