-わかりやすい薬剤情報提供のための-

写真付/服薬指導CD-ROM

(Win&Mac対応CD-ROM)

■薬剤情報管理画面
「薬の作用」文例は複数用意されています。ユーザーによる登録も可能です。
写真の変更や追加、新薬の追加登録ができます。
同種同効品のチェックができます。
後発品情報の登録をすれば、指導せんに印字することもできます。

薬剤管理画面

相互作用情報は、「対象薬品名・食品のみ」の印刷、もしくは「説明付き」の印刷が選択できます。
※「日本医薬品集DB」の参照機能は2010年10月版以降が対象です。

相互作用情報

「重大な副作用」ボタンを押すと、その薬剤についての「重大な副作用と自覚症状」の一覧が表示され、印刷も出来ます。

重大な副作用
操作フロー
◇指導せん発行: (1)患者登録・患者検索 → (2)処方薬入力 → (3)指導せん印刷
◆薬剤情報管理: (1)薬剤検索 → (2)薬剤情報管理 → (3)文例・写真の登録


*このホームページ内の商品広告は、すべて日本国内向けです。
海外からのご注文の場合は、別途お問い合わせ下さい。
なお、このホームページの広告で注文された商品は、お受けしかねますので、予めご承知おき下さい。