化粧品・医薬部外品 安全性評価試験法

立ち読み

化粧品・医薬部外品 安全性評価試験法

動物実験代替法のすべてがわかる

商品コード 46199
編著 小島 肇夫/著
判型 B5判
発行日 2014年7月
ページ 140頁
定価 ¥8,000 +税
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 目次
  • 関連商品

内容

 本書は、化粧品企業・公的研究機関で長らく安全性評価に従事してきた著者の経験にもとづいた技術的なポイントやノウハウをまとめた書です。欧州連合(EU)域内では2013年3月11日から動物実験を用いて開発された化粧品の販売が全面禁止となっており、現在、動物実験代替法の開発が世界的に加速しています。本書は代替法などを含めて最新かつ科学的な安全性評価試験法について詳細に解説しています。

▲ページの先頭へ

目次

 総論

1.        安全性評価の考え方
2.        安全性評価試験法
3.        バリデーション
4.        バリデーションセンター
5.        構造活性相関
6.        AOPとIATA
7.        化粧品・医薬部外品の安全性評価に活用するためのガイダンス
 
各論
1.        ウサギを用いる眼刺激性試験
2.        実験動物を用いない眼刺激性評価
3.        実験動物を用いる皮膚一次刺激性試験
4.        実験動物を用いない皮膚一次刺激性評価
5.        パッチテスト
6.        実験動物を用いる連続皮膚刺激性試験
7.        光毒性試験
8.        皮膚感作性試験-1(Local Lymph Node Assay:局所リンパ節試験)
9.        皮膚感作性試験-2(モルモットを用いる試験)
10.    光皮膚感作性試験
11.    単回投与毒性試験―経口―
12.    動物を用いない単会投与毒性試験
13.    反復経口投与毒性試験
14.    経皮投与毒性試験―単回・反復―
15.    遺伝毒性試験―組み合わせ―
16.    遺伝毒性試験―エイムス試験―
17.    遺伝毒性試験―哺乳類の培養細胞を用いる試験―
18.    遺伝毒性試験―げっ歯類を用いる小核試験―
19.    生殖発生毒性試験
20.    経皮吸収試験(in vivo)
21.    経皮吸収試験(in vitro)
22.    経皮吸収と安全性評価
略語表

▲ページの先頭へ


関連商品

  • 化粧品企業が知っておくべきGMPとFDA査察の実際
  • グローバル化する医薬品開発
  • 図解で学ぶ化粧品GMP 第3版
  • 知っておきたい英単語・英語表現 第2版

▲ページの先頭へ