がん化学療法ワークシート 第5版

立ち読み

がん化学療法ワークシート 第5版

商品コード 52770
編著 池末 裕明、伊藤 善規、大石 了三/編
判型 B5判
発行日 2020年4月
ページ 480頁
定価 ¥5,200 +税
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 目次
  • 関連商品

内容

●がん種と副作用をコンパクトに解説。
●がん薬物療法に必要な知識がぎゅっと詰まった1冊!
●付録ワークシートは専用サイトよりダウンロードして、患者説明、医療者間の情報共有にご活用ください!
 
・がん種ごとに治療を、副作用ごとに対策をコンパクトに解説!
がん治療を安全に、そしてより効果的に施行するためには、治療と副作用の知識が不可欠です。本書では、12種類のがんについて、その特徴や標準治療、治療に使用される薬剤について解説しています。また、副作用ごとにその予防と対策を解説。さらに最新の知見をエビデンスとしてちりばめ、なぜその薬剤・レジメンが選択されるのかをわかりやすく紹介しています。
 
・付録「服薬指導シート」で患者説明も充実!
より安全な治療のためには、患者にもチーム医療に参加してもらい、積極的に副作用対策に協力してもらう必要があります。そこで、本書付録ワークシートの「服薬指導シート」を併せて活用ください。
「服薬指導シート」は抗がん薬の投与日にはイラストを、各副作用の発現が予想される日には色をつけているため、患者にも自身の治療の流れがわかりやすいと評判です。また副作用が発現した際には患者自身でチェックを書きこめるため、医療従事者も個人差のある副作用発現状況が把握でき、次回治療にも役立てられます。「服薬指導シート」は全180種類のレジメンに対応しています。ぜひ、患者の積極的な治療参加のツールとして、お役立てください。この他、投与量や必要な検査がチェックできる「処方チェック・副作用モニタリングシート」など医療者に便利なワークシート付き。日常業務にお役立てください。
 
※専用サイトよりダウンロードする本書付録ワークシートは、Microsoft Office Excel 2016(.xlsx)およびMicrosoft Office Excelマクロ(97-2003 .xlsマクロまたは2019 .xlsm)を使用して作成しています。その他の環境(バージョン)で使用される場合の動作保証はしかねますので、あらかじめご了承ください。

▲ページの先頭へ

目次

第1章 がん化学療法ワークシート作成方法
第2章 各種がんの治療戦略と化学療法レジメン別ワークシート
1 概説
2 頭頸部がん
3 肺がん
4 食道がん、胃がん
5 大腸がん
6 肝がん、胆道がん、膵がん
7 乳がん
8 子宮がん、卵巣がん
9 骨・軟部腫瘍
10 泌尿器がん
11 皮膚がん
12 造血器腫瘍
 
第3章 副作用対策
1 がん化学療法の開始にあたって
2 血管外漏出および血管障害
3 過敏症、アナフィラキシー、インフュージョンリアクション
4 白血球および好中球減少
5 赤血球減少および血小板減少
6 悪心・嘔吐
7 口内炎
8 下痢
9 腎障害・膀胱障害・タンパク尿
10 心毒性
11 高血圧・静脈血栓塞栓症
12 末梢神経障害
 
付録
付録 1 がん情報の収集に役立つ国内外のホームページ
付録 2 本書で使用する略語・名称一覧
付録 3 抗がん薬の分類
付録 4 抗がん薬一覧(作用分類別)
付録 5 付録ワークシートの使い方

 

 

※訂正情報

2020年4月7日

▲ページの先頭へ


関連商品

  • がん緩和ケアのフィジカルアセスメント
  • フローチャート抗がん薬副作用
  • がん必須ポイント 第4版
  • 整理して理解する抗がん薬
  • 抗がん薬調製マニュアル 第4版
  • 逸脱症例から学ぶ がん薬物療法
  • イラストでよくわかる がん治療とサポーティブケア 第2版
  • 臨床腫瘍薬学
  • 抗がん薬曝露対策ファイル
  • 抗がん薬おさらい帳
  • ケーススタディで学ぶ がん患者ロジカル・トータルサポート
  • がん薬物療法マネジメントブック

▲ページの先頭へ