抗がん薬曝露対策ファイル

立ち読み

抗がん薬曝露対策ファイル

NHOネットワーク共同研究参加32施設からの提言

商品コード 50974
編著 NHO「HDの安全な取り扱い」の概念構築研究班/編
判型 B5判
発行日 2018年7月
ページ 192頁
定価(税込) ¥3,024
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 関連商品

内容

●抗がん薬、ハザーダス・ドラッグ(HD)を正しく怖がるための必読書

●3年に及ぶ研究の集大成。自施設で活かせる!抗がん薬曝露対策のヒントがここに!

抗がん薬を取り扱う医療従事者は、その曝露から身を守るために対策を講じなければなりません。欧米では早いうちからその認識が広まり、ガイドラインが策定され、近年では抗がん薬を含む「ハザーダス・ドラッグ(HD)」の適正な取り扱いについて法制化する動きも出てきています。わが国でもここ数年でガイドラインが作成されるなど、曝露対策への取り組みの機運が本格的に高まってきています。

本書は、国立病院機構(NHO)ネットワーク共同研究「多施設共同抗がん薬曝露実態調査と医療従事者の安全確保のための『Hazardous Drugsの安全な取り扱い』の概念構築」の研究班〔全国32施設(代表9施設)〕の3年間にわたる研究・調査の結果をもとに、どのような対策がどのような成果につながったかを解説した事例、曝露対策の基本知識、理解しておくべきQ&Aを一冊にまとめたものです。抗がん薬曝露対策を現場目線で後押しする必読書です。

▲ページの先頭へ


関連商品

  • 抗がん薬調製マニュアル 第3版
  • 東洋医学おさらい帳
  • 抗菌薬おさらい帳
  • 経口抗がん薬ハンドブック
  • がん緩和ケアのフィジカルアセスメント
  • 抗がん薬おさらい帳
  • ケーススタディで学ぶ がん患者ロジカル・トータルサポート
  • がん薬物療法マネジメントブック
  • さあ はじめよう!がん患者サポート
  • がん患者の「知りたい」がわかる本
  • 臨床の疑問に答える がん薬物療法アップデート
  • がん必須ポイント 第3版

▲ページの先頭へ