児童・青年期精神疾患の薬物治療ガイドライン

立ち読み

児童・青年期精神疾患の薬物治療ガイドライン

商品コード 51124
編著 中村 和彦/編
判型 B5判
発行日 2018年11月
ページ 400頁
定価(税込) ¥4,320
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 関連商品

内容

●臨床現場での児童・青年期精神疾患患者に対する薬物治療の質向上につながる一冊!

 

児童・青年期精神疾患の精神科医療は、年齢層も幅広く症状も多彩で、身体症状、精神症状、さらには不登校、暴力、自殺企図、摂食異常などの行動障害、いじめ、虐待、ネット依存など様々です。また、薬物治療についてもエビデンスが少ないなかで、患者の成長とともに代謝機能等が変化するため、慎重な薬剤選択や処方量の検討、治療効果・副作用のモニターを必要としています。

本書は、児童・青年期疾患を診療している児童精神科医、および児童・青年期にも対応したいと考えている精神科医、こころに関する症状や発達障害を診療している小児科医が日々の臨床に役立つように、児童・青年期精神疾患患者に対する薬物治療について解説しています。

▲ページの先頭へ


関連商品

  • 小児薬物療法テキストブック
  • 小児の向精神薬治療ガイド
  • 小児感染対策マニュアル
  • 乳幼児・小児服薬介助ハンドブック
  • 実践 小児薬用量ガイド 第2版
  • こどもと薬のQ&A
  • 王様のくすり図鑑
  • こどもと薬のQ&A 続
  • 王子様のくすり図鑑
  • 小児の臨床検査基準値ポケットガイド 第2版
  • 小児のくすりQ&A
  • 小児科領域の薬剤業務ハンドブック 第2版

▲ページの先頭へ