抗がん剤レジメン管理ガイド

抗がん剤レジメン管理ガイド

商品コード 38538
編著 国立がんセンター中央病院薬剤部/編 山本弘史、加藤裕久、樋口順一、米村雅人/著
判型 B5判
発行日 2008年5月
ページ 60
定価(税込) ¥1,944
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 目次
  • 関連商品

内容


院内に多数のレジメンが存在していませんか?
レジメンを審査する委員会の立ち上げ時や、委員会事務局運営、実務に携わる方への参考書!


 がん薬物療法を安全に、かつ効果的に施行するためには、抗がん剤、輸液、支持療法の薬剤などすべての薬剤の投与を時系列的に網羅した治療計画書であるレジメンの管理がたいへん重要となります。2008年4月の診療報酬改定より新設された「外来化学療法加算Ⅰ」では、従来の施設基準に加え、レジメンの妥当性を評価、承認し、登録する委員会を設置した医療施設のみが算定できるようになっています。
 本書では、すでにレジメンを審査する委員会(事務局:薬剤部)を設置している国立がんセンター中央病院におけるレジメン管理の実際を例に、レジメン管理に必要な事項を解説しています。
 主な内容としては、レジメン作成時のポイント、申請方法、委員会による審査方法と審査時のチェックポイント、オーダリングシステムでのレジメン運用、また、登録後のレジメンの評価、更新について、それぞれ、実際に使用されているフォーマットを交えて紹介しています。すでにレジメンを管理している施設にも、これから委員会を立ち上げ管理する施設にも参考となる1冊となっています。

▲ページの先頭へ

目次

【目次】
Ⅰ レジメン管理の目的
Ⅱ レジメンの概略
Ⅲ レジメンの申請
Ⅳ レジメン審査
Ⅴ 院内レジメン登録
Ⅵ オーダリングシステムの運用
Ⅶ レジメンの評価
Ⅷ レジメンの更新
コラム

▲ページの先頭へ


関連商品

  • 抗がん剤業務ハンドブック
  • がん化学療法セーフティマニュアル
  • がん化学療法ワークシート 第4版
  • 新しい医薬品管理
  • 外来がん化学療法Q&A 第2版
  • がん薬物療法マネジメントブック
  • 臨床の疑問に答える がん薬物療法アップデート
  • がん必須ポイント 第3版
  • 経口抗がん薬ハンドブック
  • 抗がん薬調製マニュアル 第3版

▲ページの先頭へ