しくじり処方提案

立ち読み

しくじり処方提案

薬物治療のよくある落とし穴

商品コード 54248
編著 花井 雄貴/編著
判型 A5判
発行日 2022年3月
ページ 320頁
定価 ¥3,850(税込)
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 目次
  • 序文
  • 関連商品

内容

●先輩の失敗から学ぶ、見落としがちな薬物治療の考え方
 
新人薬剤師に限らず、知識や経験不足が原因で陥ってしまう失敗は誰にもあります。失敗は成長の糧ですが、避けられる失敗は避けたいものです。それには、先輩の失敗事例から同じ轍を踏むことのないよう学びや知識を得て備えることが大切です。
本書では、臨床経験豊富な先輩薬剤師が自身や後輩が経験した処方提案での失敗事例に焦点を当て、見落としがちな薬物治療や投与設計についての考え方を解説しています。

▲ページの先頭へ

目次

Introduction 
「しくじり処方提案」をしないために──いまこそ必要な薬学的視点に基づく症例へのアプローチを身につけよう!
 
第1章 よくある疾患・病態でのしくじり
Case 1循環器疾患
eCCr50mL/分以上なので、どのDOACも通常用量で投与できます?
Case 2精神疾患
BZP誘導体の副作用では長時間型から中間型か短時間型に変更しましょう?
Case 3代謝性疾患
既往に心不全はないのでピオグリタゾンを投与しても大丈夫です?
Case 4呼吸器疾患
患者さんが「使い方は完全に理解できている」と言っているので問題ありません?
Case 5泌尿器疾患
前立腺肥大症に対する抗コリン薬の使用は尿閉リスクが高まるので中止しましょう?
Case 6消化器疾患
錠剤がうまく飲み込めない患者でのメサラジン錠の粉砕は割線があるから可能です?
Case 7皮膚疾患
デブリードマン後も補水性の基剤を継続しましょう?
Case 8がん(抗がん薬治療)
カペシタビンの投与量は添付文書の記載どおりなので大丈夫です?
Case 9がん(緩和ケア)
オピオイド換算表で同換算でのオピオイドスイッチングで大丈夫です?
Case 10 感染症(抗菌薬)
腎機能は悪くないのでタゾバクタム/ピペラシリンにバンコマイシンを併用しても大丈夫です?
Case 11感染症(抗真菌薬)
肝機能正常だからボリコナゾールを静注しても大丈夫です?
 
第2章 よくある患者背景・シチュエーションでのしくじり
Case 12腎機能評価
eGFRに加えて念のためCCrも確認してみましょう?
Case 13救急・集中治療
起因菌不明なのでピペラシリン/タゾバクタムで広域にカバーしましょう?
Case 14周術期
肥大型心筋症患者のβ遮断薬は術前に中止しましょう?
Case 15低栄養患者
低栄養患者なので初期から高エネルギーを投与しましょう?
Case 16小児・新生児
(3.7kgの児に)800mLの補液で溶解して投与してください?
Case 17妊娠・授乳婦
添付文書では有益性投与なので大丈夫です?
Case 18高齢者
服薬管理を患者の妻が行うよう、教育的指導を行います?
Case 19医薬品情報業務

ビーフリード®はカルペリチド注と同一静脈ラインから投与しても大丈夫です? 

▲ページの先頭へ

序文

しくじり症例に学ぼう!
 
近年、病院や保険薬局の薬剤師業務には従来よりもいっそう臨床的な視点や判断が求められるようになっています。そのため、これまでの大学での薬物治療教育の拡充によって、新人薬剤師は薬物治療の知識を従来よりも多く学んだ状態で医療現場に進出できるようになりました。しかしながら、実際に現場へ出たときに「自分は何ができるのか?」、「何をするべきか?」という悩みに直面し、努力したわりには薬物治療に十分関われず、不完全燃焼になってしまうことは少なくないと思います。そうならないためには、早い段階から多職種とスムーズに連携するためのコミュニケーション能力と、薬剤師の視点での薬物治療の合理的な評価・判断能力を養うことが必要です。そして、これらの能力や視点を身につけるための最善の方法は、症例報告ベースの教育の反復訓練です。
現在では、適切な薬物治療の選択はエビデンスに基づいて議論する(evidence based medicine;EBM)という考え方が広く受け入れられています。しかし、EBM学習を行う際には、仮想あるいは理想の平均的患者集団に基づく薬物治療の評価と議論で満足してはいけません。治療を受けるのは、しばしば平均的ではない患者です。そのため、目の前の患者の特性を見極め、適切な情報源から必要な情報を能動的に収集し、そうして得た情報を患者に適応できるか吟味し、患者の病態生理、使用する薬剤の薬理作用や薬物動態を考慮して治療に至る論理を組み立て、それを支持する臨床データ、検査値、臨床経過によって他の医療従事者に理解を得る、という日常的な薬物治療への貢献能力を磨く必要があります。
本書では、このような臨床薬剤師の能力を学ぶため、各疾病領域に精通した薬剤師の方々にチャンピオン症例ではなく、実際に臨床現場でよくある「しくじり症例」を提示いただき、そこから薬物治療を管理する際に必要な専門的知識や考え方を解説していただきました。本書を通じて、一人でも多くの薬剤師が高い専門性を有し、臨床的で実践的な業務に携わっていけるようになれば大変嬉しく思います。
 
東邦大学医療センター大森病院薬剤部/東邦大学薬学部臨床薬学研究室

花井雄貴 

▲ページの先頭へ


関連商品

  • 薬物療法の質を大きく変える剤形・投与経路Q&A
  • 救急/急性期・病棟での漢方製剤の使い方
  • 同種・同効薬の使い分け
  • 周術期の薬の使い方 パーフェクトガイド
  • 慢性疾患治療薬の使い分けと患者モニタリング
  • 消化器診療がわかる現場の教科書
  • 高齢者診療Standard Collection 32
  • ここがキモ! いまはこうする肝疾患vs.薬物療法
  • 病棟・カンファレンスでそのまま使える想定問答集151
  • 皮膚科のくすりの使い方
  • リハビリテーション薬剤
  • 病態と薬剤からわかる 水・電解質・酸塩基平衡

▲ページの先頭へ