お薬手帳の実践的活用法

お薬手帳の実践的活用法

患者さんと薬剤師・医師をつなぐ情報の架け橋に

商品コード 40180
編著 堀 美智子/編著、鈴木則子/共著
判型 A5判
発行日 2009年10月
ページ 200
定価 ¥1,800 +税
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 目次
  • 関連商品

内容


●適正な薬物治療のために、お薬手帳をもっと活用しよう!
●コンプライアンスや適正使用を支援するお薬手帳の活用法を紹介

 お薬手帳を上手に活用し、情報を共有することで、患者さんを中心にその家族、医療者が連携し、効果的で安全な薬物治療を行うことができます。本書では、著者が現場で遭遇したさまざまな事例を元に、お薬手帳の活用法を紹介します。手帳を通じた医師への情報提供や、患者・家族との連絡方法などのノウハウについて学べる、現場ですぐに実践できる解説書です!

▲ページの先頭へ

目次

Ⅰ.本書が生まれるまで
Ⅱ.薬局で出会った患者とお薬手帳
Ⅲ.ケース別! お薬手帳の実践的活用法
  1.アダラートCRで顔面紅潮を起こした患者
  2.副作用が起こり、薬を変更した患者
  3.はじめて服用する薬がある患者
             ・・・など、25のケースを紹介・解説
付録
・ADLに影響を与える薬の作用
・視覚に影響を与える可能性のある薬剤
・光線過敏症を引き起こす可能性のある可能性のある薬剤 ほか

▲ページの先頭へ


関連商品

  • 45疾患の薬学管理チェックシート for patient care
  • 後発医薬品の上手な使い方ガイドブック
  • 患者のための疑義照会Q&A
  • 保険薬局 新入局薬剤師研修テキスト 第2版

▲ページの先頭へ