がん緩和ケアの薬の使い方

立ち読み

基本的知識と症例から学ぶ

がん緩和ケアの薬の使い方

アセスメント・処方提案の考え方が身につく

商品コード 52008
編著 岡本 禎晃、荒井 幸子/編
判型 B5判
発行日 2019年6月
ページ 200頁
定価 ¥3,200 +税
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 目次
  • 序文
  • 関連商品

内容

●痛み、悪心、便秘、倦怠感、せん妄、高Ca血症、不安・うつ…よくある症状・訴えのマネジメントに自信がつく

●緩和ケアのエキスパート薬剤師が教える正しいアセスメントと薬の処方提案

●基本的知識+症例の構成だから初学者の学びにもベテランのブラッシュアップにも役立つ

 

吐き気にメトクロプラミド、便秘に酸化マグネシウム…そんなパターン化した処方を提案していませんか? 緩和ケアの薬を正しく使いこなすには、正しいアセスメントが肝心です。

本書は、がん患者のさまざまな苦痛症状に対する緩和薬物療法をテーマに、エキスパート薬剤師が基本的知識をわかりやすく解説。豊富な症例を通じてアセスメントのポイントや処方提案の実際を教えます。知識だけでなく、臨床で本当に使える力が身につく1冊です。

▲ページの先頭へ

目次

痛みシリーズ
Lesson1 軽度の痛みに対応する 宗像千恵/龍 恵美
Lesson2 オピオイドの導入と患者・家族への対応 千原里美
Lesson3 オピオイドが必要な持続する痛みに対応する 大矢浩之/藤本英哲/佐野元彦
Lesson4 突出痛に対応する 岡本禎晃
Lesson5 オピオイドが効きにくい痛みに対応する 久原 幸/佐々木理絵
Lesson6 スペシャルポピュレーションに対応する 国分秀也

その他の症状シリーズ
Lesson7 悪心・嘔吐に対応する 村井 扶
Lesson8 便秘に対応する 槇原洋子/池末裕明
Lesson9 全身倦怠感・食欲不振に対応する 伊勢雄也
Lesson10 せん妄に対応する 宮部貴識/所 昭宏
Lesson11 不安・抑うつに対応する 田中育子/中嶋真一郎
Lesson12 高カルシウム血症に対応する 矢野琢也
Lesson13 苦痛緩和のための鎮静 嶽小原 恵/池永昌之

▲ページの先頭へ

序文

  近年、緩和ケア、緩和医療を取り巻く状況は大きく変わりつつある。1つは、在宅医療の推進である。在宅医療はがんに限ったことではないが、在宅緩和ケアという余命の限られた患者さんの在宅医療はそれ特有の問題がある。

 次に、新薬の登場である。本書にも記載しているが、ここ数年でオピオイドをはじめとする緩和ケアで使用する薬剤が多数発売になった。このことは治療の向上につながるが、一方では多くの医薬品の特徴を熟知し、使い分け、より早く、正確な症状緩和の均てん化が求められる。
 3つ目は薬剤師を取り巻く環境の変化である。病院においては、病棟薬剤業務実施加算の新設、がん患者指導管理料3の新設、緩和ケア診療加算の見直しなど、保険薬局においては薬局そのものの機能分化やかかりつけ薬局からかかりつけ薬剤師へのシフトなど、診療報酬に関わる変化が多くなっている。
 このようななかで、社会や診療報酬がどのように変化しようとも、緩和ケアにおいて薬剤師の役割は、早期の症状緩和、スピリチュアルペインへの対応、家族ケア、医療連携とブレることはない。これらのスキルをいち早く身につけて、高めることが必須である。
 しかし、スキルを身につけることは容易ではない。身近に適切な指導者がいる場合を除いては、多くの書籍を読まなければならない。緩和ケア関連の書籍は多く存在するが、医師が医師のために書いたものであったり、看護師向けのものであったりする。薬剤師向けの書籍の多くは、薬を薬理学的視点から解説したものが多い印象である。
 そこで本書のコンセプトは、処方提案のできる薬剤師になるために、症状や薬剤の解説とともに、経験豊富な著者陣が仮想症例を提示して読者に処方提案などを考えてもらい、可能なら同僚の方々とディスカッションができればと考えて作成した。薬の選択の根拠はエビデンスや薬理作用だけでなく、患者背景や家族背景などさまざまな要因がある。よって、実際に即した内容となるように著者一同工夫した。
 本書は現在、第一線で緩和ケアを実践している薬剤師の知識の整理や後進育成のためのテキストとして、また、これから緩和ケアを実践する薬剤師の手引きとして、さらには、緩和薬物療法認定薬剤師を目指す薬剤師にとっても有用なものとなるように編集した。内容は可能な限り最新の薬剤の情報と、ガイドラインの内容を盛り込んでいるが、日々進歩する医療のなかでは、常に最新の添付文書の確認や、新たに出版されたガイドラインを併用してご活用いただきたい。
 今後はさらに良いものに改訂したいと考えていることから、読者諸氏からの忌憚のないご意見を出版社へお寄せいただければ幸いである。
 
岡本禎晃
荒井幸子

▲ページの先頭へ


関連商品

  • 緩和医療薬学問題集
  • 薬局・薬剤師のための 在宅緩和ケアスタートアップガイド
  • がん疼痛緩和ケア 第2版
  • 緩和医療実践問題集

▲ページの先頭へ