新・病態生理Ⅱ

新・病態生理Ⅱ

生体の機能とその失調

商品コード 34461
編著 聖ルカ国際病院名誉医長・医学博士 橘 敏也/著
判型 B5判
発行日 2005年7月
ページ 544
定価(税込) ¥8,424
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 関連商品

内容

本版では、前版と比べ、より臨床と密接し関連性を深めた内容となっています。特に、わが国でも頻度の高い代謝性生活習慣病について、肥満症、高脂血症、糖尿病(インスリン抵抗性)、高尿酸血症、高血圧症、動脈硬化などを取り上げ、冒頭に配置しました。免疫についても、獲得性免疫不全症としてエイズを、免疫過剰症としては自己免疫疾患の概論を、甲状腺疾患のうち自己免疫機序に基づくものを自己免疫性甲状腺疾患としてまとめました。その他、各々の病態生理学的内容としては分子生物学の立場からの解説に努めています。各章各項には、関連文献、参考文献もあげており、参考としやすい構成です。医学に携わる全ての方々にとって、臨床医学におけるわかりやすい参考書として、お役立ていただける内容です。

▲ページの先頭へ


関連商品

  • 初めの一歩は絵で学ぶ 解剖生理学

▲ページの先頭へ